犬の毛が付きにくいラグのおすすめはある?部屋の中を綺麗に保ちながらインテリアも楽しもう!

犬の毛が付きにくいラグのおすすめはある?部屋の中を綺麗に保ちながらインテリアも楽しもう!

4293
update

冬の時期は愛犬を保温するのにラグは必須のアイテムです。でも、室内で愛犬を飼育していると抜け毛が気になります。特に、ラグの隙間は抜け毛がごっそり溜まりやすい部分です。ペット専用のラグも選べますが、デザインが限られます。この記事では、犬の毛が付きにくいおすすめラグをご紹介します。

4293
update

愛犬の抜け毛などでラグが汚れてしまうことも気になりますが、ラグの素材によっては愛犬の爪が引っ掛かってしまうこともあるため、愛犬が怪我してしまわないかも気になります。

ペット専用のラグは消臭効果や耐久性などに優れていますがデザインは限られており、お部屋のイメージを壊してしまうことがあるかもしれません。お部屋のインテリアを楽しみながら、なおかつ機能的なラグを選びたいですね。

犬の毛が付きにくいおすすめのラグ

寝そべる犬

pixabay.com

ラグを選ぶ際は、犬の毛が付きにくく掃除がしやすいタイプを選びたいですね。ペット専用のラグではなくても、いくつかの点を注意して選べばお部屋のインテリアの雰囲気にあう、そして愛犬にとって快適なラグを選ぶことができます。

では、犬の毛が付きにくいおすすめラグをいくつかご紹介します。

毛足が短いタイプ

毛足が長いラグは愛犬の被毛が絡みやすく、掃除に手間がかかります。抜け毛はアレルギーの原因になるので、きちんと取り除く必要があります。

その点、毛足が短いラグは抜けた毛が絡まりにくく簡単に取り除けるのでおすすめです。

ループタイプ

毛先がカットされていないループタイプのラグは、先が丸いので被毛が絡まりません。万が一絡まっても、奥に入り込むことがなく、掃除機などで簡単に取り除けます。

丸洗いができるタイプ

愛犬と共に暮らすということは、部屋は少なからず汚れるということです。抜け毛だけでなく、愛犬の嘔吐や粗相などでラグが汚れることもあります。そうなると、必須条件になるのは「洗える」ということです。

「洗える」といってもドライクリーニングなのか、手洗いなのか、洗濯機で丸洗いが可能なのか、違いがあるので必ず確かめてから購入するようにしてください。

いつでも綺麗に保てるのは「洗濯機で丸洗いできるタイプ」です。自宅の洗濯機がドラム式の場合は、”ドラム式洗濯機OK”か確かめてください。あまり厚手のラグの場合、洗濯機の容量によっては洗えないこともあるので、薄手のラグを選びましょう。

カーペット用の洗濯ネットも販売されています。こうしたものを利用すれば、ラグを傷めずに洗えます。愛犬がいると洗う頻度が増えるので、ぜひ利用したいですね。

特殊糸のタイプ

毎日のお掃除の味方のラグです。特殊な糸を使って愛犬の被毛が取れやすいように加工されています。ラグに毛が絡み付かないので、掃除機で簡単に取り除けます。

消臭抗菌加工付きタイプ

愛犬を飼育すると、気が付かないうちにラグにニオイが付いてしまいます。消臭スプレーなどを利用することもできますが、消臭機能が付いたラグを使用すれば手間を省けますし、常に綺麗な状態を保つことができます。

抗菌機能は雑菌の繁殖を防ぎ、愛犬を皮膚トラブルから守れます。愛犬がラグの上でお昼寝することが多いならおすすめのラグです。

滑り止め付きタイプ

これは毛が付きにくいためというより、愛犬の怪我防止のためにおすすめしたいラグです。

愛犬が走りまわったりジャンプしたりすると、滑って骨折などの怪我の危険があります。愛犬が高齢になってきたら特に注意が必要です。

実は掃除しにくいラグとは?

ラグ

pixabay.com

見た目はとても素敵でも、愛犬と共存するのに不向きなラグがあります。一度愛犬の被毛が絡んでしまうと、取り除くのに苦労するのであまりおすすめできません。

カットタイプ

カットタイプのラグは毛足が短く、被毛が絡みにくいイメージです。しかし、毎日大量に被毛が絡み付きます。表面だけでなく繊維に絡み付くため、掃除機で取り除くのが難しいくらい絡み付きます。

こうしたことから犬を飼育しているご家庭にはあまりおすすめできません。特に長毛種の犬を飼っているなら尚更です。

毛足が長く太いラグ

見た目がオシャレなので、インテリアには最適のラグです。しかし、毛足の根元に犬の被毛が絡むことがあります。掃除機で取り除くときにも、掃除機の回転ブラシのモーターに負担がかかります。犬の被毛はアレルギーの原因になるので、愛犬を飼育している家ではおすすめできません。

タイルカーペットを選ぶのもおすすめ!

犬

pixabay.com

ラグを愛犬が汚してしまうとガッカリしますよね。大きなラグの一部にシミを付けられたらたまりません。

こんな時タイルカーペットなら、全体を取り替える必要がありません。汚れた部分の1枚か2枚を取り替えるだけで綺麗な状態を保てます。こうすることで費用も抑えられるのでおすすめです。

まとめ

愛犬との暮らしは汚れやにおいとの共存です。しかし、少しの努力と便利グッズで清潔さを保てます。

飼い主さんが自宅で快適に暮らすには、インテリアで譲れない部分もあることでしょう。飼い主さんの好みのデザインと、掃除のしやすさ両方を兼ね備えたものを選ぶなら、お互いにとって快適な空間を作れます。

愛犬を室内で飼育する人は増えています。それに伴ってラグの選択肢も増えています。愛犬にとって何が重要かを吟味した上で、飼い主さんにとっても快適なラグを選んで、愛犬との生活をより一層楽しんでください。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー