【マルチーズの虫歯対策】歯磨きのしつけについて解説。

【マルチーズの虫歯対策】歯磨きのしつけについて解説。

1719
update
posted2016/08/30

マルチーズは歯磨きの必要があるのでしょうか?虫歯になるんですか?どのように歯磨きしたらよいのでしょうか?マルチーズの正しい歯磨きの方法や、歯磨きを嫌がらないようにするしつけ、また歯磨きの頻度などについて見てみましょう。

1719
update
posted2016/08/30

マルチーズに歯磨きは必要?

Close-up of a Maltese

Eric Isselee/shutterstock.com

犬は人間に比べて唾液の分泌量が少ないので、歯磨きをしないと歯垢がついて歯石となり、虫歯や歯周病、歯槽膿漏になってしまいます。

これらは口の中のトラブルだけでなく健康被害ももたらすので、マルチーズも定期的な歯磨きが必要です。

マルチーズの正しい歯磨きの仕方

Toothbrush isolated on white background.

Theeradech Sanin/shutterstock.com

マルチーズを含む犬は口の中を触られるのが大嫌いです。ですから正しい歯磨きの習慣は子犬のころからしつけていかないと、大きくなってからでは口に触ることさえできず、歯磨きできない犬になってしまいます。

しかし虫歯を含むお口トラブルの予防のためにもマルチーズが子犬のうちから歯磨きの良い習慣を身につけさせましょう。

なんでもしつけが大事です。ではどのように行うのでしょうか?

犬は口を触られることが嫌いなので、まずは口に触ることから慣れさせます。 口元を触って触る時間を長くしていきます。慣れてきたら今度は口に中を触っていきます。唇をめくって前歯や歯茎に触れます。徐々に奥歯にも手を伸ばしていきましょう。

こうして口元、歯や歯茎に触ることに慣れてきたら、今度はガーゼを使って歯をこすってみます。ガーゼや柔らかいタオルを指に巻いて、そっとこするようにしましょう。

これにも慣れてきたら、いよいよ歯ブラシの登場です。 歯ブラシは犬用の歯ブラシでも、人間の子供用の歯ブラシでも構いません。

最初は歯ブラシ自体に慣れさせましょう。匂いをかがせたり舐めさせたりします。慣れてきたらいよいよブラッシングです。優しい力で前歯から奥歯に向かってブラシを動かしていきます。慣れてきたら歯の裏側にも挑戦しましょう。

歯ブラシを使って歯磨きするときのブラシの動かし方のポイントは、基本45度の角度であてます。円を描くように磨くことで歯と歯茎が磨けます。小刻みに横にこすることで歯茎と歯肉溝が磨けます。

すべての行程で「褒める」ことを忘れないでください。

褒められることが大好きなマルチーズは、徐々に歯磨きを受け入れていくことでしょう。

この記事が気に入ったらシェア♪
1 名無しさん
通報

虫歯は嫌ですよね!!口臭の原因にもなるし。人間と同じで食事をしたら歯を磨いてあげないとダメです。うちの犬も最初、歯磨きの必要性が分からなかったのであまりしなかったら、口が凄く臭くなっちゃいました(汗)

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー