ペットと共に生きる時代!新しい資格「ペット共生型住宅環境アドバイザー」について

ペットと共に生きる時代!新しい資格「ペット共生型住宅環境アドバイザー」について

2075
update

最近はペットが「家族の一員」とみなされる時代になり、家を建てる時やリフォームする時にペットのことを考慮して間取りや機能を考える人が増えています。そこで誕生したのが「ペット共生型住宅環境アドバイザー」です。この記事では、この新しい資格について詳しく解説します。

2075
update
ペットと共に生きる時代!新しい資格「ペット共生型住宅環境アドバイザー」について

最近は子どもの数よりペットの数が増えてくるにつれ、ペットと飼い主さんが快適に過ごせる家を提供することが不動産業界に求められるようになっています。

またペットを本当の子どものように大切にする方も多くいらっしゃいますが、人も動物も長寿化する中で、双方がより快適に過ごせる住宅を求める動きが増えていると言えます。

「ペット共生型住宅環境アドバイザー」はこのような状況で誕生した資格と言えるでしょう。この資格は、ペットと共生していくのに理想的な環境について知るための資格です。

本資格について理解するために、ペットとの共生とは何かについて、そしてペット共生型住宅環境アドバイザーに求められる知識について解説していきます。

「ペット共生物件(共生型住宅)」とは?

飼い主と一緒に寝ころんでいる犬

pixabay.com

従来の物件表記

従来、ペットを飼育できる物件かどうかを示すためには「ペット可」もしくは「ペット不可」という表記を使用してきました。「ペット不可」と記載されている場合、ペットを飼ってはいけない物件ということです。一方「ペット可」の場合はペットを迎え入れられますが、あくまで条件内でなら許容する程度の意味で、必ずしもペットの飼育を歓迎している物件というわけではありません。

例えば「小型犬なら認める」「一頭だけなら良いが、多頭飼育は禁止」「ベランダや庭に出してはいけない」などの条件が付され、ペットを飼育して良いとしつつも禁止事項がかなり多い場合があります。

ですからペット可物件に住んでいても、近隣住民に迷惑をかけないように、周りから嫌がられないようにと、何かと気を遣う必要があります。また建物自体にペットとの暮らしを快適にする機能がついているわけではないため、ペット不可の住宅との違いがさほどないという現実があります。

ペット共生物件

一方「ペット共生物件(共生型住宅)」とは、簡単に言えばペットを歓迎している物件です。このタイプの物件にはペットとの共生に役立つ機能がついています。例えばエントランスにペット用の足洗い場があったり、ドッグランが敷地内にあったりと、ペットとの生活を快適にする工夫が建物に施されています。居住者はペットを家族として捉えている人たちであるため、近隣の目を気にして飼うことはありません。

ですからペットを自分の子どものように思っている人にとって、ペット共生物件はとても住みやすいです。

「ペット共生型住宅環境アドバイザー」とはどんな資格?

床に寝ころぶ犬

pixabay.com

「ペット共生型住宅環境アドバイザー」とは、上記の「ペット共生」について知るための資格です。例えばペットの生態や習性・ペットと共に生きる住環境や生活環境作りに関するノウハウなどを学びます。カビやダニに関する基礎知識や、地域社会における住環境のコーディネーターとしての知識も含まれます。ペットの防災もカリキュラムに含まれていて、災害に備えるのにも有益です。

今までの物件では、掃除が楽な素材や消臭機能のある壁紙など、あくまでも人の視点から見た快適さが追求されていました。しかしペット共生の観点では、ペット目線の要素についても考えます。

例えば、犬が歩きやすい床や猫がストレスを感じない壁など、人だけでなくペットも快適に感じる住環境が重視されます。そのため、動物の生態や習性に関する知識が求められるのです。

ペット共生型住宅環境アドバイザーの資格を取る方法

ペットの家族化がますます進むと予想されている現代、この新しい資格に興味を持たれた方も多いでしょう。そこで、ここからはペット共生型住宅環境アドバイザーの資格取得までの手順をご紹介します。

1.ペット共生型住宅環境アドバイザー講習(3時間)を受講する 2.レポートを提出する 3.一般社団法人日本環境保健機構」がレポートを評価し、基準を満たしていれば資格認定される(レポートの評価によっては、再提出を求められることもある)

資格取得まで3つのステップしかなく、講習時間も3時間ととても短いです。しかも、資格認定されたら永年登録制ですので更新する手間がかかりません。費用は、講座料22,000円と登録料11,000円を合わせて、計33,000円(税込)です。どなたでもインターネットで申し込むことができます。

有資格者になると、建築業や不動産関係者、動物医療関係者などは自身の仕事に役立てることができます。またペットに対する理解を深め、ペットとより快適に暮らすために必要な知識が得られるので、ペットを飼っている方全般にも役立つことでしょう。

一般社団法人日本環境保健機構

まとめ

男性を見つめる犬

pixabay.com

ペットを家族の一員として大切に思っている方なら誰でも、ペットにとって居心地が良いと感じる住宅環境を整えたいと思われるはずです。「ペット共生型住宅環境アドバイザー」は、理想の住環境を整えるのにうってつけの資格です。

3時間の講習を受けるだけで、大切なペットと自分たちが快適に過ごすための貴重な知識が得られるので、ぜひ一度挑戦してみることをおすすめします。

※表示価格は記事公開時点の価格です。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー