チワワが首輪を嫌がる時の対処方法は?ならす時の対策方法を解説

チワワが首輪を嫌がる時の対処方法は?ならす時の対策方法を解説

2266

「うちのチワワ、首輪をするととっても嫌がるんだけど、どうすればいいの?」。なぜ首輪を嫌がるんでしょうか?もしかしたらチワワが性格的に嫌がる傾向があるのでしょうか?今回は、首輪を嫌がるチワワに注目して、その対処法などについて解説します。

2266

チワワが首輪を嫌がる~その原因は?~

チワワが首輪を嫌がるのには、何か特有の原因があるのでしょうか。

そういう性格?!

チワワが首輪を嫌がるのには、チワワ特有の性質が関係しているということはあまりありません。

一般的に警戒心が強く神経質な性格と言われるチワワですが、チワワにも様々な性格の個体がおり、すべてのチワワが神経質なわけではないのです。

チワワだけに限らず、犬が首輪を嫌がる大きな理由は「慣れていない」からです。

今まで何もなかった首元にある日突然輪っかが付いたら、気になって嫌がるというのは当然と言えば当然です。

他にも首輪を嫌がる理由はあるのでしょうか。

しっかりした信頼関係、築けていますか?

チワワが首輪を嫌がる理由の一つに、「飼い犬との信頼関係が築けていない」ことが挙げられます。

犬は急所であるマズル(口の周り)やしっぽを触られるのを嫌がります。

首輪は付ける時にマズルを通過することもあるので、本能的に不快な気分になるんですね。

しかし、きちんとしたマズルトレーニングが行われ飼い主との信頼関係が築けていると、首輪を嫌がることもなくなります。

愛犬に首輪を付ける前にマズルを触ってみて、触られるのを嫌がるようであれば、まずはマズルトレーニングなどを通して信頼関係を強化するように努めましょう。

首輪を付ける適正な時期ですか?

他にも、「首輪を付ける適正な時期ではない」というのが、首輪を嫌がる原因の場合もあります。

首輪を付ける適正時期は、2~3ヶ月くらいと言われています。

子犬の頃は首輪は必要ないという意見もありますが、首輪がない状態でずっと過ごし大きくなってから首輪を付けようとすると嫌がることが多くなってしまいます。

トラウマになっていませんか?

過去に無理やり首輪を付けられたことのある犬は、その付け方が原因でトラウマになり首輪を嫌がるようになります。

また、首輪の練習中に怖い体験をしたとか叱られたりした犬も首輪に対して拒否反応を示します。

病気やケガはありませんか?

もしかしたら病気やケガが原因になっているかもしれません。

口腔系呼吸器系の病気で息が苦しかったり、口の中やのどに傷などがあって痛い場合には、首元に付けられる首輪を嫌がることがあります。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事
犬用品のおすすめ おすすめコンテンツをお届け!
あわせて読みたい こちらもチェックしてみよう!
フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー