チワワがチョコレートを食べた!?そんな時のための知識・対策をご紹介。

愛くるしいチワワ。その可愛らしい見た目からおやつをあげたくなってしまう人もいると思います。 しかし、犬にチョコレートは最も危険な食べ物と言っても過言ではありません。 チョコレートの致死量。チワワがチョコを食べてしまったときの対処法等をご紹介いたします。

チワワがチョコレートを食べた!?そんな時のための知識・対策をご紹介。

チワワにチョコレートはなぜ危険?

そもそもチワワ以外の犬にもチョコレートをあげてはいけません。 その原因としては、チョコレートの原材料でもあるカカオに含まれている「デオブロミン」という成分からチョコレート中毒を起こしてしまいます。 チョコレート中毒とは、具体的にどういった症状が起こるのでしょうか。

チワワがチョコレートを食べたときの致死量は?症状は?

チワワがチョコレートを食べたとき、危険と判断される量は大体板チョコレート1枚分です。 チョコレートを食べてしまうと、症状として嘔吐・下痢・発熱・昏睡・震えなどの症状が表れます。

もしもチョコレートを食べてしまったときの対処法は?

いち早く動物病院に連れていくことが最善です。 近くに動物病院がなく、すぐに連れて行けない場合は、食塩水を飲ませて犬を吐かせましょう。 食塩水は濃い目に作り、犬にたくさん飲んでもらうようにしましょう。 そうすることで、犬は飲みすぎで水と一緒にチョコレートも吐き出すと思います。

チョコレートを吐き出さなかったときはすぐに動物病院へ!

致死量等は関係なく、もしもチョコレートを食べてしまい時間がたっている場合は動物病院へ相談しましょう。 獣医師が症状を見て、問題がないのか、胃洗浄をしたほうが良いのかの判断を仰ぎましょう。 電話で症状を伝えるよりも、すぐに動物病院に連れていったほうが懸命です。 犬は苦痛ということを言葉で伝える術はありません。 飼い主が犬を最優先に考え行動することが、より健康に過ごすことができると思います。

そこまで気にする必要はないとの意見も

飼っている犬が玉ねぎやチョコレートなど、一般的に食べてはだめだと言われている食べ物を食べてしまったが元気そうだ、特に気にしなくても良いとの意見をよく耳にします。 たしかに、目に見えて痙攣等を起こしていない場合もあります。人も体重の10%程のチョコレートを一気に食べると中毒を起こす可能性が高いです。 ですが、先述したとおり、犬の体調は犬にしかわかりません。私たち飼い主は、誤食も含め、チョコレートを食べさせないということが重要です。 可愛いからといって何でもかんでも食べ物を与えてはいけません。 そもそも、ドッグフードに必要な栄養素はすべて含まれていますので、他の食べ物は与える必要はないからです。 それでもどうしてもおやつを与えたいという人は、犬用のおやつをたまに与えるようにしましょう。 人が食べるものは犬に与えない、これは犬を飼う上で基本中の基本ということを覚えておきましょう。

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事のコメントを残す

関連するキーワード

関連する記事

このまとめのキュレーター

でりっく

元ドッグトレーナーですので、しつけに関しての記事を中心に作成していきます。

おすすめコンテンツ

犬の種類を詳しく!

あわせて読みたい

おすすめ情報をお届け!