アカナのキャットフードの全種類まとめ、詳しく紹介

アカナというブランドのキャットフードがあります。こちらの商品はカナダで作られており、それが日本に入ってきてインターネットなどを通して販売されているものもあります。このアカナはどのような商品なのでしょうか。

update
6235
シェアする
返信する
シェアする
返信する
名無しさん
2018/06/02

アカナというブランドのキャットフードがあります。こちらの商品はカナダで作られており、それが日本に入ってきてインターネットなどを通して販売されているものもあります。このアカナはどのような商品なのでしょうか。

カナダにある会社で作られているキャットフード

キャットフード

undefined/shutterstock.com

今では世界のどこで作られていても、海外製のキャットフードが日本で手に入るようになってきました。

日本の会社が取引をして日本で販売している会社もあれば、日本に支店を持っていてそこで販売を手掛けている会社もあります。

以前は海外で作られているペットフードに不安を感じている方も多くいらっしゃいましたが、今は違っているようです。

ペットの歴史は海外の方が長く、ペットフードについても進歩している点もあります。

よく研究がなされて、猫に一番合ったキャットフードになるように材料が配合されて作られています。

その中にアカナというブランドのキャットフードがあります。

こちらの商品はカナダで作られており、それが日本に入ってきてインターネットなどを通して販売されているものもあります。

このアカナはどのような商品なのでしょうか。

ブランドチャンピオンペットフーズ社のアカナ商品

アカナのペットフードはカナダで作られています。

そのこだわりは目を見張るものがあります。

こだわりの一つに地元でとれる新鮮な原材料をふんだんに用いているという点が挙げられます。

カナダでとれる新鮮なタンパク質をペットたちが摂取することができるのです。

ほかのキャットフードでも、動物性たんぱく質が沢山とれるものはあるのでは?と考えられたかもしれません。

アカナでのこだわりはただ単に動物性たんぱく質を多くするという点ではありません。

一種類のタンパク質源を原材料に沢山含めるのではなく、様々なバラエティ豊かな肉や魚を用いて原材料に含めている点が挙げられます。

放し飼いに飼われている鶏肉を用いたり、その鳥が産み落とした新鮮な卵を用いることなどが挙げられます。

また、魚も天然魚が用いられているのです。

その中には、ニシンやカレイ、メバル、イワシ、サーモンなど様々な種類の魚が用いられているのです。

これだけの種類があるとペットたちは味に変化をつけることができるので、飽きずに毎日食べることができます。

そしてこれらはすべて地元産のものばかりを使用しているのです。

安心できる地元の人たちから購入して、原材料に用いています。

それら原材料はすべて人間用の食材として認定されたものですので、その点でも安心できるといえます。

その上搬送される際には保存料が使われて運ばれる会社もあるようですが、アカナの商品にはそれは全く用いられていません。

保存料が使われいないということは、新鮮な状態でトラックに載せられ、新鮮な状態で加工工場に到着できるということなのです。

その点はブランドチャンピオンペットフーズ社のこだわりといえるのではないでしょうか。

ここまでの点でも最新の注意が払われているといえますが、その保存料が使われていない食材はすぐに新鮮な状態で加工されていきます。

あるペットフードメーカーの中には輸送されたり、貯蔵されたりするのを簡単にまた時間を短縮するために一定の塊ごとに冷凍するということがなされるそうです。

冷凍は一度だけでなく、冷凍したものを解凍しては、また冷凍するということを繰り返されている肉もあるようです。

また冷凍されている肉が放置され、数週間から数か月たった後に加工されるという例もあるようです。

家の冷凍庫の中でたまにいつ入れたか忘れてしまった肉の塊を見つけることがありますが、そのような肉は味が落ちてしまいスカスカで、また冷凍庫の匂いが染みついている場合もあります。

そういったものは食欲を落としてしまいます。

ペットフードに使われている肉は冷凍するだけでなく、もう一つは肉を乾燥させるということを行っている会社もあるようです。

乾燥肉はアカナも使用していますが、乾燥させた肉に水を加えて戻した状態のものを新鮮という表記をしてしまったり、生肉であるという表記をして販売しているペットフードがあるようです。

その点でこのアカナ商品は冷凍や解凍を繰り返した肉を使用していません。

また乾燥の肉を、生肉や新鮮肉と表記しておらず、はっきり乾燥肉として表記されているのです。

アカナの商品を手に取って、原材料の表記を見てみるとわかりますが、他の原材料でも細かい表記がされています。

肉にしても肉の種類としての表記だけでなく、手を加えられている乾燥などのものに関してはそういった表記がきちんとされているものとなっています。

成分についても細かい表記がされていますので、良い肉や魚が使われていることもはっきりと理解することができます。

こだわっているのは肉や魚だけでなく、フルーツや野菜も原材料として使用しています。

地元の農場や果樹園でとれる新鮮な食材を購入して加工しています。

新鮮なフルーツには動物たちに必要なビタミン類や身体を保護するための栄養素が沢山含まれています。

また新鮮な野菜には体内の中で健康的に消化を促すためのサポートをする役目を果たします。

フルーツや野菜は鮮度を保ったまま、こちらも保存料を使用されず運ばれてきます。

太陽の光をたっぷり浴びて栄養が沢山詰まった原材料は、天然の抗酸化作用を持っているものもあります。

その原材料を含めることによってキャットフードの酸化を防ぐことができます。

天然ですから、猫の身体に害を与えることはありません。

原材料以外のこだわりとして、他社に製造を任せていないという点もブランドチャンピオンペットフーズ社のこだわりです。

あるペットフード会社は、自社の工場を持っておらず、委託してペットフードを作ってもらうことが多いようです。

その分、工場や機械などの整備にかかる費用を抑えることもできるようですが、問題はほかに出てきます。

委託会社はいくつものペットフードを製造している場合がほどんどです。

その為、ほかの種類の原材料が混ざってしまう恐れがあるのです。

途中で混ざってしまっても気づかずに販売されてしまうこともあります。

そのようになってくると表示されている原材料だけではなくなってくるので、安心できないといえるかもしれません。

アカナの製品は、自社の工場で厳しいチェックを受けて製造されています。

沢山の愛情がこめられ、また細心の注意が払われて作られていますから、その点で安心できるといえるでしょう。

何より、このアカナ商品の製造過程の全工程で数々の賞を受けているのです。

これも一つの安心材料といえるでしょう。

販売されているキャットフードのラベルに販売者という表示や発売者という表記がある場合には製造は委託しているということが分かります。

実際にペットフードを自社で製造している場合には、生産者という表示や製造者という表示が記載され名前が記されています。

アカナの商品を見てもしっかりと自社で作られていることが分かりますので、是非手に取って確認することができるでしょう。

大きく分けて2つの目立ったこだわりについて見てみましたが、アカナのキャットフードはいくつの種類があるのでしょうか。

実際に細かく紹介いたします。

2 名無しさん
通報

うちはサイエンスヒルズを長く使っているけど、そんなに高品質なら試してみたいですね。急に餌を変えると嫌がるかな?試供品とか試してみたいなぁ。

1 名無しさん
通報

へ~アカナのフードってそんなに高品質なんだね、今度エサを買いに行く時チェックしてみるよ。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー