犬のコマンド『待て』の教え方を詳しく解説!

犬のしつけの中でもとても大事な「待て」。愛犬は待てのコマンドから何秒くらい待てますか?待てに自信がある飼い主でも、遠くで他の犬が楽しそうにしていたら、待てのコマンドも忘れ突っ走ってしまいます。そうならないために、「待て」の正しい教え方を伝授します!

犬のコマンド『待て』の教え方を詳しく解説!

「待て」の教え方の手順


リードとチョークチェーンを用意する

「待て」は一番大事なしつけであり、何よりも服従訓練としてなくてはならないものです。そのため、普段散歩をしているときに、首が苦しくならないよう、胴輪等を使用している人は、待てのしつけを行う際は、引っ張ると首元が締まる「チョークチェーン」を用意しましょう。また、それに伴い、もちろんリードも用意する必要があります。それでは本題の、待ての教え方をご説明いたします。

「座れ」→「待て」の二重コマンドに気をつける。

よく見るのが、「座れ」と犬を座らせて、その後「待て」という人です。これは、座れと待ての二重コマンドになり、犬からしたら「座る」メリットがわかりません。というのも、犬は基本的に飼い主に褒められるために、言うことを聞いているので、「座れ」と言われて座ったのにも関わらず、一切褒められずに「待て」と言われると、のちのち座れのコマンドから座らなくなってしまいます。そのため、「待て」の教え方としては、「座れ、よーしそうそう、待て」と、一度座ったことに対して褒めてあげましょう。

「待て」は厳しく!


待ては、犬が他の人や犬に迷惑をかけないために、絶対に覚えておきたいしつけです。そのため、待てのコマンドを言ってから犬が動くことは許されません。どんなことがあっても待てるように教え方をしましょう。待ての基本的な教え方として、まず、犬を座らせるか伏せさせてから、「待て」と言います。そしてまず一歩遠くに行ってみましょう。すると犬は待てを覚えていないため、人についてきます。そこで、犬のリードを一瞬だけ引っ張ってすぐに緩めます。それをチェックと言います。このチェックの強さは、犬の大きさによって変えます。チワワ等の小型犬であれば、少しリードを引っ張るだけで大丈夫ですし、レトリバー等の大型犬であれば、思い切りチェックをしたほうが良いです。チェックをしたらすぐに犬を元いた場所に強制的に戻します。そしてまた、「待て」のコマンドを言いましょう。そしてまた一歩離れ、犬が3秒程たっても動かなかった場合、思い切り褒めてあげましょう。基本的に待ての教え方はこれで終わりです。これをひたすら繰り返し、離れる距離や時間を伸ばしていき、待てのレベルアップをさせましょう。待ての教え方は、簡単ですが奥が深いです。犬がストレスのかかる教え方ですので、褒めるときは、思い切り犬と楽しみながら褒めてあげましょう。

少しでも動いたらだめ

待てのコマンドを言ってからは、犬は基本的に1歩も動いてはいけません。1歩でも動いたらチェックをし、元いた場所に戻しましょう。待てのルールを人もやぶってはいけません。しつけ中の犬に甘くすると、犬と人との信頼関係も壊れてしまいます。待ての教え方で大事なことは、犬がキョロキョロしようが何をしようが、そこから少しも動かないという教え方が一番なのです。

待てが出来るようになってから

周りに何もない場所でしっかりと犬が待てるようになったら、次のレベルの教え方に行ってみましょう。家族や他の人に手伝ってもらい、「待て」のコマンドを言ったあと、コマンドを言っていない人が、遠くで楽しそうに遊んでみたり、犬の名前を呼んだりしてみましょう。それで犬がそこに向かってしまったら、先ほど同様、チェックをし、犬を元に戻します。それを繰り返すことで、犬は人に迷惑のかけない「待て」のコマンドでひたすら待つ犬になることでしょう。「待て」のコマンドは、大きな声ではっきりと言うようにするのが良いです。以上が、待ての教え方になります。教え方のコツをつかめば、どんな犬でもしっかりと待つようになりますよ。

待てで一切待てない犬は

「待て」が一切できず、すぐに走って逃げてしまうような犬は、長いリード、ロングリードを使用しましょう。このリードは10m程のほうが、犬が逃げることは少ないです。市販でなかなかロングリードが見つからない人は、頑丈なヒモで自作も出来ます。

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連するキーワード

関連する記事

このまとめのキュレーター

でりっく

元ドッグトレーナーですので、しつけに関しての記事を中心に作成していきます。

「芸・コマンドのしつけ」のキーワード

「芸・コマンドのしつけ」に関するキーワード