猫が突然シャーッと唸る・威嚇する理由は?原因と対処法を知ろう!

猫ってちょっと自分が不機嫌になると、すぐにシャーッといいますよね。そのシャーッという威嚇にも、そのシーンによってさまざまな理由があるんです。猫がシャーッと威嚇する時の理由や原因をさぐり、猫の気持ちを考えながら、猫から威嚇されたときの対処法について解説します。

猫が突然シャーッと唸る・威嚇する理由は?原因と対処法を知ろう!

猫がシャーッというのはなぜ?

猫のシャーッと威嚇したり唸る理由は、多くの動物学者は猫がヘビのシャーッと威嚇する姿を真似ていると考えています。 猫の祖先と言われているリビアヤマネコは、アフリカの砂漠に住んでいました。

動物たちが、砂漠でもっとも恐れている動物は毒ヘビです。

そのため猫は、他の動物から襲われたときなど、自分が危険な目に合いそうなときに、シャーッとヘビの真似をしてピンチを切り抜ける術を身につけたと考えられています。

猫がシャーッという時の理由や原因を教えて!

猫がシャーッと威嚇し唸る時の理由は、何かに対して恐怖を感じている時や、自分にあまり構って欲しくないとき、自分にこれ以上近づいて欲しくないなどの理由があります。

シャーッと威嚇している時はまだ威嚇段階ですが、ウゥーと唸ると攻撃態勢に入るサインです。引っ掻かれたり、噛まれたりしないように、気をつけて下さい。

理由①:恐怖を感じているとき

猫は、普段と違うことをとても嫌う動物です。

いつも自分がいる環境から、動物病院に連れて行かれるなど全く知らない環境に連れて行かれたとき、不安から恐怖を感じ、これ以上逃げられないと追い詰められた時など、その場から逃れようとシャーッと威嚇したり唸ることで、逃げ出すチャンスをうかがいます。

猫は、匂いにもとても敏感な動物です。飼い主さんが他の猫を外出先などで触ったりした時、自分の知らない臭いをさせる飼い主さんにストレスを感じ「知らない匂いをさせて不愉快だ、近づくな!」という意味合いからシャーッと威嚇したり唸るようになります。

理由②:自分にあまり構って欲しくないとき

猫はとても気まぐれな動物です。自分から触ってと近づいてきても、しつこく触るなどしたときは「しつこいぞ!もう構うな!」と怒ってシャーッと威嚇したり唸るときがあります。

この場合は、いきなりシャーッという訳ではありません。しっぽをパタパタと左右に叩き付けたり、耳を横にピンと尖らせて瞳孔が開いてきたり(デビルフェイスと言います)表情が険しくなって来たらイライラが頂点に達しているサインです。

理由③:これ以上近づいてほしくないとき

猫は嫌っている存在が、自分に近づいてくるときに「それ以上、近づいてくるな!」という意味合いでシャーッと威嚇したり唸るのです。

また、子猫のいる母猫なども、子猫に近づけたくないときなど子猫を守ろうとしてシャーッと威嚇したり唸るなどして、追い払おうとします。

猫がシャーッと威嚇する時の対処法

猫がシャーッという時は怒ったり叱ったりするのは間違った対処法です。怒ったり叱ったりしては、猫はあなたのことを嫌な存在と認識してしまう原因になります。

そんな場合は、まず猫が落ち着くまで、目を合わせないようにして、特には何もせずにそっとしておくのが正しい対処法です。シャーッと言っている時に撫でても火に油を注ぐ結果となり、噛みついたり引っ掻いたりと怒りがエスカレートします。

他の猫などの匂いがついている時の対処法は、猫が近づいて匂いをかぎ大丈夫だと認識するまで、好きにさせてあげます。

子猫を守っている母猫への対処法は、神経質になっているのであまり近づかないようにしましょう。子猫が生まれて間もない時などは、母猫が子猫をかみ殺してしまう場合もあります。

まとめ

猫がシャーッと威嚇したり唸る時は、必ず原因や理由があります。 猫が出しているイライラのサインを日頃からよく観察し、猫と程よい距離を保って付き合うようにしましょう

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事のコメントを残す

関連するキーワード

関連する記事

このまとめのキュレーター

piyoline

今までの人生で動物が切れたことがありません。 現在も犬、猫、熱帯魚、カエル、キジバトと暮らしています。

「鳴き声」のキーワード

「鳴き声」に関するキーワード