スタッフォードシャーブルテリアってどんな犬?性格と特徴から考えるしつけと飼い方のコツ!

スタッフォードシャーブルテリアってどんな犬?性格と特徴から考えるしつけと飼い方のコツ!

2470

スタッフィーの愛称で知られるスタッフォードシャーブルテリア。強面のルックスとは全く違うナニー・ドッグ(子守犬)と呼ばれる理由にはどういったものがあるのでしょうか?今回は、スタッフォードシャーブルテリアの性格や特徴から見えてくるしつけの方法や飼い方のコツについて紹介していきたいと思います。

2470 |

スタッフォードシャーブルテリアの歴史と容姿の特徴

www.flickr.com

スタッフィーという愛称で知られるスタッフォードシャーブルテリアは、イギリス原産のテリア犬種で、闘犬種として有名なアメリカン・ピット・ブル・テリアやアメリカン・スタッフォードシャー・テリアの兄弟犬種です。

そんなスタッフィーの体重は11~17㎏、体高が36~41㎝の中型犬に分類され、平均寿命が12~14歳ほどです。

スタッフォードシャーブルテリアの歴史

19世紀のイギリスで盛んに行われていたブル・バイティングやベア・バイティングに使用するために作出されました。 ブル・バイティングやベア・バイティングとは、牛(ブル)や熊(ベア)と犬を戦わせる行為で、現在では禁止されています。更に、犬同士を戦わせる闘犬に使用するためにブルドッグやスムース・フォックス・テリア、ホワイト・イングリッシュ・テリアと交配が行われ、作出されたといわれています。

しかし、1835年にイギリスで闘犬が禁止されると、高い人気を誇っていたスタッフィーの人気が一気に下がっていき、愛好家によって細々と飼育されるだけになってしまいました。 1870年代には、アメリカに持ち込まれて改良が加えられ、アメリカン・スタッフォードシャー・テリアやアメリカン・ピット・ブル・テリアが作出されました。

1974年にAKCからも公式犬種として認定されて人気犬種として確固たる地位を築きました。

1935年に犬種クラブが設立され、KCの公認犬種となり人気が回復しました。

スタッフォードシャーブルテリアの容姿

もともと闘犬種として活躍していた為に筋肉質な体格が特徴で、体高よりも体長の方がやや長く、重心が低くどっしりとした体格をしています。

また、非常に顎の筋肉が発達しているという特徴があり、それを支える為に幅広い頭部が特徴的な犬種です。

スタッフォードシャーブルテリアの性格や特徴

スタッフォードシャーブルテリアの性格

元来不屈の精神と勇気を兼ね備えた性格をしているといわれます。 また、大胆で怖いもの知らずの性格をしていて、パートナーとしては非常に信頼ができる犬種といえます。

強面のルックスとは違い、陽気で人懐っこい性格をしています。 また、飼い主に対して非常に従順な性格をしていて、見知らぬ人に対しても友好的な態度で接します。 更に、利口で子供に対して特別深い愛情を注ぐ性格をしています。

スタッフォードシャーブル・テリアの特徴

人懐こく友好的な性格をした犬種で、面倒見が良いという特徴からナニー・ドッグと呼ばれます。 ただ、子供に対して深い愛情を注ぐ性格をしていますが、子供から手荒に扱われると少々乱暴に振る舞う事があるので、注意が必要です。

友好的な犬種ですが、喧嘩を売られたら間違いなく買うような性格をしています。

また、挑発的な態度をとっていると反撃をするという特徴があるので、接する場合には挑発をしないようにしましょう。 さらに、闘犬種だったので顎の力は他の犬種よりも強いという特徴から、闘争心もあるので噛まれると一大事になる可能性があります。

闘犬種であったために痛みに対して鈍感という特徴があり、飼い主や家族は病気や怪我に気付きにくいという特徴があるので、他の犬種よりもしっかりと観察するようにしないといけません。

スタッフォードシャーブルテリアの飼い方としつけ

スタッフォードシャーブルテリアの飼い方

飼い方としては、寒さに弱く、人との交流が欠かせないという特徴がある犬種なので、室内飼育が理想的な飼い方ですが、温暖な地方では室外飼育もできます。

また、飼い方として重要なのは毎日の運動です。 エネルギッシュな犬種のため、毎日の運動は必須、ストレスが溜まらないようにする事も大切なので1日に2時間ほどは行うようにしましょう。 その際に、人間が大好きという特徴がある犬種なので、飼い主や家族も一緒に遊ぶようにする飼い方が大切です。

被毛はスムース・コートなので、週に1回程度の手入れで十分です。

さらに、この犬種特有の大切な飼い方としては、痛みに鈍感なので2~3日には1回は体をまんべんなく触って異常かないかを確認します。

スタッフォードシャーブルテリアの大事な飼い方としては、他の犬との接触には気を付けるという事です。

ドッグランや動物病院に連れていく場合、散歩などで外出をする場合には特に要注意です。 こちらは何もしなくても、向こうから喧嘩や挑発行動をされた場合、向かっていく可能性が高いので、いかないようにしつけを行うか、他の犬との余計な接触はしないような飼い方をしてください。

スタッフォードシャーブルテリアのしつけ

闘犬種なので、しつけは他の犬種よりも大切であり、しつけは必須です。 スタッフォードシャーブルテリアだけではなく、全闘犬種に共通しますが、しっかりとしたしつけをしていないと人や動物にけがを負わせてしまう可能性があり、最悪の結果にもなりえます。

また、売られた喧嘩を買うので、一度喧嘩を始めると人間の力で止める事は難しくなるため、喧嘩にならないようにしっかりとコントロールできるようにしつけを行いましょう。

パワフルの犬種なので、引っ張りや逃走などを防ぐためにも散歩のしつけも行う必要があります。 いくらいつもは大人しいタイプであっても力が弱い子供にはリードを持たせないようにしましょう。

人間が大好きな犬種なのでパワフルな犬種なので、よく飛びつきをする事があります。 ただ、手加減をする犬種ではなく、力いっぱい飛びつかれると怪我をする場合もあるので、飛びつきやマウンティングをしないようにしつけをしましょう。

絶対にしなくてはいけないしつけは、噛み癖です。 顎の力が強い犬種で、噛まれると他の犬種よりも大きなけがに繋がるので、噛まないように子犬の頃からしつけをするようにしましょう。

また、室内飼育をする場合には無駄吠えやトイレなどのしつけも必要となります。

人間が大好きな犬種で利口なので、しつけに関してはしっかりと行えばきちんと覚えてくれる犬種ですよ。

この記事が気に入ったらシェア♪
2 卒業
通報

ワイルドな雰囲気の中に、優しさみたいなのが感じれるのがすごいな。怖いもの知らずな性格って、見た目のまんまですよね。でも、従順さもあるって、すごくいい性格だと思う。第一印象はワイルドなんだけど、性格をよく読んで知ると、案外可愛いかもって思えるから不思議です。

2 グランプリ
通報

うわ!怖そう!ってなったけど、陽気で人懐っこい性格なのか。見た目と全く違うじゃん。見た目じゃ性格はわかんないね。スタッフィーの性格を知ったら、怖そうって思ってたのが消えちゃった。でも、闘犬種となると、すこーしだけ怖いかも。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー