猫にハンバーグはNG!致死量ともしも食べた時の対処法!

猫にハンバーグはNG!致死量ともしも食べた時の対処法!

3471
update

猫に人間用のハンバーグは与えてはいけません。なぜなら、人間用に作られたハンバーグには、猫の健康に悪影響を及ぼす塩分や香辛料が含まれているだけでなく、中毒症状を引き起こす玉ねぎが入っているからです。この記事では、猫が人間用のハンバーグを食べてしまった時の症状や対処法について解説したいと思います。

3471
update

猫にハンバーグを与えてはいけない理由とは

焼く前のハンバーグに興味を示す猫

Vova Shevchuk/shutterstock.com

人間用に作られたハンバーグには、猫の健康を害する塩分や香辛料が含まれているだけでなく、猫にとって危険な玉ねぎが入っているため、与えてはいけません。

玉ねぎには、猫にとって有毒な 「アリルプロピルジスルファイド」 という物質が含まれています。犬も玉ねぎを食べると中毒症状を起こしますが、犬よりも猫の方がより危険度が高いと言われています。アイルプロピルジスルファイドが猫の体の中に入ると、赤血球を破壊し、溶血性貧血やハインツ小体性貧血を引き起こし、最悪の場合は死に至ることもあります。

玉ねぎは加熱しても毒性が消えることはありません。 ゆえに、玉ねぎが使用されている料理や玉ねぎのエキスが含まれているものは、絶対に与えないでください。

猫がハンバーグを食べてしまった時の症状

元気のない猫

Natata/shutterstock.com

玉ねぎが入ったハンバーグを猫が食べてしまった場合、次の様な中毒症状があらわれることがあります。

  • 元気がなくなる
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 発熱
  • 呼吸困難
  • 脈が速い
  • 貧血
  • 血尿
  • 黄疸
  • 歯茎やまぶたの裏が白くなる
  • 歩行不安定
  • 食欲不振
  • 意識混濁

このような症状が見られる場合は、玉ねぎが入っているハンバーグを食べて中毒症状を起こしている可能性があります。玉ねぎ中毒の症状が出るのは、 12時間後から2~5日後 と言われています。時間がかなり経過してから発症することもあるため、すぐに症状が出ていないからといって、安心してはいけません。

猫に危険が及ぶ摂取量

カットボードの上に置かれている玉ねぎ

NUM LPPHOTO/shutterstock.com

どのくらいの量の玉ねぎを食べると致死量となるのかについては、猫の年齢や体の大きさ、健康状態などによっても異なるため、はっきりとは分かっていません。一般的には、 体重1kgあたり玉ねぎ15g程度(大さじ1杯ほど) の量 で、中毒症状を引き起こし、致死量になりうると言われています。

しかし、致死量に達していないからといって、猫に玉ねぎを与えていいわけではありません。 中毒を起こす量は個体差がある ので、ほんのわずかな量であったとしても重篤な症状を起こす危険があります。特に重度の貧血が起こって、輸血が必要な状況まで悪化した場合には死亡率が高くなるとされています。

子猫の場合

生後12カ月未満、体重1kg未満の子猫の場合、消化器官機能がまだ発達していないので、特に注意しなければなりません。子猫は免疫力が弱いため、ほんの少しの量でも中毒症状が出る可能性があります。

成猫の場合

生後12カ月~7歳、体重3~5kgの成猫の場合、玉ねぎ45g~75g(大さじ3杯~5杯)の量を摂取すると、非常に危険です。しかし、前述の通り、中毒を起こす量には個体差があります。ほんの一欠片食べただけでも中毒症状を引き起こすことがあるので、絶対に猫に玉ねぎは与えないでください。

老猫の場合

7歳以上の老猫の場合も、年齢と共に消化器官が弱ってくるため、子猫同様、気を付けなければなりません。老猫が中毒症状を起こすと、急速に症状が悪化する危険性があります。少量であっても命を落とすことがあるため、注意が必要です。

猫がハンバーグを食べてしまった場合の対処法

病院で診察を受ける猫

Tom Wang/shutterstock.com

万が一、猫が玉ねぎ入りのハンバーグを食べてしまったら、どのような対処をすれば良いのでしょうか。

飼い主さんにできることは、 すぐに動物病院に連絡して獣医師の指示を仰ぐ ことです。先ほども述べたように、玉ねぎ中毒は症状が出るまでに時間がかかります。玉ねぎ入りのハンバーグを食べた直後は元気でも、時間が経過してから症状が出てくることもあります。なので、症状が出ていないからといって放置したり、自己判断で応急処置することは絶対にやめてください。必ず動物病院で診察を受けた上で、適切な処置をしてもらうようにしましょう。

病院に連れて行く場合は、「いつ食べたのか」「どのくらいの量を食べたのか」「どのような症状が出ているか」など、詳細に情報を伝えてください。また、愛猫の年齢や体重、最近の健康状態、アレルギーの有無なども説明できるようにしておくと良いでしょう。

ミートローフやミートボールも与えてはダメ

ハンバーグと同様、牛肉や豚肉のミンチをこねて作る料理に、ミートローフやミートボールなどがあります。これらの料理にも玉ねぎが使用されているので、絶対に猫に与えてはいけません。また、玉ねぎ以外にも塩分や香辛料など、猫の健康に悪影響を及ぼす食材が多く含まれているので、注意が必要です。

猫の健康を守るためにも、猫にとって危険な食材が含まれているかどうかに関係なく、人間が口にするものは与えないようにするのが賢明です。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー