ドッグフードの味の違いを徹底解説&オススメドッグフード3選

ドッグフードの味の違いを徹底解説&オススメドッグフード3選

3894
update

いろいろなドッグフードを愛犬に与えてみたことのある飼い主さんなら経験があるかもしれませんが、あるドッグフードは食べたけど、別のドッグフードは全く食べなかったということがあります。これは、犬も味の好みがあるということなんです。今回は、犬の味覚や、いろいろな味のドッグフードについて調べてみました。

3894
update

皆さん、ドッグフードに色々な味があるのをご存知ですか?ドッグフード売り場で見てみると、チキン味やビーフ味などさまざまな味のドッグフードが売られているんです。なぜいろいろな味のドッグフードが売られているのでしょうか?

犬は味の違いがわかるのか?

犬も人間と同じように、味覚があり味を判別したり感じることができます。舌に味蕾という部分があり、そこで味を感じ取っています。犬の味覚の数は、人間の味蕾の約5分の1から約6分の1ほどで、人間に比べると味覚が鈍感であることがわかります。

しかし、甘さやしょっぱさ、酸味、苦味などは感じることができます。しかし、人間ほど味覚が敏感ではないので、食べ物の旨味を感じたり、同じ味に飽きるということがないと言われています。

ワンちゃんの秀でているポイントは「嗅覚」

A happy view of a golden retrievers face using a fisheye lens

Kelly vanDellen/shutterstock.com

人間と違っている点は、嗅覚がものすごく発達していると言うことです。味覚がそれほど敏感では無い部分を、嗅覚で補っていると言われています。ですから、ドッグフードを与えて、おいしそうに食べるのはドッグフードの味だけではなく、その匂いも非常に深く関係しているといえるでしょう。

犬が食べないドッグフードがあるのはなぜ?

犬は味覚が鈍感ですが、それでもしょっぱさや苦味などを感じることができます。以前に食べたドックフードが好みの味でないとその味を覚えていて、次からは食べようとしないかもしれません。

dog bowl hungry meal eating

Javier Brosch/shutterstock.com

ドッグフードは新鮮か?品質が落ちているのかも

また、今与えているドックフードの袋を開封したのはいつでしょうか?袋を開封してから長時間立っていたり、保存方法が悪く袋が開いたままになっていると、ドッグフードが酸化して味が変わってしまっている場合があります。

味だけでなく、ドッグフードの品質も落ちますので、愛犬は食べたがらないかもしれません。ドッグフードのパッケージを開けたら密封し、空気に触れないように気をつけましょう。または小分けにしてあるドッグフードを買うようにしましょう。

嗜好性に変化!?おやつは適度に!

またドッグフードの味だけでなく、飼い主が以前にあげた人間の食べ物、例えば甘いものや味付けの濃い食べ物に慣れてしまった場合は、今まで食べていたドッグフードをすすんで食べようとしなくなる可能性もあります。

ですから、犬がドッグフードを食べない場合、違うドッグフードに変更してみるか、もしくはご家庭でどのようなものを与えているか見直すようにしましょう。

犬はどんな味のドッグフードが好き?

いろいろな味のドックフードが販売されていますが、犬にも好きな味があるようで、チキン味が好きな犬もいれば、ビーフ味が好きな犬もいます。

それぞれの味にはどのような特徴があるのでしょうか。ドッグフードの味の違いは、原材料に何が使用されているかによって大きく変わってきます。全てを取り上げることはできませんが、大まかに分類し特徴をまとめてみました。

チキン使用のドッグフード

 a chicken sunset

Moonborne/shutterstock.com

チキンの特徴は、アミノ酸のバランスが良いタンパク質であることです。また、低カロリーで高タンパクな肉ですし、消化吸収率も良いので、太り気味の犬にオススメです。

また、アミノ酸のバランスが良い肉なので、皮膚や毛並みを良い状態に保つのに効果的です。また、コラーゲンが豊富なので、関節炎や腰痛を予防する効果も期待できます。

また、チキン味のドッグフードは多く販売されており、犬にもなじみの味ですので、食いつきが良く偏食気味の愛犬も食べてくれることが多いようです。

ビーフ使用のドッグフード

animal red calf child cow farm agriculture

Inna Astakhova/shutterstock.com

ドックフードに用いられる肉の主流はチキンですが、ビーフが使用されているドッグフードもあります。ビーフは、良質のタンパク質が豊富です。しかし、脂質も多く、他の肉よりもカロリーが高いのが特徴です。

亜鉛と吸収されやすいヘム鉄やビタミンB群がたくさん含まれており、これらは子犬や成長期の犬にオススメの食材です。

チキン使用のドックフードと同様、比較的犬が好む味で食いつきが良いと言われています。

この記事が気に入ったらシェア♪
1 名無しさん
通報

ワンちゃんにとっては嗅覚がほとんどだから、かき氷のシロップが、味は一緒で匂いと色だけ違うと、違う味に感じるように、匂いだけつけて、味は同じでも飽きずに食べてくれそうですね。原材料が違うものは、栄養価も違うので、味だけではなくいろんな面を考えて用意してあげたいですね。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー