犬の檻はストレスなの!?ケージに入れるメリットとデメリットを解説!

犬の檻はストレスなの!?ケージに入れるメリットとデメリットを解説!

3876
update

犬は本来野山を駆け回っていた動物?自由奔放な犬を檻に入れる場合のメリットデメリットは? ゲージに入れたらストレスってたまるんでしょうでしょうか?そんな飼い主さんの疑問にお答えします。  どうしたらちゃんと入ってくれるか、あるいはこんな時は入れちゃダメ!といったこともこれを見たら安心です。

3876
update

ケージが必要なのはなぜ?

Dog in cage. Isolated background. Happy labrador lies in an iron box

Parilov/shutterstock.com

理由は様々ですが、最もハッキリしているのは、事故を未然に防ぐということです。

例えば、秋田犬、ジャーマン・シェパードなどは、大型の犬ですし力も強く凶暴な性格も合わせ持っています。

そのため特定の県では条例で例え野外での飼育だとしても、檻の中で管理するように定められています。

これの他に、グレート・ハウンド、セント・バーナードなどは、そもそも丈夫な鎖も切るほどの怪力なので、単に鎖で繋げるだけの飼育環境にさせておく以上の対処が必要です。

つまり頑丈な檻の中で飼育できなければ飼うべきではないといえるでしょう。

ここでいう頑丈な檻とはどれほどのものでしょうか。

こうした犬種に使用するケージは簡単に組み立てることのできる折り畳み式のものではあまり意味がないでしょうね。

簡単にこわされてしまうことになります。

それでゲージの四面は天井と床面の上下にしっかりと固定された頑丈な檻にする必要があるでしょう。

そして頑丈な檻にするだけでなく大型犬が無理なく入ることができるスペースも十分に取らなければなりません。

そのような檻を準備するとなると大きさはかなりのものになりますのでそれ相応の重量があることになります。

そうなると檻は簡単に動かすことはできませんので、最初から屋外でも日照や雨、北風に当たらない場所に設置するといった配慮が必要になります。

できれば軒下でも屋根が大きい場所を選び、なおかつ静かな場所を選んで設置しましょう。

そうすれば朝日から夕陽までの一日の太陽の動きの中で常に日陰に入ることができますし、雨風もしのげるので犬にとっても安心できる避難所になるはずです。

もし屋外で飼育することが現実的に難しく、屋内での飼育にすることにしたとしても、例えばアラスカン・マラミュートなどの大型犬種は、どうしても部屋の中で飼うと家具を倒したり、子供を誤って突き飛ばしたりするのでゲージに入れずに飼育するのは大変危険です。

そのため、飼っているご家庭で飼い主さんが不在が多くなる場合や、一時でも不在にするときなどのときは、きちんと頑丈なケージを用意し、その中へ入れてあげるのがよいでしょう。

そうすることで犬にとっても自分の居場所の中で飼い主を待つことができますし、家族にとっても突然襲われたり家の中のものをイタズラされて壊される心配もありませんから安心することができます。

この記事が気に入ったらシェア♪
16 一つだけ
通報

ケージに入れられること自体より、暇なことがストレスになるなら、暇にならないようにしてあげないとですね。人間も、暇なのは辛いですもんね。することが何もなくてぼーっと。これが長く続くとストレスになるのは想像がつくので、おもちゃを入れておいて、退屈させないようにしたいです。

15 名無しさん
通報

ケージに入れるのがダメというのではなく、ケージの使い方ということですね。トレーニングをして、犬自らがケージに入ってくれるようになれば、ストレスにもならずに済みそう。無理やり入れようとするからストレスになるんだよ。

15 優奈
通報

犬を飼育していない人はケージに入れるのは可哀想って思うみたいですね。確かに24時間狭いケージに閉じ込めて散歩に行く時だけ出すっていうなら可哀想だなって思うけど、そういう使い方しないでしょ、普通。寝る時だけどか外出時だけとかだよね。

13 しょうが
通報

犬を飼ったらケージが必要なのは前々から把握してたんですけど、なぜ必要なのかまでは知らなかったです。だから、今回すごい学ぶことが多くて、充実した内容の記事で良かったです〜。犬を飼う前にこういうことは頭に入れとかないと!

12 シロ
通報

犬を飼っている方の特集を見たことがあり、その時、犬用のケージの中に水入れを置いていました。ですが、それは本来好ましいことではないのですね。水入れを置いているのをよく目にしていたせいか、そういうものだとばかり思っていました。正しい知識が得られました。

11 スシ
通報

デメリットとメリットの両方を知れたのでよかったです。でも、3枚目の写真の子がすごい不満そうな顔してて、思わず笑ってしまった!!ケージ嫌なのね。

10 技術革新
通報

走り回ることが大好きなワンちゃんにとって、ケージは嫌なものという印象を勝手に抱いていましたが、そうではなくて暇なことが嫌なんですね。退屈は辛いものがあるので、ケージの中で暇を持て余さないように、充実した空間を提供しなくちゃと思っています。

9 ページ
通報

1人で留守番しなきゃいけない状況が多くある今は、やはりケージが必要かな〜と考えます。いたずらにしたり、何かを誤飲したり、地震の時とかいろいろ心配なことありますし…。ケージの使い方は賛否両論あると思うけど、飼い主さんが愛情を込めて考えたなら、だれも文句は言えないのではないかな?

8 ABC
通報

ケージで犬を飼うのは普通のことだと思ってました、放し飼いにはできませんし外飼いでも部屋飼いでもケージがないと犬の家が定まりませんよね。家の中をウロウロさせる育て方をする人もいますけど、あれじゃ人間と犬の空間が被ってしまうんじゃないかなって思ってました。

7 森林
通報

犬にとって、ケージ=嫌なスペースとならない様、快適な空間を作ってあげるのが大事なんですね。ケージの中が快適な場所なら、ケージに入っていても不満に感じることがないですよね。トレーニングを行うのも実践してみたいと思いました。

6 NANA
通報

メリットとデメリットの両方がゲージにあるとは知りませんでした。この点を考慮して必要か必要でないか決めることができますね。

5 トン
通報

難しいですね〜…小さい頃から慣れさせておけば大丈夫かもしれないけど、大人になって急にはストレスでしょうね。ケージのデメリットとメリットを知れたのでよかったです。ワンちゃんそれぞれの個性に合わせて決めていく必要がありますね〜。

4 ガウチョー
通報

ケージの中でする事がなく暇だからストレスになるんですね。窮屈で自由に動き回れない事が犬にとってストレスになると考えていたので驚きです。暇にさせないように、犬の好きなおもちゃを置くなどすれば、ケージをストレスに感じなくなるんですね。ケージを使わなければならない時も出てくると思うので、知る事ができてよかったです。

3 TAKA
通報

犬を飼おうと思っているのですが、やっぱりゲージは必須ですね。普段は室内で放し飼いにする予定ですが、外出するときや夜間などには犬の寝室として利用するつもりです。購入するゲージはL字のものが良いのでしょうか?トイレは別にするというのは知らなかったので、これは取り入れようと思っています。

2 名無しさん
通報

ゲージにはメリットとデメリットがあるんですね。記事にもあったように、デメリットのことを考えがちになってしまいます。檻に入れると、窮屈でストレスが溜まってしまうのではないかと。でもメリハリをつけて入れたり、出してあげたりすることが大切ですね。犬の為にも檻を買って、檻に入ることを習慣づけられるようトレーニングしたいと思います。

1 名無しさん
通報

ゲージに入れるとストレスを感じてしまうのかなって今まで思ってましたが、状況によっては、ゲージに入れてあげていた方が、犬にとって安心して過ごせる場所になるんですね。愛犬がどんな時にストレスを感じてしまうのかをよく考えて、穏やかにリラックスして毎日を過ごして行けれるように、飼い主としても気をつけなきゃいけないですね。。。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー