犬にミネラルウォーターはダメなの!?飲料水の正しい与え方と注意点!

犬にミネラルウォーターはダメなの!?飲料水の正しい与え方と注意点!

2484

人の身体に良いと言われているミネラルウォーター。私たち人間には良いものですが、犬にもミネラルウォーターは、身体に良いものなのでしょうか?それともダメ?犬に与える飲料水の与え方と注意点をご説明いたします!

2484 |

犬にミネラルウォーターはなぜダメなのか

Golden Retriever puppy drinking water

kathleen collins/shutterstock.com

尿結石の原因に・・・

犬にミネラルウォーターを与えると、尿結石の原因になる可能性があると考えられています。

ミネラルウォーターに含まれているマグネシウムやカルシウムが結石となる場合があるのです。

尿結石とは犬の膀胱や尿管内にストルバイトなどの結石ができる病気で、排尿障害から腎臓に負担をかけたり、尿管が詰まって尿毒症になり、重篤な状態になる可能性もある病気です。

尿結石の原因は犬種やその犬の体質にもよるとされていますが、マグネシウムやカルシウムが原因ともされ、これがミネラルウォーターはダメと言われている理由です。

しかし、これは過剰摂取によるもので、水の硬度に注意すれば、問題ないかもしれません。ミネラルウォーターを与えたい場合は、ミネラル分の多い硬水は避け、軟水を与えたほうが良さそうです。

ミネラル分とは、基本的にカルシウムやマグネシウムなどのことです。そして水の硬度とは、水1000ml中に溶けているカルシウムとマグネシウムの量を表わした数値の事をいいます。

その上で水を分類する基準は幾つかあるのですが、WHO(世界保健機関)の基準を参考にすると、硬度が120mg/l以下を「軟水」、120mg/l以上を「硬水」といいます。

つまりカルシウムとマグネシウムがたくさん含まれる水を「硬水」と呼び、硬水は、実際に結石になる可能性もありますので注意しましょう。

ミネラルウォーターには様々な種類があり、メーカーによって軟水のものも硬水のものもあります。

たとえば軟水なら「南アルプスの天然水」や「ボルヴィック」、硬水なら「エビアン」などがあります。

ただし「いろはす」などは同じブランド名の「いろはす」であっても、水源が異なる場合があるので、ミネラルウォーターを犬に与える時は、成分量を確認してからの方が安心ですね。

尿結石が出来る根拠はない?

ミネラルウォーターを与えるとよくないとされている理由の主なものがミネラル過多になり、結石が作られてしまいやすいというものでした。 

しかし実はこの事実について、医学的な根拠やデータは特に示されていないそうです。
出典:http://tsunayoshi.tokyo/c/58fbd7533925eee0c4293c803c2af4f749948d81

このように、一概にもミネラルウォーターは絶対に与えてはならないとは言いがたいです。注意点だけ守れば、ミネラルウォーターでも犬の飲料水として与えることが出来るかもしれません。

しかし、結石の原因になる可能性が少しでもあるなら、ミネラルウォーターはダメだと思う飼い主は多いはず。

それでは、どのような水を飲料水として与えれば良いのでしょうか?注意点とともにご説明いたします。

犬に与えても良い水

www.flickr.com

水道水

水道水が一番手軽で犬にも害の少ない飲料水かもしれません。水道水には一般的に塩素が含まれていますが、犬に害になるような塩素の量は含まれておりません。

基本的に水道水に含まれる塩素や発がん性を指摘されるトリハロメタンは、生涯にわたり飲んでも影響がない基準をもとに、きちんと管理されています。

また水道局では硬度についてもほとんどの地域で100mg/l以下におさえるなど、水質管理をしっかりとしているため、犬の飲料水として与えても問題はないと考えられます。

ただし、毎日飲み続けるものであるため、注意したい人は、浄水器などを利用しても良さそうです。

浄水器を使用する

どうしても水道水はダメだと言う人は、浄水器の使用をおすすめします。

これでは、問題となる塩素の心配も少なくなりますし、ミネラルウォーターを与えるような硬度の注意をしなくて済みます。浄水器もダメ!という人は、こんな選択肢もございます。

犬用の水

実は、ペットショップやネット通販で、犬用の水が売っています。

犬の体臭を抑えたり、健康を保つ等の効能が期待出来るそうです。しかし、価格は人が飲料水として使用するミネラルウォーターよりも高価であり、飲料水は毎日与えるもので、出費がかさんでしまいますので、ダメとは言いませんが、あまりおすすめは出来ません。

犬用の水と言っても色々な飲料水がありますので、注意しましょう。

一番のおすすめは水道水!

border collie drinking water from the fountain

oneinchpunch/shutterstock.com

犬に与えて問題ない飲料水として、一番のおすすめは水道水です。

犬用の水や軟水、ほかの飲料水を与えているからと言って、寿命が長くなったり身体が丈夫になっている医学的根拠は薄いですし、私たち人間が長い間飲料水として飲み続けている水道水で、犬にも注意する必要はないと考えられます。

しかし、飲料水に気をつけていても、水を与える食器の衛生面が良くなければ意味がありませんので、注意しましょう。

飲料水の与え方

もちろん、水を入れている食器は毎日洗い、清潔に保ちましょう。

水だけにこだわっていてもダメです。特に夏場は高温になる場所に置くのは避け、小まめに取りかえるなどしてあげてください。

また、フードの種類もドライやウェット等で、毎日の水の適量は違いますので注意しましょう。 食事自体に水分が含まれるウェットフードを食べている犬より、ドライフードを食べている犬の方が、より多く水を必要とします。

また毎日の水分摂取の適正量は、犬種や個体によっても様々ですので、獣医師と相談しながら決めたほうが良さそうです。

犬にミネラルウォーターを与える事の是非については、これだという科学的根拠も乏しく、様々な意見があります。

ただ実際、尿結石の前段階の結晶が尿に出てしまった犬などは、普通のドライフードではなく、ミネラル分をコントロールした療養食を治療や予防として与える場合もあります。 そういう意味で、ミネラルウォーターの硬度には気をつかう必要がありますが、たとえば出先での水分補給など、一時的に少量のむ程度なら問題は少ないでしょう。

それでも心配だ、という飼い主さんは、ミネラルウォーターはどうして犬にダメなのか、専門家である獣医師に聞いてみても安心でしょう。

この記事が気に入ったらシェア♪
2 名無しさん
通報

うちの水道から赤錆がでるようになってしまったのでミネラルウォーターを与えていました。硬水じゃなくて軟水なら大丈夫そうなので一安心です。工事が終わるまで水道水を飲ませることができないので。

1 あーさん
通報

犬にミネラルウォーターってダメなんだ!?犬は飼育してないけど、これは知らなかったですね。そっかミネラルが多すぎるのも問題なんですね。衛生的だし健康的だからむしろ積極的に飲ませてあげたほうがいいと思ってました。勉強になるな~。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー