ポメラニアンの耳掃除。やり方や頻度について解説

ポメラニアンの耳掃除。やり方や頻度について解説

1764
update

ポメラニアンの耳掃除で苦労していることはありませんか?体が小さく寒冷地出身のために耳はさらに小さく被毛の量も多いです。以外にも見逃しがちで気づいたら耳垢でべたべたなんてことも…。今回は小さい体でもきちんと押さえられる保定のやり方や頻度についてもご紹介します。

1764
update

ポメラニアンの耳掃除の頻度

Studio shot of an adorable Pomeranian dog standing on white background.

Csanad Kiss/shutterstock.com

ポメラニアンの耳は立耳ですが、被毛の密度が高いため通気性が良いとは言えません。

そのため耳掃除の頻度は1週間に1度の頻度で、毎日耳のチェックを行いましょう。

寒冷地の犬種のために耳の中にも毛が生えやすくこまめなケアが必要です。

耳毛はトリミングなどをした際にトリマーさんが整えてくれたりします。

耳の汚れる頻度が多ければ耳のトラブルを疑いましょう。 耳のトラブルとして多い症状は、外耳炎やダニの寄生などです。

耳が汚れるペースは個体差がありますが、掃除のやりすぎは逆に炎症を引き起こしてしまうので、様子を見ながらその犬にあった頻度にしましょう。

適切な頻度で耳掃除をしていても耳のトラブルは起こります。 大量の耳垢など耳の異常に気が付いたら、動物病院で診察を受けましょう。

ポメラニアンの耳掃除の準備

ポメラニアンの耳掃除をするときはポメラニアンが暴れないように気を付けましょう。

耳は犬にとって大事な器官です。 触られることを嫌がられては安全に耳掃除をすることができません。 普段からコミュニケーションの一環として耳を触らせることに慣れさせましょう。

いきなりつかんで中を覗くようなやり方はせずに、頭をなでる延長として耳をマッサージするように触れるやり方をしましょう。

耳掃除の道具

・イヤーローション イヤーローションなどの犬用の耳掃除用品はペットショップや動物病院で取り扱っています。 耳の治療をしている場合は獣医師に指示されたやり方で処方された薬を使いましょう。

・コットン 清潔なものを用意しましょう。

・人手 暴れるようであれば一人では行わず、必ず押さえる人と掃除する人に分かれて行いましょう。 一人で無理をするやり方は怪我をさせてしまうことがあります。 難しいようならトリミングや動物病院でお願いしましょう。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー