グレートデンってどんな犬?性格と特徴から考えるしつけと飼い方のコツ!

グレートデンってどんな犬?性格と特徴から考えるしつけと飼い方のコツ!

6082
update

アイリッシュウルフハウンドに次いで体高がある大型犬のグレートデン。「優しい巨人」、「犬の中のアポロ(ギリシャ神話の中の最上級の神)」とも言われるグレートデンは、強くて立派な体つきをしていながら気品あふれる美しさも兼ねそろえています。そんなグレートデンの特徴や性格、飼い方のコツについて紹介します。

6082
update

グレートデンの特徴

Studio shot of an adorable Great Dane dog lying on white background.

Csanad Kiss/shutterstock.com

大きいオスは90cm以上にもなると言われているグレートデンはとにかく大きいのが特徴な犬種です。

原産国ドイツでは「ドイチェン・ドッゲ」と呼ばれているグレートデンの外見的特徴、寿命や体型について説明します。

グレートデンの外見的特徴

一番の特徴は巨大で力強く、気品溢れる美しさも兼ねそろえている立派な体格です。

細くて長い頭は明確なストップがあり、彫が深い顔立ちをしています。

良く発達している強固な歯は、かみ合わせがシザーズバイトになっています。

丸くて中くらいの大きさの目は知性を感じさせます。

ピンと立った長めの尖った耳が特徴的ですが、これは猟犬として活躍していた際に断耳されたもので、最近ではヨーロッパを中心に断耳を禁止または制限するようになってきています。

断耳しないグレートデンの本来の耳は垂れ耳です。

前足はまっすぐで、大きな歩幅でゆっくりと歩く姿は品があり壮観です。

グレートデンの寿命・体型

great dane dog

belu gheorghe/shutterstock.com

グレートデンの平均寿命は8歳から10歳くらいとされています。

他の大型犬に比べて平均寿命は短く、人によってはグレートデンの平均寿命を5歳くらいとしている場合もあるほどです。

明快な理由はわかりませんが、大きな体の割に内臓が発達していないため、普通に生活していても心肺機能に負担がかかりやすいと言われているようです。

また、若くして骨肉腫を患う個体が多かったり、その他のかかりやすい病気により平均寿命が短くなっているとされています。

平均的なグレートデンの体高はオスとメスともに76~100cmで、体重はオスが54kg~90kg、メスが45kg~68kgとされています。

体型は体長と体高がほぼ同じくらいの大きさで、ツヤのある短毛の超大型犬です。

国や団体によって標準のサイズは違いますが、健全かつバランスが整っていれば大きければ大きいほど良いとされている国もあるようです。

ちなみに、世界で1番体高のある犬としてギネスブックに記載されたことのあるグレートデンがいますが、それはカリフォルニア州グラスバレーの「ギブソン」で、体高はなんと107cmだったそうです。

グレートデンの歴史

Great Dane standing in front of vegetation

everydoghasastory/shutterstock.com

グレートデンの起源は正確にはわかっていませんが、紀元前3000年ごろのエジプトの記念碑に描かれた犬がグレートデンに似ていると言われています。

もともとの祖先犬は遊牧騎馬民族であるアラン人がヨーロッパに持ち込んだ犬で、マスティフが改良されたものにドイツ原産のブレンバイザーなどが掛け合わされ、400年以上をかけて現在の姿になったとされています。

グレートデンという名前の起源は18世紀にさかのぼります。

フランスの博物学者ビュフォン伯ジョルジュ=ルイ・ルクレルが著書「一般と個別の博物誌」で取り上げた大型の狩猟犬を「Le Grand Danois(デンマークの大きな犬)」と名付けました。

それを百科事典編集者のウィリアム・スメリーが「Great Dane」と訳したため、そのままグレートデンと呼ばれるようになりました。

現在、原産国のドイツでは「ドイチェン・ドッゲ」と呼ばれていますが、英語圏ではグレートデンと呼ばれています。

中世のドイツではグレートデンはイノシシ狩りで用いられるなど、優秀な狩猟犬として重宝されるほか、軍用犬としても活躍しました。

さらに、高い狩猟能力だけでなく、普段は穏やかで威風堂々とした姿が人気を呼び、上流階級のステータスシンボルとして飼育されるようになりました。

そしてギリシャ神話に登場する最上級の神である太陽神アポロンに例えられ、「犬の中のアポロ」とも呼ばれるようになりました。

19世紀後半にアメリカに持ち込まれるようになると、住宅事情に余裕があることから原産国のドイツに劣らぬほどの人気を得るようになり、2013年の飼育頭数ランキングでは超大型犬にも関わらず、16位になりました。

日本には明治時代に入ってきて、土佐犬などの改良に使われたという記録が残っています。

この記事が気に入ったらシェア♪
2 名無しさん
通報

迫力あってかっこいいのに穏やかだなんて可愛いすぎる!

1 りんごゼリー
通報

ワンちゃんのアップ画像に驚かされた〜、わ!ってなるね。さーて、このワンちゃんを画像をよく見て気づいたんだけど、私が子供の頃に大好きでよく見ていた外国のアニメに登場する種類のワンちゃんな気がするんですよ。「あー、このワンちゃんかもだ」ってなった(⌒▽⌒)

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー