シーリハムテリアは抜け毛が多い?日頃のケアや抜け毛対策を解説!

シーリハムテリアは抜け毛が多い?日頃のケアや抜け毛対策を解説!

1697
update

シーリハムテリアは抜け毛が多いのでしょうか?飼う際に特別なケアや対策が必要なのでしょうか?詳しく調べてみましょう。

1697
update

シーリハムテリアの抜け毛は多い?

Sealyham Terrier on white background

Linn Currie/shutterstock.com

シーリハムテリアはテリア種の中でも長毛が特徴の犬種です。 コンテストでもその毛並みが注目されて活躍しています。 ですが実際に飼うとなると、あの毛並みゆえに抜け毛問題が気になりますよね。 スコティッシュテリアは抜け毛が多い犬種なのでしょうか?その対策、ケア方法とは?

シーリハムテリアはダブルコートの犬種です。 ダブルコートの犬はアンダーコートとオーバーコートの二種類の被毛を持ちます。 皮膚から生えている部分はアンダーコートが生え、柔らかい毛が密集していて体温を保持する機能を果たしています。 そしてオーバーコートは硬く針金状で、外からの刺激や寒さから体を守るはたらきをします。 この二種類の毛を持つことで、体を守りながら厳しい寒さに耐えることができるのです。 温度変化に耐えることもできるので、環境の変化に対応することができます。

シーリハムテリアのオーバーコートは針金状の硬い毛質をしています。 そのため、他の犬種よりも特別なブラッシングケアを必要としています。

シーリハムテリアの抜け毛ケア

シーリハムテリアの抜け毛対策としては、週に2,3回のブラッシングケアが不可欠です。 そして3ヶ月に一回はプロのトリミングが必要でしょう。

トリミングになかなかいけない場合は、お家で犬用のバリカンなどを使ってムダ毛を取り除いてあげましょう。 犬用のはさみを使って毛をすいてあげても良いでしょう。 ただし素人のはさみやバリカン使いには危険が伴いますので、十分に練習してからカットにとりかかりましょう。

ワイヤーコートの犬にブラッシングをするときには、ラバーブラシとコームをしようすると良いでしょう。 ラバーブラシでまず全身を軽くブラッシングしましょう。 この時点で、むだ毛や抜け毛がかなり抜けます。

ラバーブラシで抜け毛を取った後に、コームを使って毛の中でからまっている抜け毛を取りましょう。 この二種類のブラシを使うことで、効率的に抜け毛を取り除き風通しのよい状態にすることができます。

ワイヤーコートのシーハムテリアの場合、アンダーコートの毛が柔らかく密集しているために、そこにムダ毛がからまってしまっている可能性があります。 むだ毛がからまってしまっている状態ですと、蒸れの原因になり、風通しも悪くなります。

皮膚病はアレルギーなどだけではなく、細菌の繁殖やカビによっても生じます。 風通しが悪くフケなどもたまりやすい状態では、健康な皮膚や被毛は保てません。 抜け毛を防ぐために、また健康な皮膚を守るためには抜け毛ケアが不可欠です。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー