子猫の飼い方:生後1ヶ月の猫の育て方(餌など)

現在のペットショップでは、法令上生後2か月未満の子猫の販売は禁止されていますが、他人から子猫を譲ってもらったり、子猫を拾ってきたとか、捨てられた子猫を助けた場合など、猫の場合は様々なきっかけで猫の飼い主さんになることも多いです。そこで、この生後1ヶ月などの小さな子猫を育てる場合は、いったいどうやって育てたらよいのでしょうか?様々な育て方のヒントをご紹介します。離乳前の時期ですので、授乳の話も併せて

子猫の飼い方:生後1ヶ月の猫の育て方(餌など)

飼い主のあなたが親代わり!生後1ヶ月子猫を育てるには?

生まれてから1ヶ月未満の子猫は、授乳期中の状態です。本来は母猫の体にいつもくっついて、体を温めながらお乳を飲んで、排せつも母猫がお手伝いをして育つのですから、飼い主さんも親代わりとなって授乳や排せつなどで同じことをしてあげる必要があります。 生後1ヶ月の子猫は、離乳できるかまだ微妙な時期ですから、1ヶ月未満の状態での育て方をご紹介していきますね。

子猫の体温保持を意識した育て方を。

生後1ヶ月未満の子猫の育て方の基本、それは体温を自分の力で充分に維持できないところにあります。そこで、一番良いのは室温を上げることで、大体24度~25度に維持してあげます。 冬場や春先などではさらに2度くらいあげても構わないでしょう。そのほかに、ペットヒーターなどを利用していつでも子猫が暖められる状態にしておきます。子猫は体温が下がると食欲も下がるので、体温も下がって悪循環になります。生後1ヶ月未満の時の育て方は、まず体温維持に以下のことを心がけてください。・ペットヒーターはプレート状のタイプを使う。※かじっても大丈夫なような製品を使いましょう。・ヒーターから子猫の体が離せる空間を必ず用意すること。※床全面にヒーターを敷いてしうと、低温やけどの恐れがあります。・タオルなどを必ず使って、ヒーターのそばに置いておくこと。

生後1ヶ月未満の子猫の育て方の基本、それは体温を自分の力で充分に維持できないところにあります。そこで、一番良いのは室温を上げることで、大体24度~25度に維持してあげます。 冬場や春先などではさらに2度くらいあげても構わないでしょう。そのほかに、ペットヒーターなどを利用していつでも子猫が暖められる状態にしておきます。子猫は体温が下がると食欲も下がるので、体温も下がって悪循環になります。生後1ヶ月未満の時の育て方は、まず体温維持に以下のことを心がけてください。・ペットヒーターはプレート状のタイプを使う。※かじっても大丈夫なような製品を使いましょう。・ヒーターから子猫の体が離せる空間を必ず用意すること。※床全面にヒーターを敷いてしうと、低温やけどの恐れがあります。・タオルなどを必ず使って、ヒーターのそばに置いておくこと。3番目のタオルというは何気に重要なアイテムで、子猫は何かに触れてないと不安を感じるので、寝床には必ず柔らかいタオルを敷くと良いです。ヒーターはケージにかけるタイプがありますが、空気よりも床を温めた方が良いので、プレートになったものの方がおススメです。

生後一ヶ月未満の子猫の餌(ごはん)はどうするの?

他に育て方として重要なポイントは餌ですよね。生後1ヶ月未満の子猫の食事は、ミルクが基本です。もちろんペットショップできちんと仔猫用ミルクを準備してください。与え方は哺乳瓶とスポイトなどを使います。与えるタイミングは、子猫が鳴いたときで、それを合図に与えます。授乳では次の点に注意してくださいね。溶かし方などはペットショップで教えてもらってもよいです。授乳の注意点は、とにかく体温を下げないことですね。

育て方の基本はやはり餌にありますよね?生後1ヶ月までは、子猫の餌はミルクになります。育て方の基本として、子猫の体温を下げないように体温に合わせた温かいミルクをゆっくり与えます。哺乳瓶を使うのは生後1ヶ月くらいであれば可能ですが、与え方は充分注意してくださいね。・体力の小さな子は、スポイトを使うこと

育て方の基本はやはり餌にありますよね?生後1ヶ月までは、子猫の餌はミルクになります。育て方の基本として、子猫の体温を下げないように体温に合わせた温かいミルクをゆっくり与えます。哺乳瓶を使うのは生後1ヶ月くらいであれば可能ですが、与え方は充分注意してくださいね。・体力の小さな子は、スポイトを使うこと子猫の状態を起こしてあげて、口を開けたら数滴舌の上に垂らし、ゆっくり授乳を行います。流し込むと量によっては窒息の恐れがありますので、舐めさせる感じで行ってください。慣れて自分で飲めるようになったら、小さな哺乳瓶を用意して与えます。 授乳目安は生後1~2週で、6~10CCのミルクを1日5回~6回、生後2週~3週の時は10CCを1日4回~5回ぐらいです。生後3週間を過ぎるまでは、離乳食は考えなくても良いでしょう。生後1ヶ月の子猫は、もうすぐ離乳期に入る段階ですから、育て方も楽になってきます。

子猫の体重の目安を知って、健康チェック!

生後1ヶ月未満の子猫の平均的な体重の目安は、生後10日で200グラム、生後1~2週目で200~300グラムくらい、生後2~3週くらいで300~400グラムくらいです。3週目以降から歯が生えそろってきます。またその頃にはオス・メスの判別も容易になります。 つまり生後1ヶ月の時期になれば、やや育てるのもリスクが下がり始めるということです。体重計測は生後1ヶ月くらいの子猫のにとっては、これも育て方の基本ですよ。 体重の図り方は小さなかごや段ボール箱を用意し、安い電子測りで良いですから、それらを乗せたら目盛りをゼロに設定し子猫を箱に入れて計測します。子猫の体重は1日毎に5グラム~10グラム増えていきますので、週3くらいで定期的に測ると良いでしょう。

子猫の排泄のお手伝い

生後1ヶ月くらいの子猫は、まだほとんど赤ん坊です。従い排泄も上手にまだできません。本当は母猫が子猫のお尻を舐めることで、排せつを促して行います。飼い主さんが行うときは、ぬるま湯に浸した清潔な布やガーゼなどで、肛門付近をトントンと軽くたたいておしっこを出させます。 授乳中はほとんどウンチはしませんので、おしっこの量も数CC程度しか染み出てきません。ただし擦ってはいけませんよ。排泄のタイミングは、授乳後あたりで試してみると良いでしょうね。これで保温、餌の与え方、排せつなど子猫の生後1ヶ月前後の育て方の基本ができたことになります。 拾ってきた子猫や人から譲ってもらった場合などは、まずはしばらく自宅で面倒を見て、離乳を終えてから動物病院で検査を受けると良いかもしれません。原則、母親からの免疫を十分に引き継いでいないので、生後1ヶ月前後の子猫はそれなりにリスクがありますが、頑張って育ててくださいね。

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事のコメントを残す
1 名無しさん
通報

ペットショップから猫を買って育てることになれば、生後1ヶ月から飼うことはないと思うけど、家で出産した猫を育てるとなると、貴重な情報ですね。産まれたての猫は、育てるのに大変だと思いました。温度の管理や体調の管理、食事などの注意が沢山あるので、毎日安心はできないことでしょう。でも、かわいい時期を育てられるのもまたいいですね。

2 名無しさん
通報

体温を維持させるために、一定の温度にしてあげておく必要があるんですね。暑すぎたり寒すぎたりはもちろんいけないとは思ってましたが、24〜25度に室温を保つっていうはっきりとした温度を知ることができて助かりました。

3 こねこふぁん
通報

生後一か月の子猫は難しいだろうなぁ、人間の赤ちゃんよりも繊細に対処しないと命にかかわってくるからね。室温を一定に保った方がいいとか、餌をどうすべきとか非常に重宝する情報でこれから赤ちゃん猫を飼おうとしてる人には非常に大事なことだと思いました。

関連するキーワード

関連する記事

このまとめのキュレーター

kasatake

元ペット業界の専門職の知識を生かして、関連用品、犬猫、小動物に至るまでの飼育経験を生かし、様々に詳しく解説した記事を書いていきます!

おすすめコンテンツ

猫の飼い方を知りたい!

あわせて読みたい

おすすめ情報をお届け!