犬のコマンド『待て』の教え方を詳しく解説!

犬のコマンド『待て』の教え方を詳しく解説!

1648

犬のしつけの中でもとても大事な「待て」。愛犬は待てのコマンドから何秒くらい待てますか?待てに自信がある飼い主でも、遠くで他の犬が楽しそうにしていたら、待てのコマンドも忘れ突っ走ってしまいます。そうならないために、「待て」の正しい教え方を伝授します!

1648 |

「待て」の教え方の手順

www.flickr.com

リードとチョークチェーンを用意する

「待て」は一番大事なしつけであり、何よりも服従訓練としてなくてはならないものです。

そのため、普段散歩をしているときに、首が苦しくならないよう、胴輪等を使用している人は、待てのしつけを行う際は、引っ張ると首元が締まる「チョークチェーン」を用意しましょう。

また、それに伴い、もちろんリードも用意する必要があります。

それでは本題の、待ての教え方をご説明いたします。

「座れ」→「待て」の二重コマンドに気をつける

よく見るのが、「座れ」と犬を座らせて、その後「待て」という人です。

これは、座れと待ての二重コマンドになり、犬からしたら「座る」メリットがわかりません。

というのも、犬は基本的に飼い主に褒められるために、言うことを聞いているので、「座れ」と言われて座ったのにも関わらず、一切褒められずに「待て」と言われると、のちのち座れのコマンドから座らなくなってしまいます。

そのため、「待て」の教え方としては、「座れ、よーしそうそう、待て」と、一度座ったことに対して褒めてあげましょう。

「待て」は厳しく!

Young dog sitting

Ann Taylor/shutterstock.com

待ては、犬が他の人や犬に迷惑をかけないために、絶対に覚えておきたいしつけです。

そのため、待てのコマンドを言ってから犬が動くことは許されません。

どんなことがあっても待てるように教え方をしましょう。

待ての基本的な教え方として、まず、犬を座らせるか伏せさせてから、「待て」と言います。

そしてまず一歩遠くに行ってみましょう。

すると犬は待てを覚えていないため、人についてきます。

そこで、犬のリードを一瞬だけ引っ張ってすぐに緩めます。それをチェックと言います。

このチェックの強さは、犬の大きさによって変えます。

チワワ等の小型犬であれば、少しリードを引っ張るだけで大丈夫ですし、レトリバー等の大型犬であれば、思い切りチェックをしたほうが良いです。

チェックをしたらすぐに犬を元いた場所に強制的に戻します。そしてまた、「待て」のコマンドを言いましょう。

そしてまた一歩離れ、犬が3秒程たっても動かなかった場合、思い切り褒めてあげましょう。

基本的に待ての教え方はこれで終わりです。

これをひたすら繰り返し、離れる距離や時間を伸ばしていき、待てのレベルアップをさせましょう。

待ての教え方は、簡単ですが奥が深いです。

犬がストレスのかかる教え方ですので、褒めるときは、思い切り犬と楽しみながら褒めてあげましょう。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー