犬の夜泣きの原因と対策のコツを一挙に紹介!

犬の夜泣きの原因と対策のコツを一挙に紹介!

1113
update

もし、愛犬が突然、夜に鳴き出してしまったら、どうしますか?飼い主さんが困ってしまうのはもちろん、愛犬はどう吠えても気持ちが伝わらず、お互い辛い夜が続いてしまうかもしれません。飼い主さんが愛犬を理解し、行動を変えることが、解決の一歩になるでしょう。まずは、犬の夜泣きの原因・対策を知ることから、始めましょう。

1113
update

犬の夜泣きの原因は精神的なもの!

www.flickr.com

その原因は、夜、不安・寂しさを強く感じるようになってしまうからだと言われています。

子犬が新しい家に迎えられた夜、寂しくて鳴くのは、簡単に想像できますね。 一方で、年を取ってからの夜泣きの原因のひとつは、飼い主さんを恋しく思う気持ちが、強まることだと考えられています。

飼い主さんが恋しいからと、夜泣きされるのは困ってしまいますね。 でも、それは飼い主さんのことが、好きだからこそ…。

とは言え、夜泣きは、近隣への影響が気になりますね。

夜泣きの原因1:飼い主さんが恋しくて…

年をとると、鼻・耳・目などの感覚が少しずつ弱くなっていきます。

すると、飼い主さんのことを感じられなくなっていきます。 愛犬が夜眠るとき、これまで感じ取れていた飼い主さんの気配を、感じ取りにくくなり、寂しくて鳴いてしまいます。

夜泣きの原因2:痴呆

夜泣きのもう一つの原因は、痴呆などで昼寝すると、夜眠れなくなり、飼い主さんを呼ぶために吠えてしまうのです。

犬の夜泣きの対策は、精神的なケア!

www.flickr.com

子犬の夜泣きは、構い過ぎない

子犬の夜泣きは、鳴いても極力かまわず、環境に慣れてくれるのを待ちます。 ここでかまってしまうと、「鳴けばかまってくれる」と勘違いさせてしまうこともあるので、要注意です。

それでも難しい場合は、専門家に対策についての相談を、検討されてもよいかもしれません。

飼い主さんを感じられる工夫を

年を取って鼻・耳・目などの感覚が弱まって、飼い主さんを感じられない場合の対策についてです。

愛犬に飼い主さんの存在が分かるよう対策し、安心させてあげましょう。 愛犬の寝場所を飼い主さんのそばにしたり、愛犬のそばに、飼い主さんの臭いがするものを置いてあげるなど、愛犬が飼い主さんを感じられる対策が、望ましいです。

痴呆の夜泣きは、昼寝を防止

昼夜逆転してしまっている場合の対策は、なるべく昼に寝かせないようにすることです。 昼間に水・ご飯をこまめにあげたり、できるだけかまったり、日当たりが良い場所にいるようにしたりなど、対策しましょう。

様々な対策をしても、夜泣きが止まらないことが、あるかもしれません。 獣医さんに相談すれば、愛犬に合った対策法を一緒に考えたり、夜眠れるようお薬を出してくれたりと、力になってくれるでしょう。

ここまで、犬の夜泣きの原因・対策について見てきました。 夜泣きしてしまうといっても、その原因は、飼い主さん・愛犬それぞれ、大きく違うはずです。

最後は、飼い主さんが愛犬をよく見ながら、状況に合わせた対策を打っていくでしょう。 そんなとき、獣医師・トレーナーなどの力も借りながら、少しずつでも解決へ、進めていけると良いですね。

この記事が気に入ったらシェア♪
3 名無しさん
通報

夜泣きは近所迷惑になるので何とか対策しないと、クレームになってしまいます。それまで円滑に言ってた近所付き合いが崩壊しちゃうこともあるしね

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー