グレートスイスマウンテンドッグ ってどんな犬?性格と特徴から考えるしつけと飼い方のコツ

グレートスイスマウンテンドッグ ってどんな犬?性格と特徴から考えるしつけと飼い方のコツ

1709

グレートスイスマウンテンドッグは、スイス・マウンテン・ドッグの中で最も大きい犬種です。また、力も付く、体格の割に敏捷性も高い犬種です。今回は、グレートスイスマウンテンドッグの性格や特徴、飼い方やしつけのコツについて紹介していきたいと思います。

1709 |

グレートスイスマウンテンドッグはどんな犬?

great swiss mountain dog on the beach

otsphoto/shutterstock.com

グレートスイスマウンテンドッグは、スイス生まれの使役犬です。ヨーロッパではグローサー・シュバイツァー・ゼネフントの名前で知られます。

体重:59~62㎏、体高:59~71㎝で大型犬に分類される大型犬です。 被毛のカラーは、ブラック、ブラウン、ホワイトのトライカラーで、平均寿命が10~12歳で大型犬としては平均的な寿命ですね。

スイス最古のマウンテン・ドッグで、紀元前1世紀にローマ人に持ち込まれた犬が祖先犬とされています。また、その何世紀も前にフェニキア人の商人によって大型のマスチフ・タイプの犬と土着犬との交配によって作出されたという説もあります。

どちらの説でも他国からスイスに持ち込まれた犬がベースとなっています。 もともとは牧畜犬として活躍していましたが、力が強かったために荷車を引くようになりました。

ただ、車や機関輸送が波及した事とセント・バーナードの人気が高まった事で人気が低下し、20世紀初頭にはほとんどが絶滅したとされました。

しかし愛好家の尽力によって絶滅を逃れ、1910年には公認を得て、1939年にはFCIにも行にされました。

グレートスイスマウンテンドッグの性格と特徴

グレートスイスマウンテンドッグの性格

グレートスイスマウンテンドッグの性格は、優しい性格と深い愛情を持ち、家族を守ろうとする性格をしています。 特に子供を守ろうとする特徴を持つので、子供と一緒にする飼い方をしても飼い主や家族としても安心できる犬です。 ただ、少し縄張り意識が強く、警戒心が強い性格をしている為に番犬としても優秀な犬ですが、コンパニオン・ドッグとして飼育する飼い方をする場合にはしつけが必要です。

グレートスイスマウンテンドッグの特徴

大きな体格と鮮やかなトライカラー、密生したスムース・コートが特徴的な犬です。 被毛は、防寒性が高い特徴があるダブル・コートですが、抜け毛は問題なる事はほとんどないという特徴もあるので、室内でも飼育しやすいです。 スイス・マウンテン・ドッグ最大の犬種で、力も強く、敏捷性も高いという特徴からばんえい競走用に訓練する事もできるという特徴がある犬です。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー