犬用のランニングマシンがある?!適切に取り入れて愛犬の健康維持を

犬用のランニングマシンがある?!適切に取り入れて愛犬の健康維持を

update
mofmo編集部

mofmo編集部です。

mofmo編集部

犬用のランニングマシンは、室内で気軽に運動できる器材です。しかし、多くの方は犬用ランニングマシンの使い方を間違えています。今回は犬用ランニングマシンの適切な使い方と注意点について解説します。

update
嬉しそうに走る犬

pixabay.com

フィットネスブームが到来している今、多くの人がランニングマシンを活用しています。 ほとんどのジムにランニングマシンが備え付けられていますし、 自宅に個人用ランニングマシンを設置している方もいます。

健康志向が高まるにつれ、犬用ランニングマシンも注目されるようになっています。 おうちの中に設置できるので、愛犬に運動やダイエットをさせたい飼い主さんたちが購入しているのです。

しかし犬用ランニングマシンの適切な使い方までは広く伝わっていません。 そこで今回は、犬用ランニングマシンの適切な使い方と注意点について解説します。

犬用ランニングマシンの適切な取り入れ方

まず、犬用ランニングマシンの適切な使い方について解説します。

間違った考えをもっていると、愛犬が運動不足になってしまうおそれがあります。

散歩の代わりにはならない

外で遊ぶ犬

pixabay.com

一番大切な点として挙げられるのは、犬用ランニングマシンは散歩の代わりにはならないということです。

散歩は、犬にとって運動効果がありますが、それ以外にも多くのメリットをもたらします。 それは社交性であったりストレス解消だったり、体だけでなく精神面にも良い影響を与えます。

ランニングマシンで走っていても、外での散歩は省略せず、毎日欠かさず行くようにしましょう。

軽い運動ができる

ランニングマシンは軽い運動ができる補助器具と考えましょう。

散歩の代わりにはならず、また大きな負荷をかけるためのものでもありません。 人間のようにランニングマシンで全速力で走り続けるようなものではないのです。

広場での運動にはかなわない

屋外でジャンプする犬

pixabay.com

犬に必要な運動には、全速力で走ったりジャンプしたりすることが含まれます。 急に方向転換することで体全体をねじる動きも大切です。

前方に歩いたり走ったりするだけのランニングマシンでは、動きのバリエーションが 乏しくなり、結果的に運動不足になってしまいます。

ランニングマシンは悪天候のときに補助的に使うものと位置づけ、 基本的には広い屋外で、愛犬が思い切り体を動かす時間を設けるようにしましょう。

犬用ランニングマシンの目的は?

太り気味の犬

pixabay.com

では、犬用ランニングマシンはどのような目的で使用すべきでしょうか?

多くの場合、運動不足解消のための補助器具として使えます。 普段から運動したり散歩したりしていても、犬種によっては運動量がが十分でない場合もあります。

そんな時にランニングマシンを使用すれば、運動量を増やしてあげられます。

また、ダイエットの補助の役割を担ってくれます。

犬のダイエットは、食事量を減らすか、運動量を上げるかの2択です。 とはいえ、いきなり食事量を減らすと犬が空腹を感じやすくなり、ストレスを与えてしまいます。

適切にランニングマシンを取り入れることで、無理なくダイエットに取り組むことができるでしょう。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー