猫を叱ると短く鳴くのはどういう意味?猫の気持ちを教えます。

猫を叱ると短く鳴くのはどういう意味?猫の気持ちを教えます。

3095
update

猫はいろんな感情を鳴き方で表現します。特に飼い主から叱られたときは短く鳴くことがあります。それにはどんな意味がありますか?またその他のときの猫の気持ちについても考えたいと思うます。猫を上手にしつけてよい子に育てる上でできることを検討してゆきます。

3095
update

猫が鳴くのはどんな時?

猫 鳴く

Stanimir G.Stoev/shutterstock.com

猫の鳴き声はニャーの一言だけではありません。実に様々な鳴き方をしますし、その時の状況や感情によってもバリエーションがあります。いくつかの種類を取り上げてみましょう。

ニャー、ニャオ、ニャーン

食べたい、遊びたい、甘えたい。何かを要求している鳴き声。

アオーン、ンニャー

発情中、自己アピール。

ゴロゴロ、グルグル(喉を鳴らす音)

リラックス状態、満足して安心している。

ウー、シャー

けんかや威嚇、警戒中。見知らぬ相手に対して距離をおこうとして鳴く

ミャーオ、マーオ

恐怖や苦痛の感情。極度のストレスやパニック状態。普段はほとんど耳にしないくらい低い鳴き方。

カカカッ、カチカチ

獲物を見つけたとき。高い声で鳴くときは、要求したり求愛などだれかに関心を向けてほしいという気持ちのケースが多く、逆に低い声で鳴くときは、怒りや恐怖など相手に対して警戒しているときの特徴

猫を叱ると短く鳴くのはなぜ?

猫を叱るときに、猫は短くて低い声で「ニャッ」と鳴くことがあります。

これは相手に対する不満な気持ちの表れなんです。 ですから、猫を叱るときに発する短く鳴く声は「なんかうっとうしいな」という気持ちがこもっていると考えられます。

でも目をそらしたり、グルーミングをしたり、伸びをしたりするなら、叱られたことに対して反省していることの表れです。そうすれば、しつけに対して受け入れたことの証拠ですので、それ以上叱るのはやめるようにしましょう。

しつけの効果を認めることができたと考えましょう。

同じように短く鳴く場合でも高い声なら、だれかに構ってもらいたいときや、おねだりしたい、また甘えたいという気持ちが表れます。 また面白いことに、短く鳴くとき、「やあ」と挨拶することもあるようです。

猫の気持ちについて

猫 鳴く

rukxstockphoto/shutterstock.com

猫は様々な鳴き方をします。また鳴き声のトーンも変化させて使い分けます。

もちろん猫にも個性があるので、違いはありますが、どんな気持ちで鳴いているのかよく観察するなら、違いを聞き分けることができるようになります。 猫の年齢や種類、また性格によって鳴き方による気持ちの表現方法が変わることもあります。

ただし、あまりにも頻繁にしつこいぐらい鳴く場合は、病気やストレス、また体調不良を訴えようとしていることもあります。 健康面で問題がある場合はいち早く察してあげて、動物病院で診察を受けるなど適切な措置を講じるようにしてください。

明け方や夕方に鳴く場合は、昼間や猫が眠る直前に目いっぱい遊んであげることが重要です。

外へ出ることを願って鳴く場合は、遮音カーテンや防音壁で防音対策をしっかり行います。

発情期のストレスで鳴き続けるのなら、避妊・去勢手術をすることで抑えることができます。

ご褒美を期待して鳴き続けるのなら、それを与えても解決になりません。 毅然とした態度で接します。無理な要求には応じないが、他に猫が喜ぶことをしてあげることができます。

どの猫もほとんどは甘え上手、おねだりも上手です。 ただ気持ちを満足させようと、甘えるたびに願いを聞き届けるようでは、猫のしつけになりません。

叱り飛ばすことはしませんが、一貫した仕方でしつけるなら、従順な可愛い猫として成長します。甘やかしすぎないようにしましょう。

普段はクールな表情をしている猫でも喜怒哀楽の気持ちをはっきり表に出します。

鳴くときの声には様々な種類があり、さらにトーンで気持ちを表現します。

叱るときの反応や様々な状況で猫がどんな鳴き方をしているのか聞き分けることができるなら、上手にコミュニケーションをとることができるようになります。

しつけや世話をして、猫の気持ちをよく分かってあげられるようになれるといいですね。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (11件)
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

11 名無しさん
通報

注意した後に短く鳴いてるのは、わかりましたっていう意味じゃなかったんですね。てっきりそう思っていたんですけどね。これは不満の気持ちを表してるそうで、今後は注意の仕方を変えた方が良いのかもしれないですね。

10 涼しみに
通報

目をそらすのは反省の表れなんだねぇ、ちゃんとりかして反省してくれてるなら、それ以上に怒ったりはしたらいけないね。逆効果になってしまうだけ。どういう行動のとき、どういう意味があるのかを知っておいたらいいですよね。

9 名無しさん
通報

うっとしいの表れか。猫も叱られるの嫌だよね。人間が親に叱られて、うっとしいとか、しつこいとか感じるけど、まさに猫もそんな感覚でいるのかも。うっとしいと感じる時は、私も含めて、反省はしてないよね。

8 前髪―ず
通報

確かに言われてみれば甘える時には「にゃぁぁぁん」って鳴くけど、自分が構われたくないときに触ると「にゃっ!」って短いかも。あれは「嫌だよ」とか「やめて!」とかって意味だったのか。この記事を見るまで猫の鳴き声の違いなんてあまり深く考えたことなかったな~。

8 ビオラ
通報

短く鳴いたら、うっとおしいと思われてる証拠、笑ってしまいました。なんか理由はあるんだろうと思ってはいたけれど、そういう意味が込められていたのか。そりゃ、叱られたら私も嫌な気持ちになるから、猫のその気持ちはわからなくもないな。

6
通報

ニャッと短く鳴くのは「反省をしているんだよ」と伝えたいのかなって思ってたんです。でも、そうじゃなくて不満の気持ちを表していたんですね。私が思っていたのとはちょっと違っていて驚いちゃいました。猫は気持ちを表に出してくれる生き物だとは知りませんでした。猫が思っていること、伝えたいことを理解出来る人間になりたいと強く思いました。

5 トーク
通報

怒ると不満から「にゃ」っとなくなんて、かわいいな。せめてもの抵抗ってかんじですね。文句があるけど〜みたいな。今度からその鳴き方聞いたら笑ってしまいそうです。

4 うはは
通報

猫の鳴き声は何となくの雰囲気でわかりますよね。短くなくってのは聞いてるほうもちょっとイラっとくることがあるので、分かりやすいです。怒ってるのに「にゃ」はねーだろ!って感じですよ。結局のところ、猫っていうのは飼い主のことを信頼しているようで、そうでないようなところがあるんですよね。

3 名無しさん
通報

鳴き声の長さやトーンや頻度によってさまざまな感情をくみ取ってあげることができるんですね。毎日のことなので、よく注意を払って聞いてみたいと思います。それにしても叱られた後に、グルーミングをしたり伸びをしたりすることが反省の表われのようですが、その動作だとこっちは本当に反省しているのかなと思ってしまいますね。

2 うめ
通報

鳴き声で気持ちを判断するってぐらいになれたら嬉しいですね。コミュニケーションが取れている感じでかっこいいです。短い鳴き声がうっとうしいと思われているなんてなめられているのかなと思いますが。しつけもしっかりして、メリハリをつけてあげたいと思います。

1 十割そば
通報

猫は鳴くことで意思表示をしているので、鳴き方が人間の言葉に当たるものですよね。こういう風に鳴いたらこういう気持ちなんだろうなというが分かれば、人間と猫がより良い関係を作っていくことに繋がると思いました。ちなみに、子猫と成猫では鳴き方に違いはありますか?

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー