なんで?!愛犬がうんちを食べてしまう理由と対処方法!

なんで?!愛犬がうんちを食べてしまう理由と対処方法!

3572
update

ワンちゃんのトイレトレーニングはとても大切です。 特に幼い時にしっかりと教えることができていないと、成犬になってもうまくトイレをしてくれなくなります。 そんなトイレトレーニングには食糞をさせないことも含まれるでしょう。 今回は、ワンちゃんの食糞の原因と対処方法をご紹介します。

3572
update

ワンちゃんの食糞

ワンちゃんの食糞は飼い主にとって大きな問題です。

すぐにワンちゃんに悪影響が出るわけでもありませんが、やはり飼い犬としては気持ちの良いものではありません。

しかし、異常行動とすぐに断定するものでもありませんから心配し過ぎる必要はありません。

しっかりと原因を調べて対策を取るようにしましょう。

食糞とは

そもそも食糞とはなんでしょうか?

食糞とは言葉のとおり「糞を食べてしまう」ことです。

この食糞は動物界において広くみられる行動です。

自分の糞や赤ちゃんの糞、また仲間の動物の糞を食べてしまうことがあります。

ハエや虫はエサとして食糞することがあります。豚や象といった動物も食糞することがあります。

特に母親と子供の関係で食糞がなされることが多いようです。

野生の犬や猫も食糞することで知られています。

犬も食糞の習慣がある

xtotha/shutterstock.com

あなたのワンちゃんが食糞するなら

ですから、皆さんが飼っているワンちゃんが食糞したとしても、それほど驚くことはないのです。

ただ、ワンちゃんたちは虫とは違いますのでうんちを食糧のように扱ってしまうと困ってしまいますよね。

野生の犬とは異なって、飼い犬たちはしっかりとお世話を受けています。

ワンちゃんたちの主な食事もドッグフードであって糞ではないはずです。

また、飼い主とのスキンシップや人間の居住空間で生活していることを考えると、食糞は認めがたいですよね。

食糞したままの口まわりでいろいろなものを舐めてしまうなら衛生問題をかかえてしまうでしょう。

では、ワンちゃんたちの食糞をなくすためにはどうすれば良いのでしょうか?

まずは食糞の原因から考えていきましょう。

ワンちゃんの食糞の原因

ワンちゃんの食糞の原因は様々です。

もちろん犬の本能的な部分から来ている場合も多いのですがそれだけが原因とも言い切れないようです。

いわゆる異常行動として食糞するようになる場合もありますから、しっかりと原因を探ってみてそれに応じた対策を取ることができると良いですね。

食事の量

食事の量が少なすぎるなら、ワンちゃんはその空腹を満たすために食糞するようになるかもしれません。

ワンちゃんの身体の大きさや活動量に応じて必要なエネルギー量は変わってきます。

ワンちゃんたちがやせ細っているなら、ごはんが少ないのかもしれません。

ちょっとずつごはんを増やしてみることができます。

また食事を与える量を変更せずに頻度を増やすことができるかもしれません。

そうすることで、空腹である時間を短くすることができます。

そうした調整の後に食糞がなくなるなら、食事量が少なかった故なのでしょう。

また食事の量は問題なくとも食事が体に合っていない場合もあります。

体に合わず消化不良を起こすので出てきたうんちが未消化のものとなり、食べ物と勘違いして食べてしまうのかもしれません。

食事量が少ないだけでなく、多すぎる場合も食糞に繋がることがあるようです。

この場合も量が多すぎる故に消化不良を起こしうんちに栄養が残った状態になります。

それをごはんと考えて食べてしまうのです。

いずれにしても食事の量を少し調整することで原因かどうか判断できますのですぐに試してみましょう。

愛犬のご飯の量は適正か?

Gladskikh Tatiana/shutterstock.com

栄養不足

ワンちゃんが栄養不足に陥ると食事に足りない栄養素をうんちから得ようとして食糞するかもしれません。

これも食事を変化させることで原因特定できると言えます。

食べているものに気を遣うことができます。

栄養素豊かなドッグフードであれば問題ないですが、いつも偏った食事を与えているならこの原因の可能性が高くなります。

人間がつくったごはんであれば、しっかりと栄養計算できているか確認しましょう。

人間にとって栄養豊かであってもワンちゃんに必要な栄養素は異なりますので、しっかりとワンちゃん用の必要栄養素を含んだ食事を準備してあげるようにしましょう。

消化不良

ワンちゃんが消化不良を起こしているなら栄養不足になります。

栄養が足りていないのでうんちから栄養を得ようとするでしょう。

また消化不良のワンちゃんのうんちはしっかりと消化吸収されていないので、栄養素がまだ残っておりごはんと勘違いしやすいかもしれません。

消化不良を起こしているワンちゃんは口臭がきつくなったり、軟便をしたりするようになります。

そうであれば、食べ物を変えたり、腸内環境の改善を図ったりすることで少し調整を入れて変化を見るようにしましょう。

消化不良が改善すると同時に食糞もなくなるなら腸内環境を維持するよう努めることができますね。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー