犬を飼育できる賃貸物件には落とし穴がいっぱい!?借りる前に覚えておきたい注意点とは?

犬を飼育できる賃貸物件には落とし穴がいっぱい!?借りる前に覚えておきたい注意点とは?

4322
update

賃貸住宅でも犬を飼育したいと思う方はいることでしょう。賃貸情報を確認すると、「ペット可」で紹介している物件も多くあります。しかし、そうした「ペット可」の物件の中でトラブルも数多く報告されているようです。この記事では、犬を飼育できる賃貸物件を借りる前に押さえておきたい注意点を解説します。

4322
update

犬などのペットの飼育ができる賃貸物件には、大きく分けて以下の2種類があります。

  • 本来はペット不可だった物件に「ペット可」という条件を加えたもの
  • ペット可の賃貸マンションとして建てられた物件で、「ペット共生住宅」とも呼ばれる

物件を貸す大家さんにとっては、部屋を貸した人が犬などのペットを飼育するのはデメリットのほうが多くなってしまいます。部屋に犬の臭いや汚れが染み付いてしまうからです。また、ご近所トラブルに発展してしまうリスクもあります。

それでも、大家さんが犬などのペットを飼育することを許可して貸したいのには、何かしらの理由があると考えられます。

犬を飼育できる賃貸物件を借りる前に覚えておきたいこと

飼い主と犬

pixabay.com

大家さんにとってデメリットが多くても、「ペット可」の物件を借りたい人は増えてきています。ペットの飼育を許可するために、大家さんにとって色々と都合がいいように条件を設定しているケースも考えられます。

ここから、「ペット可」の物件であっても、借りる前に押さえておきたい注意点をいくつか解説します。

交通手段などの立地条件が悪い、または古い場合がある

後からペット飼育可の条件が加えられた物件に多く見られる注意点です。

築年数やアクセスの悪さなど何かしらの悪条件が重なり、長い間借り手が見つからない物件の条件を緩和するために「ペット飼育可」にしているというパターンです。

契約を結ぶ前に、場所と築年数のチェックは必ずしておきましょう。

初期費用や退去費用、家賃が高めに設定されている

「ペット可」の物件の場合、入居前の初期費用や退去費用は基本的に高めに設定されています。それは、犬などを飼育することで部屋を汚されるリスクがあるからです。

ほとんどの物件では、敷金を1ヶ月多く払う設定になっています。退去の時の掃除や修復の作業の費用をそこから支払うのか、実費で支払う必要があるのか、事前に説明を受けておきましょう。退去時のトラブルのリスクを下げるために大切です。

アパートの家賃はある程度大家さんの言い値で決まります。犬などのペット飼育を許可することで、相場より高い家賃に設定しているケースもあります。きちんと家賃の相場を下調べして、あまりにかけ離れて高いようなら契約を考えた方がいいかもしれませんね。

細い規約をよく見ておく

一言で「ペット可」といっても、細かい規約があることがほとんどです。たとえば、「犬はOKだけど猫はNG」「犬は小型犬のみで多くても2頭まで」という具合です。

自分の飼っている愛犬が条件に当てはまるか、事前にチェックしてから契約しましょう。「ペット可」の賃貸を契約しても、愛犬を飼育できなければ意味がありません。

予防接種などの注意事項が規約に含まれていることがあります。きちんと読んで、他の住人に迷惑をかけないようにしましょう。そうするならトラブルを未然に防げます。

ペット共生住宅は費用がさらにかかる

アパート

pixabay.com

犬などのペットが快適に過ごせるように設計された「ペット共生住宅」は、相場よりも家賃がかなり高く設定されています。それは、設計の段階からペットのことを考えて、そのための経費もかかっているからです。

中には、トリミングサロンやドックランなどの環境が整っている住宅もあります。愛犬にとっては幸せな環境ですが、思わぬコストがかかる可能性も理解した上で入居してください。

入居してからのトラブルにも注意しよう

愛犬を飼育できるということは、他の住人もペットを飼育できます。ということは、ご近所さんのペットの鳴き声や臭いに悩まされることもあるということです。

基本的にはお互い様ですが、中にはしつけができておらず、共用部分でおしっこやマーキングをしてしまうペットもいるかもしれません。他にも、ベランダで愛犬をブラッシングしている住人がいて、洗濯物が犬の毛だらけになってしまうケースもあるようです。

また、物件によっては「ペット可」としか契約書に記載されておらず、大きさや種類の規定がないこともあります。そのような場合、見たこともないペットや超大型犬が飼育されていることもあります。

実際に内覧しておくなら、ある程度の現状を知れます。できれば写真や動画のみの確認で終わらせず、実際に行ってチェックするようにしましょう。

まとめ

散歩する犬

pixabay.com

愛犬と快適に過ごしたいという飼い主さんの願いを叶えてくれるのが「ペット飼育可能」の賃貸物件です。

しかしながら、その願いを利用して費用を上乗せしてくる大家さんがいるのも現実です。一度契約してしまうと、多少の不都合があっても引越しするのには時間とお金がさらにかかります。

トラブルを抱えないためには、調査と下調べが大切です。ある程度の期間愛犬と暮らす家なので、過ごしやすい快適な環境に出会えるように少しの努力を惜しまないでください。そうすれば、飼い主さんと愛犬にとって最高の賃貸物件に出会えるはずです。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー