カーリーコーテッドレトリバーってどんな犬?性格や特徴から飼い方まで解説!

カーリーコーテッドレトリバーってどんな犬?性格や特徴から飼い方まで解説!

5098
update
posted2016/08/27

カーリーコーテッドレトリバーは、鳥打ち猟の中でも特殊な技能が要求される回収(レトリーブ)が得意な性格の犬です。 ちりちりパーマの被毛が特徴で、ちょっと目は怖そうですが、しつけやすく穏やかな犬です。 飼い方次第では室内でも大丈夫ですが、散歩などの運動は必要です。 そんなカーリーについて解説します.

5098
update
posted2016/08/27

カーリーコーテッドレトリバーの特徴

www.flickr.com

カーリーと呼ばれるカーリーコーテッドレトリバーは、ガンドッグと呼ばれる鳥撃ち猟にお供をする犬です。

ガンドッグ(猟犬)には、その特徴を生かしていくつかの役割分担があります。

獲物となる鳥を見つけるポインティング・ブリード(セッターなど)、獲物を追い立てるフラッシング・ドッグ(スパニエルなど)、そして撃ち落とした鳥を回収(レトリーブ)するレトリバーです。

撃ち落とした鳥が落ちた場所を正確に把握して、回収するレトリバーは専門的な性格が特徴の犬です。

独特のスキルを生かしたうえで、主人の命令を理解してしつけられた通り行動できる性格が求められる高度専門職なのです。

専門職の性格が強いでレトリバーの中でも、さらに特殊な専門職がカーリーコーテッドレトリバーです。

18世紀に英国で狩猟犬として用いられていた犬をベースに、プードルなど水が得意な犬を交配させ、鴨猟など水際で撃ち落とした鳥の回収を仕事にする犬として作られました。

だから性格も水が好きで、濡れることを厭いません。

逆に飼い方として、泳ぎを推奨されることもあります。

カーリーコーテッドレトリバーの外見的特徴

鳥打ち猟の専門職カーリーコーテッドレトリバーの特徴は、ちりちりパーマのカーリーコートです。

レトリバーは高度専門職だけに、必要に応じて被毛に特徴のある近縁種がいます。

作られた初期には、被毛のカール具合からカーリー、ウェービー(波打った:現在のフラットコーテッドレトリバー)、スムースと区別されていました。

しかしカーリーコーテッドレトリバーは、その後人気となったラブラドールやゴールデンに押されて、ペットとしては少数派になりました。

カーリーコーテッドレトリバーの寿命・体型

特徴はやはりパンチパーマに大柄(オスは体高が64~69cm、メスは58~64cmが標準)なこと。

道で出逢ったら怖いかもしれません。

平均寿命は10年ほどですので大型の部類としては平均かと思いますが、犬としては5年ほど平均的に短命といえそうです。

カーリーコーテッドレトリバーの歴史

カーリーコーテッドテリア

otsphoto/stock.adobe.com

16世紀のイギリスでイングリッシュウォータースパニエルとセントジョーンズニューファウンドランドなどとの交配によって誕生したとされていますのが実際のところは定かではありません。

19世紀に入るとスタンダードプードルとの交配によってカーリーコーテッドレトリバーは完成しています。

その結果水にとても強く水中での作業が可能になる巻き毛になりました。

その後1960年になって、開催されたドッグショーでのお披露目が最初の公開になるようです。

ニュージーランドやオーストラリアの湿地帯での鴨の回収として活躍するようになります。

このカーリーコーテッドレトリバーはレトリバーの中でも最古の種とされています。

この記事が気に入ったらシェア♪
2 ヘッドスピン
通報

写真を一目見たとき、「ん?なんか毛がクルクル巻かれてるな」と思って、その数秒後にカーリーとついている名前に納得がいきました。クルンクルンとした毛が、まるで模様のように見えるのが不思議な感覚です。毛の質感はどんな風なのか興味あります。

2 名無しさん
通報

レトリバーの種類が多いのは知ってましたけど、カーリーコーテッドレトリバーは初耳です。それにイメージ画像を見てると、毛がすごいですね。こんな風になってる犬ってあんまり見たことないかもしれません。絡まらないのかな?

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー