ドーベルマンってどんな犬?性格と特徴から考えるしつけと飼い方のコツ!

ドーベルマンってどんな犬?性格と特徴から考えるしつけと飼い方のコツ!

1398

凛々しく勇壮な姿のドーベルマン。とても従順で賢いイメージがありますよね。その一方で、人を咬んだといった事件が たびたびニュースで取り上げられ、怖い犬というイメージがあるのも事実です。今回はドーベルマンの性格と特徴を知り 飼う上での注意点としつけの仕方を学びましょう。

1398 |

ドーベルマンってどんな犬?

www.flickr.com

その大きな体格と勇敢な性格の特徴から、ドラマや映画で度々番犬として登場する『ドーベルマン』 そんなイメージのせいか、凶暴なのではと怖がられがちですがそんなことはありません。

今回はそんな『ドーベルマン』について解説していきたいと思います。

ドーベルマンの歴史

19世紀、ドイツで税金徴収を仕事にしていたルイ・ドーベルマンが、身の安全の為には警備犬を連れて一緒に家々をまわりたいと考え、ジャーマン・シェパード、ジャーマン・ピンシェル、マサチューセッツテリア、グレイハウンド、ワイマラナーといった犬を掛け合わせ作出しました。

正式名称をドーベルマン・ピンシャーと言います。

ドーベルマンの特徴

ドーベルマン

DragoNika/stock.adobe.com

ドーベルマンの特徴は、体つきは筋肉質で引き締まり、がっしりとした体格が特徴です。 短く硬い被毛に覆われているのも特徴で、無駄なく引き締まって洗練されたその姿は、まるでサラブレッドのように特徴的な気品と優雅さを持っています。

非常に利口で忠実な性格の特徴から、警備犬だけでなく警察犬、軍用犬、防衛犬といった様々な場で活躍しているのが特徴です。 体高は60~70cm程度、体重はおよそ30~40kgになります。

ドーベルマンというと、耳が立ち、尾が短いのが特徴というイメージがありますが、それは断耳、断尾によるもので、今は動物愛護の観点から断耳しないという選択もあります。

ドーベルマンの性格

ドーベルマンの性格は獰猛な性格のイメージが強いですが、本来の性格は好奇心旺盛な性格で、人懐こく、愛情にあふれ、飼い主にはどんな時も忠実であろうととするとても健気な性格が特徴です。

しかし、人の方が上だと主従関係をはっきりさせておかないと、自分がリーダーだと勘違いし横着になり手が付けられないとい性格になりかねませんのでドーベルマンを迎い入れる際は、人間がリーダーだ!という強い自覚を持ち続けた飼い方やしつけ方ができるメンタルの強い方でないとお勧めできません。

ドーベルマンのしつけや飼い方のコツは?

ドーベルマンのしつけについて

ドーベルマン

PaulShlykov/stock.adobe.com

ドーベルマンは主従関係がはっきり身についていれば、しつけはすんなりと上手くいき訓練もしやすい犬種です。 ドーベルマンのしつけで苦労するのが散歩時の引っ張り癖です。

それを直すしつけには、チョークチェーンやジェントルリーダーといったしつけ用具を使うと早く修正できます。

どうしても難しい場合はドッグトレーナーさんの指導を受けた方が安全で確実なしつけ方です。 まずはリーダーウォークをしつけることで、主従関係をはっきりさせましょう。

ドーベルマンを飼う上での注意点

ドーベルマンはとても活発な犬なので、飼い方として日々の運動は欠かせません。 1日2回30分程度の散歩と訓練は欠かさず行いたいものです。

また、時々ドッグランで思い切り走らせるといった運動を取り入れた飼い方をしてあげると喜びます。

ドーベルマンの管理の仕方は、被毛が非常に短いため寒さが苦手です。 なので、冬はできれば暖房の効いた室内に入れてあげるといった飼い方の工夫が必要です。

まとめ

ドーベルマン

tierfotosbischof/stock.adobe.com

ドーベルマンはその性格や特徴の性質をよく知ってから飼うと、とても素晴らしい家庭犬になります。

ドーベルマンの平均寿命は10~12年と短いものです。 その短い一生を幸せに送れるかどうかは、飼い主さんのリーダーシップにかかっていると言っても過言ではありません。

この記事が気に入ったらシェア♪
1 グリップ
通報

ドーベルマンはお金持ちの家の番犬として飼われているっていう印象が強いですね。漫画とかテレビとかでも、ドーベルマンはそんなシーンによく登場するので。ドーベルマンのその名前は、ルイ・ドーベルマンさんからきていたんですね、知らなくてへぇーってなりましたよ。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー