猫の爪切り。どこまで切るのが正解?出血した時の対処方法も解説

猫の飼い主が悩む、お手入れの一つに猫の爪切りがあります。どこまで切ったらいいのか分からなかったり、猫が暴れて困ったり・・・。今回は猫の爪きりや、誤って出血させてしまった場合の対処方法につついて説明します。

猫の爪切り。どこまで切るのが正解?出血した時の対処方法も解説

猫の爪切りに失敗!どうしよう


猫の爪切りに失敗!   猫のお手入れに慣れた飼い主さんでも、一度は失敗してしまったことがあるかもしれません。   飼い主が気をつけて爪切りしても、猫が暴れたりして手元が狂って深爪し、出血させてしまうことがあるのです。   また、爪切りの失敗で深爪させたり、出血させたりしてしまうことが怖くて、猫の爪切りに踏み出せない飼い主さんもいることでしょう。   どこまで切ったらいいのかはっきり分からず、不安を覚える飼い主さんもいます。   「そもそも猫の爪切りって必ず必要なのかな?爪とぎだけで十分なのでは?」と思うかもしれません。   外飼いの猫であれば、コンクリートの壁や木によじ登ったりと、爪を使う機会が多いので、つめきりの頻度は少なくても支障がありません。   ですが室内飼いの猫はどうしても爪を使う機会が少ないため、爪切りが必要なのです。

猫の爪 どこまで切って大丈夫?

猫の爪は、どこまで切るのが正解なのでしょうか。   猫の爪の構造について理解するなら、どこまで切るか分かりやすくなるでしょう。   猫の爪は、二層構造になっています。   外部は硬く鋭い構造になっており、内部には神経と血管が通ったクイックと呼ばれる部分があります。   切るときのポイントとしては、クイックよりも外側の尖っている部分を2mmほどカットします。   切るのは外部のみで、クイック部は絶対に切ってはいけません。   これでもうどこまで切ればよいのか、理解できましたね。

深爪して出血した場合は応急処置を!


注意して爪切りしていても、何らかの理由で手元が狂って深爪させてしまうことがあります。   深爪させてしまったときは、焦らずに応急処置を行いましょう。

爪の付け根と患部を押さえる

まず応急処置として、深爪して出血している患部を押さえましょう。   ガーゼやコットンで押さえるのが有効です。   猫が傷を舐めようとしたり、ガーゼを取り除こうとする場合には、エリザベスカラーの使用も有効です。  

市販の止血剤も

万が一のために、普段から止血剤を用意しておくことも安心です。   出血があまりにもひどい場合には、応急処置の方法の一つとして心強い存在ですね。

出血が止まらない場合は病院へ!

応急処置をしてもなかなか出血が止まらない場合、素人判断をせず獣医師の診断を受けましょう。   動物病院であれば、的確な治療を受けることが可能です。   また、傷口からの感染症を心配する必要もなくなるので、安心です。  

無理に爪を切らない

爪切りが嫌いな猫にとって、爪切りの時間はストレスです。   そんな爪切りでさらに痛い思いをすると、猫はさらに爪切りが嫌いになり抵抗するようになります。   一度にまとめて切ろうと無理をせずに、数本切れたらいいかなと気軽に構えるようにしましょう。   もし一度猫の爪切りで失敗してしまって不安を感じている場合は、自分で無理に切ろうとせずに、動物病院やペットサロンで爪切りをお願いする方法もあります。   動物のプロが対応してくれるので、深爪の心配もほとんどありません。   またスムーズに爪切りを行ってくれるので、猫の拘束時間の短縮にもつながります。   猫に与える負担の軽減を一番に考えて、お手入れ方法を選んであげてくださいね。  

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連するキーワード

関連する記事

このまとめのキュレーター

daigon

犬・ネコはもちろん動物全般が大好きです! 自身の経験や調べたことを中心に色々と発信していきます☆