愛犬の秋冬の適切な気温・部屋の温度を徹底解説します!

愛犬の秋冬の適切な気温・部屋の温度を徹底解説します!

3855
update

猛暑・酷暑と天気予報で言われ続けた夏が終わり愛犬との散歩コースには 枯葉が舞っています。秋から冬にかけてわんちゃんにとって適切な温度とは何度くらいなの?愛犬と初めての冬を迎える飼い主さんなどは知りたいことがいっぱいあるかもしれません。ぜひ参考にしてください。

3855
update

犬にとって適切な温度とは

funny dog licks lips with Tongue Out

Taya Ovod/shutterstock.com

ポカポカ陽気のお散歩はどことなくのどかで幸せを感じるのですが、そんな日々の先には木枯らしの冬到来です。

犬は寒さに強い?

「雪やこんこん、あられやこんこん・・・・犬は喜び庭駆け回り・・・・」という唄が昔からあるようにわんちゃんは寒さに強いという印象があります。

例えばシベリアンハスキーなどは犬ぞりで極寒のなか走り回っているわけですから寒さに強い犬種といわれていますし、室内で育てられているチワワやミニチュアダックスフンド、ヨークシャテリア、パピヨン、プードルなどは寒さに弱いことで有名です。

被毛の種類などによっても寒さに強いか弱いかは変わってきます。しかし犬の体温は平均で38度ほどあるので人間よりも高く、それだけ寒さに耐性があると言われています。

ではわんちゃんは何度くらいで寒いと感じるのでしょうか。また、わんちゃんにとっての寒い季節の適切な温度とは何度位なのでしょうか。

何度で犬は寒さを感じるの?

happy labrador dog in santa hat posing outdoors in snow

otsphoto/shutterstock.com

もちろん犬種や環境によって違いはあります。ずっと室内のみで生活してきたわんちゃんなどは人と同じ温度で生活することに慣れてしまっているため、寒がりな犬になってしまっていることでしょう。

しかし、一般的にわんちゃんは気温が5度から10度くらいになると寒さを感じると言われています。

わんちゃんの秋冬の適切温度

基本的にわんちゃんは暑さには弱いと言われていますが、犬種によっては寒さに弱いわんちゃんもいます。

ダブルコートと呼ばれる被毛が二重になっているわんちゃんは、シングルコートと呼ばれるわんちゃんよりも暑さに弱く、寒さに強い傾向があります。また、シングルコートのわんちゃんはダブルコートのわんちゃんよりも暑さに強く、寒さに弱い傾向があります。

このようなことを考慮した上で、室温を適切に調節する必要があると考えた方が良いでしょう。

では最適な温度とはどのくらいなのでしょうか。

・ダブルコートのわんちゃんの場合 夏場は23~26℃に保つと良いとされ、冬場は寒さに強いため、19~23℃が適切

・シングルコートのわんちゃんの場合 夏場は22~25℃と考えますが、冬場は寒がりなため20~25℃とやや高めに設定すると良い

寒さに強い犬ってどんな犬?

寒さに強い犬は寒い地域が原産のわんちゃん達です。

・シベリアンハスキー シベリアンハスキーといえば犬ぞりですが、アラスカの町ノームをジフテリアから救うため荒れ狂う猛吹雪と氷点下57度を下回る体感温度の中をわずか5日と8時間で血清移送という任務を遂行したという歴史があるくらい寒さに強く強靭的な体力の持ち主です。

・サモエド ロシア原産の大きめの中型犬です。遊牧民のサモエド族と暮らしてきたため、ソリを引いたり、トナカイの番犬をしたりなどの仕事をしていました。南極など極寒な地域に行った探検隊もサモエドを作業犬として連れて行ったそうです。

そのほかにも秋田犬、ゴールデンレトリーバー、ラブラドールレトリーバー、コーギー、柴犬などがいます。

寒さの強さは被毛にあり

寒さに強いわんちゃんの共通点は被毛の構造です。犬の被毛の構造には、ダブルコート(二重毛)とシングルコート(単毛)があります。ダブルコート(二重毛)の構造は、固くて太いオーバーコート(上毛)があり、その内側には柔らかなアンダーコート(下毛)があります。

一方、シングルコート(短毛)のわんちゃんはアンダーコートがわずかしかありません。

防寒の役割を果たすのがアンダーコートですので寒さに強いわんちゃんは皆ダブルコートです。オーバーコートというのは「夏毛」のことで気温が低くなる冬になると抜け落ち、「冬毛」であるアンダーコートが皮膚を覆うように生え、温かく身を装うことができるのです。

逆に夏になり気温が高くなるとアンダーコートが抜け落ちて、新しくオーバーコートが生えてきます。

シングルコートのわんちゃんは換毛期がないため一年を通してほとんど毛がはえ変わりません。そのため気温の変化に弱い傾向があります。特に保温や保湿の役割があるアンダーコートがあまり生えていないため寒さに弱く注意が必要です。

このような点から「犬だから」寒さに強いとか弱いなどと言い切ってはいけないことがわかります。

寒さに弱いわんちゃんたち

では寒さに弱いわんちゃんとはどのようなわんちゃんなのでしょうか。

次のページ幼犬、シニア犬
この記事が気に入ったらシェア♪
1 名無しさん
通報

最近めっきり寒くなり、湯たんぽなどを考えていたので参考になりました。

10度を切るようになってきたので、お散歩は服を着せて上げても良いかもしれませんね。

室内飼いなので、できるだけ温度管理をして上げて、

人間共々、風邪を引かずに元気な冬を過ごしたいと思います。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー