マルチーズってどんな犬?特徴・性格からしつけ飼い方まで徹底解説!

マルチーズってどんな犬?特徴・性格からしつけ飼い方まで徹底解説!

5340
update

長い間多くの人に愛されてきたマルチーズ、誕生したのは紀元前1500年ころのヨーロッパだと言われています。 歴史の古い犬種であり、「犬の貴族」とも呼ばれているマルチーズについて、性格や特徴、飼い方やしつけ方のコツについてもご紹介していきます!

5340
update

マルチーズの特徴は?

小さなマルチーズがちょこんと膝の上に乗っている姿をすぐに思い浮かべることができるでしょう。

多くの人から可愛がられてきたマルチーズの外見の特徴や体型、寿命などを説明します。

Maltese dog posing in the blue studio background. Amazing maltese show dog.

Eve Photography/shutterstock.com

外見の特徴

何と言ってもマルチーズの特徴は美しいシルクのような被毛です。

温暖な地中海の島が原産地なだけあって下毛(アンダーコート)が全くないことも特徴のひとつとしてあげられます。

とても華奢な体のラインをしていて、その体を美しく輝く純白の被毛が覆っていることがマルチーズの特徴です。

床に届くほど真っ直ぐな長毛は、しっぽまで飾り気があり、とにかく優雅な見た目が「犬の貴族」と呼ばれる理由になっています。

歩き方などの特徴

Maltese Dog Running / A white maltese dog running on green grass and plants background

Kimrawicz/shutterstock.com

マルチーズの小柄で華奢な体からあふれ出す活力は、マルチーズの性格をそのまま表しているかのようです。

軽快でリズミカルに、流れるように歩く様子もマルチーズの特徴のひとつと言えます。

体型と寿命

マルチーズの体型は、成犬になると体高が20cm~25cm程になります。

体重はだいたい2kg~3kgくらいの小型犬ですが、個体によって大柄だったり華奢だったりもするので獣医師に適性体重について聞くことをおすすめします。

マルチーズの平均寿命は健康であれば12歳~15歳くらいだと言われています。

これは人間に例えると60代半ばくらいになります。

日本国内において一番長く生きたマルチーズは24歳(人間の年齢で約103歳)だと報告されています。

マルチーズの歴史

maltese dog

Evgeniia Shikhaleeva/shutterstock.com

マルチーズの歴史は紀元前1500年ころ、イタリアの南部、地中海に浮かぶマルタ共和国のマルタ島で始まったとされています。

マルタ島はちょうど地中海貿易の中継地点となっており、フェニキア人によってアジアから持ち込まれた犬がマルチーズのもとになっていると考えられています。

フェニキア人はマルチーズを愛玩動物として船の中で飼育していたようです。

17世紀になるとマルタ島はイギリスの植民地になり、マルチーズはイギリスに持ち込まれるようになりました。

イギリスではビクトリア女王をはじめ多くの貴族たちに愛されるようになりました。

その後も貿易商人や船員により世界各国へ持ち出されたマルチーズは1960年頃に日本に入ってきました。

日本では1968年から1984年まで登録数ランキング1位と大人気を誇りました。

犬の貴族

maltese dog

Evgeniia Shikhaleeva/shutterstock.com

イギリス王室に献上され、王室貴族に可愛がられたマルチーズは、その後も上流階級の貴婦人たちの間で膝の上におとなしく乗ってくれる「抱き犬」として人気を集めることになりました。

これが「犬の貴族」といわれる背景となります。

イギリス以外でも世界中の貴族から龍愛されていた記録があります。

例えばエジプトやギリシャでは飼っていたマルチーズが死ぬと墓を建てたり、金の食器で餌をあげることもあったそうです。

この記事が気に入ったらシェア♪
1 さら
通報

マルチーズは毛を短くカットするのが好きだな。毛が長くなると、おばあちゃんの家で飼育してるみたいになるからw

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー