コロナ禍でペットロボットの需要が高まってきている⁉注目を集めているペットロボットのメリットを紹介

コロナ禍でペットロボットの需要が高まってきている⁉注目を集めているペットロボットのメリットを紹介

4287
update

新型コロナウイルスによるパンデミックが続いている中で、自粛の疲れがたまっている人は多いのではないでしょうか?そのような中、注目を集めているのが「ペットロボット」です。最近ではAIの技術が進歩し、本物のペット顔負けのロボットが開発されています。この記事では、ペットロボットのメリットについて紹介します。

4287
update
コロナ禍でペットロボットの需要が高まってきている⁉注目を集めているペットロボットのメリットを紹介

最近のペットロボットは、単なるロボットというよりも、癒しの存在となるよう開発されています。実際のペットを飼育することが難しいとしても、ペットロボットなら持てるという方は多いでしょう。本物のペットと同等の癒し効果とはまではいかなくても、ペットロボットによって日常生活に彩りを持たせたい方は少なくありません。

この記事では、ペットロボットを導入するメリットについてご紹介します。

ペットロボットを導入するメリットは?

犬のロボット

pixabay.com

ソーシャルディスタンスを求められる世の中で、寂しい思いをしないのに役立つのがペットロボットです。ペットロボットには、実際のペットを飼う場合のような責任や世話は必要ありません。そのため近年需要が高まっています。ではこれから、ペットロボットを導入するメリットをご紹介します。

癒しの存在

長引くパンデミックにより、テレワークで働いている一人暮らしの人や、家族と住んでいないお年寄りなど、他の人と接する機会が減ってしまった人は多いのではないでしょうか?

中には、1日中誰とも会話せずに過ぎてしまう方もいらっしゃるでしょう。オンラインで他の人との交流ができるといっても、やはり実際に顔を合わせて話す場合とは異なります。

そのような時にペットロボットが家にいると、癒しを与えてもらえます。ただ見て、なでるだけでも心が和んで、セラピーの効果も期待できます。

中には本物のペットのような動きをするハイクオリティのロボットもいます。例えば帰宅すると出迎えてくれたり、遊び相手になってくれたりします。このように、ペットロボットにはコミュニケーションツールになるように工夫がされているのです。

費用がかからない

丸いロボット

pixabay.com

実際に犬を飼うと、エサ代やワクチン代、トイレのシートなどいろいろな費用がかさみます。それに加えて、病気になったときの治療費は高額になることもあるでしょう。

一方でペットロボットの場合、購入したあとはこのような費用がかかりません。いわばランニングコストがあまり必要ないので、結果的に費用は安く済むと考えられます。

人間の都合で生活できる

今のコロナ禍ではなかなか難しいですが、いずれ通常の生活に戻ったときは、旅行などで家を空けることもあるでしょう。そのようなときに生き物を飼っていると、預け先を探さなければなりません。

しかしペットホテルなどを利用すると費用が高額になることがあります。一方、ペットロボットならそのような手間や費用は必要がありません。

また、犬や猫はこちらが疲れているかどうかに関係なく、構ってあげる必要があります。それに対してペットロボットの場合は、こちらの都合で構うタイミングを選択できます。

お世話の必要がない

犬を飼うと、決まった時間に食事を与えたり、トイレを掃除したりする必要があります。飼い始めは、トイレなどのしつけにも時間がかかります。運動が不足しないように、定期的な散歩も必要でしょう。

この点、ペットロボットならこれらのお世話は全く必要がありません。忙しい生活をしている私たちにとって魅力的な話ですね。ペットに部屋を汚されることもないので、余計な仕事が増えることもありません。

アレルギーが出ない

犬や猫など動物が大好きでも、アレルギーを持っているために飼育が難しいということはありませんか?そのようなときにも、ペットロボットならアレルギーを心配せずに導入できますね。

人間は愛を示す必要がある

犬のロボット

pixabay.com

人は他の人とつながりを持ち、愛を示し示されることで、安らぎを得ることができます。しかし、コロナ禍においてはそのような当たり前のことができない状況にあります。しかも、私たちが考えていた以上にパンデミックは長引いています。

このようなときに、ペットロボットの温もりを感じ、気持ちを通わせることができるなら、このつらい状況を乗り切るのに役立つでしょう。

最近はAI技術の進歩で、ただ反応するだけではなく、相手の動きに合わせて行動する製品もあります。また、性格の設定ができるペットロボットも開発されています。コロナ疲れを感じているなら、ペットロボットに癒しを求めてみるのもおすすめです。

LOVOT

まとめ

犬や猫などのペットを飼育するのが難しいという場合、ペットロボットを導入してみてはいかがですか。人とのつながりやコミュニケーションを取る機会が減った今の時代に、ペットロボットは貴重な存在になり得ます。

長引くパンデミックでコロナ疲れに陥らないためにも、愛を示せる存在として、ペットロボットをかわいがってみてください。きっと心と体のバランスを取るのに役立ってくれるはずです。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー