犬のノミ対策や予防法を解説!

犬のノミ対策や予防法を解説!

1666
update

さて、皆さんの愛犬はきちんとノミ対策、そして予防をしているでしょうか?どんな対策ができるでしょうか?ノミ、マダニがつかない方法があるでしょうか?きちんと予防しないと後で大変なことになる怖いダニについて解説します。

1666
update

■ノミが増える時期はいつ?

www.flickr.com

まずは、ノミのサイクルを知りましょう。ノミは春から夏にかけて多くなっていきます。なんとメスのダニは1日で50個程の卵を産むのでびっくりです! 特に暑い夏の時期は、ダニにとって楽園です。温度や湿度がダニにとって好都合のため、2~3週間で卵を生み、孵化し、成虫となるのです。それが冬になると少しペースダウンになります。

■ノミはどんな悪さをするの?

犬についたノミは、犬の体から離れずに血を吸います。犬にノミがつくと非常に強いかゆみになり、皮膚にダメージが出てきます。 貧血も起こしやすくなりますし、ノミアレルギー皮膚炎を起こします。脱毛したり、湿疹が症状としてあらわれます。

■犬のノミ対策はいつから?期間は?

今は昔と変わって、地球全体が温暖化になっています。そのため、ノミ、マダニ対策、予防はできるだけ早目におこないましょう。子犬であれば、ワクチン接種が終わってからノミ対策をおこないましょう。 冬には家の中にダニがいないと思っている方も多くいますが、暖房器具を使うのでダニにとってはよい快適な温度になっています。ですから、家から出ない犬であっても必ずダニ対策をしましょう。

この記事が気に入ったらシェア♪
4 名無しさん
通報

1日に50個もの卵を産むっていうことは、一週間でも350個。となると、どんどん数が増えていって、その卵が成長したらまた卵を産んで、というのを繰り返すんだから、そうなる前に早く対策を開始しなければです!具体的な卵の数を知るとゾッとする。。

3 名無しさん
通報

犬はノミが一度ついてしまうと自力で対処することが難しいので、飼い主がノミの周期を把握して薬などで対応してあげることが大事だと思うな。薬が苦手で摂取しづらい犬に対しては、ご飯に混ざっているものを利用するのがいいと思うな。

2 名無しさん
通報

犬のお洋服やお布団などをこまめに洗うように意識しています。加えて、紫外線ライトを発してくれる掃除機みたいなのも併用しています。洗濯後にこれを使って、徹底的に綺麗にしてます。病気にならないために頑張ってます。

1 名無しさん
通報

メスのダニは一日50個のダニを生むとか聞いただけで気持ち悪い。けど人間と違ってワンちゃんは喋れないわけだしちゃんと対策しないとですね。夏が特に危ないのか。ちゃんと定期的に病院連れてってるからって安心してちゃダメなのかな?

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー