犬との主従関係(上下関係)はできている?チェックする方法を解説!

愛犬との主従関係(上下関係)はきちんと確立されていますか?この関係がしっかりしていないと犬は飼い主の指示に従わなくなり、様々な問題行動を引き起こします。愛犬のちょっとした行動や態度で主従関係(上下関係)ができているかをチェックする方法をご紹介します。

犬との主従関係(上下関係)はできている?チェックする方法を解説!

犬と主従関係(上下関係)を確立する理由

そもそも、なぜ他のペットとは違い犬とは主従関係(上下関係)を築くことが重要なのか知っていますか?

犬は他のペットに比べ人間社会と関わることが多いからです。

家の中だけでなく散歩をしに外へでたり、最近では一緒に旅行に行くことも珍しくありません。そうすると飼い主以外との人間とも接する機会があったり、人間社会のルールの下で行動することが義務づけられます。

人間社会のルールを犬に教えるのは飼い主の役目ですし、犬の行動は飼い主が責任を持ちます。

犬の行動を制御するためには犬が飼い主の指示に従う必要がありますが、犬は自分より強いリーダーの指示にしか従いません。

これは群れで生活していたからこその行動で、群れをまとめるリーダーがしっかりしていなければ群れは生きていくことはでないからです。リーダーが頼りなければよりすぐれた者が次のリーダーとなり群れを導くのです。

犬が飼い主を頼れるリーダーだと認めなければ 犬自身がリーダーとして振る舞う為、飼い主の指示を聞かなくなります。犬には人間社会のルールを守るという意識はありません。

そのため犬本来の行動が問題行動となって近隣に迷惑をかけてしまうことになります。

問題が家庭内だけでなく近隣にまで及べば、飼い主と同じように愛犬と一緒に生活することができなくなります。

犬との主従関係(上下関係)をチェックする方法

犬はとても向上心の高い動物です。今はきちんとした主従関係(上下関係)が築けていても今後の飼い主の行動や態度によっては上下が逆転してしまう可能性もあります。

そのため普段の犬の様子からチェックし、飼い主も犬にとって頼れるリーダーであるように努める必要があります。

普段何気なく出している指示もかわいいからと甘やかしていることも、犬にとってはその1つ1つが飼い主と犬自身の力量を測るチェックポイントとなっています。

チェック方法1 名前を呼んだらすぐ来るか?

犬との主従関係(上下関係)をチェックするのには名前に対する反応と飼い主のもとへすぐに来るかどうかを見ます。

この方法で大事なのは名前を呼ぶのは一度だけということです。

何度も呼んでやっと反応するようなら主従関係(上下関係)が逆転している可能性があります。

また、おもちゃで遊んでいても呼んだらすぐに来るようでないとしっかりと主従関係(上下関係)が確立されているとは言えませんのでチェックしてみましょう。

チェック方法2 犬の体を触れるか?

犬は気を許した相手でないと体を触らせてくれません。

この方法で特に重要なの場所は口元や足先です。

ここは犬にとって武器となるものであり敏感な場所なので嫌がらずに触らせてくれるかどうかチェックしてみましょう。どこを触っても嫌がらなければ主従関係(上下関係)ができていると言っていいでしょう。

少しでも嫌がる場所があれば今回を機に関係性を見直すとともに触られるのに慣らす必要があります。

チェック方法3 指示に一度でしたがえる

犬にとってリーダーの指示は絶対です。チェック方法は何か1つ犬に指示を出してみてください。一度の指示でしたがえば合格です。また、

犬にとってリーダーの指示は絶対です。チェック方法は何か1つ犬に指示を出してみてください。

一度の指示でしたがえば合格です。また、は高い服従心を養うのに効果的ですし、遊んでいる最中に呼び戻すことができるならば主従関係(上下関係)ができている証拠なのでチェックしてみましょう。

これは高い服従心を養うのに効果的ですし、遊んでいる最中に呼び戻すことができるならば主従関係(上下関係)ができている証拠なのでチェックしてみましょう。

チェック方法4 リラックスポジション

リラックスポジションは犬を人の足の上に仰向けにする方法です。

犬のお腹は最大の弱点なので、ここをさらけ出す時にどのような反応をするかで主従関係(上下関係)をチェックする方法です。

大人しくしていれば合格ですし、嫌がったり逃げたりするなら不合格です。方法としては犬が自発的にお腹を向けるのではなく、飼い主が強制的に行うことに意味があります。

チェック方法5 問題行動の有無

チェック方法は他にもいろいろありますが、日常の中で問題行動があるかどうかもチェックポイントとなります。

この問題行動とは人間社会でのルールを守れないことを指します。つまり飼い主の指示にきちんと従えるかが問題行動の有無に繋がります。

犬が飼い主の指示に従わないのなら主従関係(上下関係)が逆転している証拠です。基本的なしつけや日常の犬との接し方などを見直して、犬と人が楽しく生活をできるようにしましょう。

犬と主従関係(上下関係)を確立する方法

犬にとっての主従関係(上下関係)は、単に力が強い者が主(上)になるというような単純なものではありません。

このリーダーの判断は正しい、このリーダーの指示に従っていれば安全だ、ということを犬が実感できなければ犬はむしろ不安になり、その不安心から問題行動を惹き起こします。

飼い主は犬との主従関係(上下関係)を築こうと犬に対して厳しく接し命令をしがちですが、落ち着いた態度と声で悠然とふるまうこと、犬に必要以上に多くを命じず安心感を与えてやれることが先ずリーダーには求められることです。

犬に対して暴力を加えるようなことがあればリーダーどころか犬に嫌われてしまいます。

主従関係の作り方

一言に主従関係と言っても、犬種により そのしつけ方は多少違います。

小型犬や大型犬、チワワのような愛玩犬からシェパードのような警察犬など その犬に合ったしつけ方が必要ですので見極めてしつけましょう。

そして、すでに成犬だったり 自分の事をリーダーだと思っている場合は、特に根気が必要になります。

心地よい主従関係を築くためには、まず愛犬のワガママを許してはいけません。いくら愛らしい瞳で訴えられても、心を鬼にして無視することがとても重要になります。

お手や伏せなどのしつけも大切ですが、それとは別に サークルから出して欲しくて鳴いたりおやつや食事が欲しくて鳴いたりしても、基本的に飼い主側の時間に合わせて守らせるようにしましょう。

サークルから出してと鳴いたら徹底的に無視です。そのうち時間が経って鳴き止み 落ち着いたら、出して自由にしてあげてください。

食事のタイミングも毎日定時でない方が好ましく、餌以外の時間に餌を欲しがっても 犬に合わせないでくださいね。

クゥ〜ンと何かを訴えて鳴いても無視です。毎回構っているとワガママになる元になります。

ただ、具合が悪くて鳴いている場合もあるので、その日の症状を考慮してください。飼い主さんが決めた時間に行動することで、上下関係がはっきりとさせられるのです。

もし可能でしたら、 犬の立場が上 もしくは飼い主と同等であると認識してしまうのを防ぐために、指示をしていないのに勝手にソファーなどに乗らせないようにしましょう。

このように、飼い主本位の時間に慣れさせることが大切ですが、遊ぶ時には思いっきり遊んであげたり褒めたり、何事にもメリハリをつけることが重要です。

まとめ

主従関係の確認はいかがでしたか?散歩の際に犬が飼い主よりも前を歩いたり、お腹が空いたり間食がしたくて鳴く、サークルに入れると鳴く、家族以外の人に吠える、インターホンが鳴ると吠える、など…問題行動をしている場合には、主従関係が逆転している可能性が高いと言われています。

もし確認してみて主従関係が逆転しているところがあった場合でも大丈夫、直せば良いのです。その道のりは長くなるかもしれませんが、逆転ヵ所が直る頃には 主従関係と共に愛犬との絆も深まることでしょう。

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事のコメントを残す
1 名無しさん
通報

記事を読んでいて、はっとさせられる部分がいくつかありました。認めたくないけど、甘やかしすぎなのかなとたまに思っていました。このチェック項目で問題点が浮き彫りになったので、主従関係をもう一度しっかりと築きたいと思います(-_-;)努力がいると思うけど、少しずつでも小さい時にしていくことによって今後の生活が楽になるといいなー

2 名無しさん
通報

犬と上下関係…たしかに感じる…。家の中で1番下なんですが、犬からもバカにされてる気がする。。名前を呼んでも振り向かない時がある。何回も呼ぶからかなぁ…。そして散歩に行きたいときだけ寄ってくる。都合のいい相手になってる気がする。ちょっとこのチェックポイントでしっかりチェックしてみて、少しでもバカにされるのが軽くなればいいな(笑)

3 黒棒
通報

きちんと躾をするためには、上下関係を築くことがとても大切なんですね。チェック方法、犬を飼っている友人に教えてあげたくなりました。何度名前を呼んでも来ないというのは、上下関係ができていない現れということですね。街中で散歩をしている方が何回も犬の名前を呼んでいましたが、じっとしたままで動かなかったのをふと思い出しました。

4 いぬてい
通報

犬にとって上下関係って非常に大事だって言いますから、しっかりとした主従関係を築けているかどうかチェックできるのは、記事を読んでいて勉強になりました。よく公園とかで犬と散歩をしている人を見ていても、どっちが主人なのかわからないときありますからね。

5 ゴマ
通報

前は、ここにあることが大体できていたんだけど、もう17歳のおばあちゃん犬になってしまったので、わがままでほとんど言うことを聞いてくれなくなりました。年のせいなのか…それともただの上下関係の崩壊なのか…分かりませんが、幸せな余生を送ってほしいです。

6 名無しさん
通報

 このような情報が未だに流されているのは大変残念です。主従関係のチェック?これのどこが主従関係のチェクになるのでしょう?ただ、しつけやトレーニングが不十分なだけのことです。  名前を一度読んだだけで来るか?とはなんでしょう?名前=オイデの指示語ですか?一度の指示に従わないのは一度の指示で従えるようにトレーニングの強化ができていないだけ。トレーナーならそのくらいは承知でしょうに何故、それを主従関係が出来ていないからなどと間違ったことを何も知らない飼い主に植え付けようとするのでしょう?マズルコントロールもリラックスポジションも「気を許した相手にしかさせません」と言いながら、それをさせないのは主従関係が逆転しているだなんて。どちらも、嫌がらない程度に優しく、初めは短時間にして徐々にに慣らしていくものです。敏感だから、嫌がるって書いておきながら、それまで慣らしてないイヌにいきなりチェックしてみてとか言って出来なかったら主従関係が逆転してるって言うんですか?最初から黙って受け入れるイヌがいたら見せてほしい。  ソファーに乗せるな?そんなことで、イヌは自分が人と同等だなんて勘違いはしません。  我が家のまもなく6歳になるイヌはソファーに乗ってるけど家族に吠えて要求することもないし、甘噛みをさせてたけど本気で咬んだ事は一度もありません。おもちゃに与えたぬいぐるみもひとつもほつれも破れもしていません。  食事も毎日、朝晩、飼い主よりも先に食べています。  それでも、おいでといえば、一回で来るし、オスワリもフセもツイテもします。車に乗ってと言えば車まで自分で来て乗りますし、留守番のときは、行ってくるねと言えば自分でケージに入ります。  これは、習慣のように、いつも話しかけたり、繰り返し練習したからです。  決して主従関係を教えたわけではありません。  この記事の主従関係のチェックで出来なくてもきちんと無理なく練習すればできるものばかりです。  このチェックをクリアするために主従関係は必要ありません。飼い主が、決して高慢にならず根気よく正しくトレーニングしてあげれば良いだけのことです。    

7 名無しさん
通報

犬が群れで行動していた動物で、群れをまとめるリーダーが必要なのは知っていました。でも、犬が飼い主との主従関係を築く理由が、他のペットに比べて人間社会と関わることが多いから、というのは面白いと思いました。ペットはただのペットではなく、家族のようだと言う人もいますが、それほど人間の生活に密着していて、なくてはならない存在になっているからだと思います。人間が求めて、犬にそのような生活をさせる事になったので、しっかりリーダーシップを取ってあげることが、ペットになってくれた犬たちの為にもなると思います。

8 十字路
通報

上下関係はとても大切ですね。犬の方が上になってしまうと、飼い主さんの言うことを全く聞かず、自分の好き放題に何でもやってしまうようになりますから。犬を飼い始めた時点からしっかりと上下関係を作っていくために行動しなければと感じます。

9
通報

確かに子犬の時にしつけを頑張ってしても、そのあとに自由にさせてしまうといつの間にかわがままになってしまって、散歩のときにも言うことを聞かないようになってしまったりしますね。

10 オアシス
通報

犬との主従関係がいかに大切なものであるのかが分かりました。しつけの仕方を誤ると主従関係を上手に築くことができなくなると思うので、子供の時から正しくしつけをしなくてはと感じました。また、逆転した主従関係を直すことも可能だと知ってホッとしています。

11 名無しさん
通報

主従関係が出てきているかなんてチェックしたことなかったのでしてみたいと思います。できていると思っていてもできていないことが多かったりして。

12 ひろこ
通報

可愛い可愛いペットで、大事な家族ではあるけど、犬は人間ではないから、きちんとしつけをして上下関係をわからせないと駄目ですね。問題行動を起こして困るのは飼い主だし、最悪のケースだと犬自身が何かしらのトラブルに合わないとは限らないので。

13 食品
通報

犬との上下関係を構築することがいかに大切で、意味のあることなのかというのがよく分かりました。一緒に社会で生きていく上ではしっかりとした上下関係が重要なんですよね。今は犬は飼っていませんが、いつか飼う時の教科書となる情報でした。

関連するキーワード

関連する記事

    • 犬のクレートトレーニング!しつけの仕方を解説!

    • 犬のクレートトレーニング!しつけの仕方を解説!

      皆さんクレートを活用していますか?移動にはソフトキャリーを使い、家の中ではサークルを使用している方も多いと思います。クレートは移動用に使うだけではなく日常生活の中やしつけでとても役に立ちます。今回は犬のクレートトレーニングの手順をご紹介します。

      5136
    • 【簡単】犬のトイレトレーニング方法とコツ

    • 【簡単】犬のトイレトレーニング方法とコツ

      愛犬がトイレをあちこちでしてしまう原因を考えて対策しながら、愛犬にトイレトレーニングをしていきましょう。しつけの中でも難しいとされていますが、愛犬としっかりコミュニケーションをとって進めていきましょうね!

      5950
    • 犬との主従関係(上下関係)はできている?チェックする方法を解説!

    • 犬との主従関係(上下関係)はできている?チェックする方法を解説!

      愛犬との主従関係(上下関係)はきちんと確立されていますか?この関係がしっかりしていないと犬は飼い主の指示に従わなくなり、様々な問題行動を引き起こします。愛犬のちょっとした行動や態度で主従関係(上下関係)ができているかをチェックする方法をご紹介します。

      36681
    • 老犬の夜鳴きの原因と対策のコツを一挙に紹介!

    • 老犬の夜鳴きの原因と対策のコツを一挙に紹介!

      「年をとってきたせいかしら。最近、うちの犬の夜鳴きがひどっくって、夜眠れないの。」とお悩みの方も多いのではないでしょうか?昼間はおとなしく寝ているのに、夜になると夜鳴きを始める。老犬の夜鳴きの理由は、なんなのでしょう?そんな老犬の夜鳴きの原因を考えながら、対策についても考えていきたいと思います。

      10333
    • 犬が散歩中に吠える理由と対策を解説!

    • 犬が散歩中に吠える理由と対策を解説!

      わんちゃんの大好きなお散歩ー。家を出るときは、楽しそうなのにあるところを通ると、吠える、吠える!吠えて愛犬が怖い顔になっているよー。。なかなか吠えることを終えないから困ります。どうして吠えるのでしょう。理由はなんでしょう。何か対策があるでしょうか?

      7986
    • 『付け』を犬にしつける方法について解説

    • 『付け』を犬にしつける方法について解説

      普段のお散歩で犬はしっかりと飼い主の横に付いていますか?付けは引っ張り防止なだけでなく飼い主が進む方向やスピードを決めることで犬にリーダーシップをとることができます。今回は付けのトレーニング方法をご紹介します。

      4744
このまとめのキュレーター

aoi

ドッグトレーナー&元動物看護師です! 只今、17歳の愛犬の介護中 知識を活かして皆様のお役に立てる記事を書いていきたいです。 よろしくおねがいします!

おすすめコンテンツ

犬のしつけを知りたい!

あわせて読みたい

おすすめ情報をお届け!