危険犬種ってなに?世界の危険犬種と飼育について

危険犬種ってなに?世界の危険犬種と飼育について

1968
update

犬が好きな人であれば、きっと知っている「危険犬種」。また危険犬種が本当に危険なのかという議論が度々起こっていることもご存知かもしれません。この記事では、世界の危険犬種や飼育についてスポットを当てていきます。

1968
update

危険犬種とは?

危険犬種

www.flickr.com

危険犬種とは、人間や動物に危害を与える可能性を考慮して、法律や条令で飼育が禁止されていたり、飼育に制限が設けられていたりする犬種のことです。

危険犬種に指定されるとどうなるの?

危険犬種に指定されると、二段階の制限が設けられます。

危険犬種自体の所有や飼育、輸入の一切を禁止する重度の制限が設けられている場合があれば、飼育する上で細かなルールが定められている場合もあります。

危険犬種に対する外国の規制

日本以外の国では危険犬種に対して、どのような規制が設けられているのでしょうか。

イギリス

外国イギリスでは1991年に危険犬種法が制定されています。

「アメリカン・ピット・ブル・テリア」、「土佐犬」、「ドゴ・アルヘンティーノ」、「フィラ・ブラジレイロ」の4犬種については、繁殖及び販売が禁じられています。

また例外を除いて所有すること自体も禁止されています。

仮に所有している場合、外に連れ出すときには口輪と引き紐の装着が義務付けられています。

フランス

国際蓄犬協会に登録の無い犬種は、入国禁止という規定があります。

闘犬種だけでなく、血統書の無い犬もフランス国内に入ることはできません。

オランダ

外国オランダでは犬種そのものではなく、犬の体格や外見により、危険な犬かどうかを判断します。

闘犬向きの筋肉質な体格や体高の高さなど、危険な犬としてチェックにひっかかる犬は、役所判断で処分を決めることができるといわれています。

ドイツ

動物愛護で先進国として知られている外国ドイツ。

2001年に「危険犬種に対する規制」が設けられ、危険犬種に対して飼育の制限や、安楽死などが行われました。

しかし次第に、危険な犬は犬種に由来するものではなく、飼い主の飼育方法が起因となることが、犬行動学者や獣医師たちによって証明されていきました。

現在では「危険犬種に対する規制」に代わり、「犬の飼い主免許」制度を導入する流れが起きており、飼い主が犬を飼育する上で正しい知識を持つことに重点が置かれています。

日本も動物愛護という観点で、見習うべき部分があるかもしれませんね。

デンマーク

外国デンマークでは13犬種が危険犬種に指定されています。

危険犬種の飼育は完全禁止され、該当犬種の入国も禁止されています。

違反した場合には強制的に殺処分を行うこともあります。

この記事が気に入ったらシェア♪
2 名無しさん
通報

ピット・ブルとか危険ですよね。見た目にも怖すぎるわ。土佐犬とかこういう危険な犬は飼育するのを資格制にしてほしいですね。頑丈なオリとかないとほんと怖いし。

2 名無しさん
通報

危険犬種っていう文字だけでも恐怖を感じてしまうのは私だけでしょうか?超怖い~っていうのは置いといて、やはり闘犬などは危険ですよね。大型犬だからって危険とは限りませんから、体の大きさで判断するのではなく気性などを知っておくべきです。ただ大型犬には近寄らないほうが危険度が下がるのはその通りです。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー