猫が人間用のクッキーを食べるのは大丈夫?事実と注意点とは?

私たちが大好きなクッキー、猫に与えても大丈夫なのでしょうか?そもそも人間が食べるものを与えても大丈夫?人間用のクッキーの成分が猫に与える影響や注意点、そしてもしも猫が人間用のクッキーを食べた際の対処法をご説明いたします!

猫が人間用のクッキーを食べるのは大丈夫?事実と注意点とは?

猫に人間用のクッキーを与えるのはダメ

猫に人間用のクッキーを食べることは大丈夫とは言えません。

なぜなら、人間用のクッキーには多くの糖分が含まれているからです。糖分が多く含まれていると言うことは、肥満の原因になってしまうと言うことになります。 猫がクッキーを食べるには、猫用クッキーが市販されていますので、それを食べるほうが良いでしょう。また、人間用のクッキーには糖分のほかにも以下のような注意点があります。

猫にチョコチップクッキー等を与えるのはダメ

人間用のクッキーには、プレーンクッキーもありますが、チョコが含まれているクッキーもあります。 チョコレートには、テオブロミンという物質が含まれており、猫は体内でテオブロミンを分解出来ません。 そのため、下痢や嘔吐の原因となり、最悪の場合、死に至ることもありますので注意しましょう。 このように、クッキーに含まれているほかの食べ物を食べることで、中毒を起こしてしまう可能性もあるため、猫に人間用のクッキーは大丈夫とは言えません。

肥満を気にしなければ、プレーンクッキーは大丈夫?

極端に言えば、人間用クッキーは糖分が高いだけですので、猫が食べることによってすぐに身体に影響があるようなことにはならないと考えられます。 そのため、プレーンクッキーであれば大丈夫であるとも言えます。 ただし、やはり猫にとって人間の食べ物を食べるということは、良いことではありませんので、クッキーに限らず、人間の食べ物を食べることは避けるように注意をしましょう。

猫には味覚がない

大体、猫には味覚がありません。そのため、人間用のクッキーを食べることで、甘いから美味しい等は、一切思わないと言うことです。 ただ純粋に糖分だけ摂取して、太るだけと言うことになります。 つまり、猫が人間用クッキーを食べることは、大丈夫と言えば大丈夫ですが、メリットが一切ないのです。

人間用クッキーは猫の寿命を縮めるだけ

愛猫には、長生きしてもらいたいものです。そのため、猫が人間の食べ物をせがんできても、厳しく一切与えないことが、長生きの秘訣になります。 自己満足で人間の食べ物を猫に与えることは、愛猫の寿命をいたずらに縮めているだけになります。少しだけなら大丈夫とは思わないことが大事です。大丈夫ではなく、自分の都合で猫を育てないように注意しましょう。

猫がクッキーをほしがった際の注意点

猫は、基本的に人間が食べているものに興味をあまり示しません。それは、食べることのないものは食べ物として見なしていないからです。一切猫に人間の食べ物を与えたことのない人は大丈夫です。 しかし、一度でもクッキー等、人間の食べ物を食べたことのある猫は、人間の食べ物に興味を持ってしまいます。 そのため、猫が人間の食べ物をほしがった際の注意点としては、自分の厳しく、猫には猫用の食べ物を与えるという一貫した態度が大事です。 そうすることで、猫も人間の食べ物をもらえないと理解すれば大丈夫です。 しかし、ひとつ注意が必要で、盗み食いをしないように、クッキー等を食べている際は、目を離した隙に猫に食べられないように注意しましょう。 ちなみに、猫は塩辛い食べ物は好きなので、そういった味のクッキーを食べる際には、特に注意が必要です。

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事のコメントを残す
1 ウェア
通報

猫に味覚がないとは衝撃的です。餌を食べた時に、美味しそうな表情を見せる時がありますが、あれは一体どんな気持ちからくる表情なんでしょう。美味しいのかなぁと思っていましたが、まるっきり違いました。味覚がなければ美味しいと感じることができないので、空腹が満たされて喜んでいるのかもしれないですね。人間にとってクッキーは美味しいものですが、猫にしてみればただの砂糖の塊でしかないと知ると恐ろしいです。

2 メメ
通報

ダメでしょ〜!人間の食べ物は人間用として作られているんだから。人間の食べ物をあげようとする人がいるのが驚きです。記事にもありましたが、一貫した態度をとる事で猫に辛い思いをさせないことが出来ると思います。

3 ミン
通報

猫って賢いから、人間が食べてる美味しそうなものをよく覚えてるんだよね〜!袋を開けるカサッという音だけでとんでくるもん。でも、猫の健康のためには心を鬼にしてあげないことが懸命ですね。

4 ポリ袋
通報

自分がクッキーを食べている時に猫ちゃんが食べたそうな眼差しで見つめてくると、欲しいのかなぁと感じ与えたくなりますが、これは厳禁なんですね。猫が欲しがったとしても心を引き締め、ダメなものはダメと自分に言い聞かせ、決して与えないようにします!

5 名無しさん
通報

室内飼いしているとどうしても人間が食べているものが気になって猫も犬も近づいてきますよね。そこで何気なく上げてしまうと、もう次からももらえるもんだと思いこんでしまいますよね。人間の体とペットの体を比べれば当然人間のお菓子は当分も過剰摂取になりますよね。可愛いからどうしても上げちゃいたいと思いますが、ペットの健康第一で考えてあげないといけないですね。

6 スパサラ
通報

プレーンクッキーなら大丈夫であると記されていますが、プレーンでも糖分・脂質が結構ありますし、添加物も使われているので猫には食べさせたくはないです。人間が食べるクッキーには人間のために作られているわけですから、ちゃんと猫用のものを出したいです。

関連するキーワード

関連する記事

    • 猫はみかんのにおいがきらい?その理由を解説。

    • 猫はみかんのにおいがきらい?その理由を解説。

      昔から猫はみかんなどの柑橘系のにおいが嫌いと言われていますね。猫除けスプレーなども柑橘系のものが多いようです。本当に猫はみかんのにおいが嫌いなのでしょうか?その理由歯なんでしょうか?またみかんを食べても大丈夫なのか見てみたいと思います。

      5146
    • 猫にカニを与えて大丈夫?飼い主さんが知るべき注意点とは!?

    • 猫にカニを与えて大丈夫?飼い主さんが知るべき注意点とは!?

      タラバガニ、ズワイガニ、毛ガニ・・・。どのカニも濃厚で美味しい食べ物です。猫は魚が大好きですが、カニを与えても大丈夫なのでしょうか?猫にカニは大丈夫か、カニを与える際の注意点についてご説明いたします!

      コメント

      カニは加熱をすれば多少は大丈夫という事は、安全ではないという事ですよね。カニを出しても良いのか、少し曖昧になっている感じがありますけれども、どちらかといえば出さない方が無難という事ではないのでしょうか?何かと考えるきっかけになりました。

      8742
    • 猫にスルメは大丈夫?正しい与え方について解説。

    • 猫にスルメは大丈夫?正しい与え方について解説。

      「お魚くわえたどら猫、おっかけーてー♪」おなじみサザエさんの曲ですね。猫が魚を加える様子はあちこちで目にします。魚介類のイカやタコは猫が食べても大丈夫でしょうか?特にスルメは問題ないですか?与えるならどれくらいならいいでしょうか?

      5807
    • 【猫の食べ物】猫に牛肉は大丈夫?間違わないための与え方についてまとめ

    • 【猫の食べ物】猫に牛肉は大丈夫?間違わないための与え方についてまとめ

      みなさんご存知の通り、猫は肉食動物です。野良猫たちはネズミ等を捕まえ餌としていますが、キャットフードを主食としている家の飼い猫達には、あまり「牛肉」というのはイメージがなく、与えてもいいのか、気を付けるところがあるか等は中々判断できません。そんな方のために、万全な与え方を解説

      コメント

      猫は肉食だから牛肉は大丈夫だよね。ただドライフードとか食べるのが当たり前だから肉食ってイメージがないけど、元々ライオンとかトラと一緒の肉食獣だからお肉はOKに決まってる。家猫ってペットとして馴染みすぎててネズミも取らない子が多いから印象薄くなっちゃうけど。

      11835
    • 猫にとうもろこしは大丈夫?食べていいかどうかとアレルギーや茹で方などの注意点。

    • 猫にとうもろこしは大丈夫?食べていいかどうかとアレルギーや茹で方などの注意点。

      甘くて色々な料理に使われる食材、とうもろこし。私たちはとても美味しく食べることが出来ますが、猫にとうもろこしは大丈夫なのでしょうか?アレルギーの問題や、猫に食べさせる場合の茹で方等をご説明いたします!

      コメント

      1,2粒であれば、猫にトウモロコシを食べさせても良いと言われると、与える必要ってあまりないかなぁと感じました。数粒のために、トウモロコシを準備するのも大変ですしね。たまに出す程度で大丈夫かなという風に受け止めました。

      16030
    • 猫って寒さに強いの?弱いの?猫に必要な寒さ対策5選!

    • 猫って寒さに強いの?弱いの?猫に必要な寒さ対策5選!

      「猫はこたつで丸くなる」と童謡の歌詞にもあるように、猫は寒がりのイメージの強い生き物ですね。実際には、個体差がありすべての猫が超寒がりというわけではありません。しかし、猫の種類、年齢、体型、体調などによって寒さに弱くなり猫風邪や膀胱炎になったりしますから、気を付けてあげたいものですね。

      17630
このまとめのキュレーター

でりっく

元ドッグトレーナーですので、しつけに関しての記事を中心に作成していきます。

おすすめコンテンツ

猫の飼い方を知りたい!

あわせて読みたい

おすすめ情報をお届け!