猫の爪切り。どこまで切るのが正解?出血した時の対処方法も解説

猫の飼い主が悩む、お手入れの一つに猫の爪切りがあります。どこまで切ったらいいのか分からなかったり、猫が暴れて困ったり・・・。今回は猫の爪きりや、誤って出血させてしまった場合の対処方法につついて説明します。

猫の爪切り。どこまで切るのが正解?出血した時の対処方法も解説

猫の爪切りに失敗!どうしよう

猫の爪切りに失敗!

猫のお手入れに慣れた飼い主さんでも、一度は失敗してしまったことがあるかもしれません。

飼い主が気をつけて爪切りしても、猫が暴れたりして手元が狂って深爪し、出血させてしまうことがあるのです。

また、爪切りの失敗で深爪させたり、出血させたりしてしまうことが怖くて、猫の爪切りに踏み出せない飼い主さんもいることでしょう。

どこまで切ったらいいのかはっきり分からず、不安を覚える飼い主さんもいます。

「そもそも猫の爪切りって必ず必要なのかな?爪とぎだけで十分なのでは?」と思うかもしれません。

外飼いの猫であれば、コンクリートの壁や木によじ登ったりと、爪を使う機会が多いので、つめきりの頻度は少なくても支障がありません。

ですが室内飼いの猫はどうしても爪を使う機会が少ないため、爪切りが必要なのです。

猫の爪 どこまで切って大丈夫?

猫の爪は、どこまで切るのが正解なのでしょうか。

猫の爪の構造について理解するなら、どこまで切るか分かりやすくなるでしょう。

猫の爪は、二層構造になっています。

外部は硬く鋭い構造になっており、内部には神経と血管が通ったクイックと呼ばれる部分があります。

切るときのポイントとしては、クイックよりも外側の尖っている部分を2mmほどカットします。

切るのは外部のみで、クイック部は絶対に切ってはいけません。

これでもうどこまで切ればよいのか、理解できましたね。

深爪して出血した場合は応急処置を!

注意して爪切りしていても、何らかの理由で手元が狂って深爪させてしまうことがあります。

深爪させてしまったときは、焦らずに応急処置を行いましょう。

爪の付け根と患部を押さえる

まず応急処置として、深爪して出血している患部を押さえましょう。

ガーゼやコットンで押さえるのが有効です。

猫が傷を舐めようとしたり、ガーゼを取り除こうとする場合には、エリザベスカラーの使用も有効です。

市販の止血剤も

万が一のために、普段から止血剤を用意しておくことも安心です。

出血があまりにもひどい場合には、応急処置の方法の一つとして心強い存在ですね。

出血が止まらない場合は病院へ!

応急処置をしてもなかなか出血が止まらない場合、素人判断をせず獣医師の診断を受けましょう。

動物病院であれば、的確な治療を受けることが可能です。

また、傷口からの感染症を心配する必要もなくなるので、安心です。

無理に爪を切らない

爪切りが嫌いな猫にとって、爪切りの時間はストレスです。

そんな爪切りでさらに痛い思いをすると、猫はさらに爪切りが嫌いになり抵抗するようになります。

一度にまとめて切ろうと無理をせずに、数本切れたらいいかなと気軽に構えるようにしましょう。

もし一度猫の爪切りで失敗してしまって不安を感じている場合は、自分で無理に切ろうとせずに、動物病院やペットサロンで爪切りをお願いする方法もあります。

動物のプロが対応してくれるので、深爪の心配もほとんどありません。

またスムーズに爪切りを行ってくれるので、猫の拘束時間の短縮にもつながります。

猫に与える負担の軽減を一番に考えて、お手入れ方法を選んであげてくださいね。

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事のコメントを残す

関連するキーワード

関連する記事

    • 猫の爪切りの選び方。おすすめの商品もご紹介

    • 猫の爪切りの選び方。おすすめの商品もご紹介

      猫の爪が伸びていると家具を傷つけてしまうし、猫にとっても人にとっても危ないですよね。猫の爪を切るのに爪切りが必要ですが、使いやすい爪切りだと猫の爪切りもすんなりと終わります。猫の爪切りの選ぶ方からおすすめ商品までご紹介します。

      コメント

      爪切り嫌がるので困ってます~。うちはギロチンタイプを使っているけど、爪を切るために押さえつけるのが一番困りますね。いつも引っかき傷だらけになりながら切っていますよ。でも爪が伸びると何かしらにひっかかったりして猫が危ないんですよねぇ。

      2423
    • 子猫の爪切りはいつから?頻度や切り方についても解説

    • 子猫の爪切りはいつから?頻度や切り方についても解説

      大人の猫でも爪切りは大変なもの。生まれて間もない子猫も爪切りは必要です。ですがいつから切ってあげれば良いの?と悩む飼い主さんのために子猫の爪切りについて教えちゃいます!

      コメント

      生まれて間もない子猫でも爪切りが必要と聞くと、ちょっとドキッとしちゃいます。切りすぎないようにとか、血が出ないようにとか、あれこれ慎重に切らないといけないから、不安でこっちが心臓バクバクしてしまいますよ〜。でも、慣れていけば不安もなくなるかもしれないです。

      2507
    • 猫の深爪による出血の止血方法。深爪しない切り方も知ろう。

    • 猫の深爪による出血の止血方法。深爪しない切り方も知ろう。

      猫の爪を切ったことはありますか?今回は、猫の爪の切り方と、深爪した時の対処法、出血した時の止血方法をご紹介していきます。なかなか爪切りを好きな猫は居ないので、飼い主さんがコツをつかんで落ち着いて素早く行うことが大切です!

      1946
    • 【放置は危険】猫が巻き爪になる原因と適切な切り方は?治療費も知ろう。

    • 【放置は危険】猫が巻き爪になる原因と適切な切り方は?治療費も知ろう。

      猫も巻き爪になることがあります。その原因、放置すればどうなるかも知っておきましょう。爪の切り方についても解説していきますので、是非飼い主さんが爪切りをマスターしてあげてください。巻き爪になった時の治療費も参考にしてくださいね。

      コメント

      猫の巻き爪怖いですね!爪とぎは設置しているから、爪を切るのは時々だけど、もうちょっとこまめにチェックしてあげたほうがいいかもね。巻き爪になったら可哀想だし。犬と違って定期的にトリミングに行くわけじゃないし、飼い主が見ないとですね!

      1240
    • 生後3ヶ月の子猫の育て方:大きさ(平均体重)と餌の考え方

    • 生後3ヶ月の子猫の育て方:大きさ(平均体重)と餌の考え方

      子猫も生後3ヶ月になれば、人間でいうところの社会性が出てくる頃です。それであるがゆえに非常に微妙な時期でもあります。生後3ヶ月でしなければいけないこと、それと平均体重や餌についてなど、様々な角度でご紹介していきます。

      コメント

      生後3ヶ月ってちょうど子猫を引き取ってくるような時ですよね。一番大事な時期だからこそ間違いなく飼育しなくてはいけないと思います。これはとても役に立つ記事ですね。間違った飼育方法で飼われて不幸なことになる猫が減ってくれたらいいなぁ。

      1857
    • 自宅で簡単!猫のトリミング方法!自宅でできる方法を徹底解説。

    • 自宅で簡単!猫のトリミング方法!自宅でできる方法を徹底解説。

      トリミングをするのにお店に連れて行くのはかわいそうだし、高額。自宅でなんとかトリミングできないかしら。そう考えているあなた必見です。自宅でも簡単にできるトリミングの方法を部分別に徹底解説します。あなたも愛猫専門のトリマーになれるかも!

      コメント

      自宅で簡単!と書かれていたのですが、文章を読むだけなら確かに簡単そうです。でも、いざ自分でやってみるとなると、簡単とは言えないんじゃないのかなって思うんです。記事のようにスムーズに進行できるとも限らないですし、、。難しそう。

      1618
    • 【こんなことやっていませんか?】実はダメな猫のしつけ方法4つ!

    • 【こんなことやっていませんか?】実はダメな猫のしつけ方法4つ!

      猫は気まぐれな生き物と言われていますが、繰り返して行えば必ず覚える賢い動物でもあります。猫のしつけにはコツがあります。ですが、これだけはやってはいけないしつけ、効果のないダメなやり方があります。カワイイ猫に気に入られ、ちゃんとしつけられる方法を考えていきましょう。

      1601
    • 愛猫と一緒に寝たい♡一緒に寝る3つの方法を徹底解説♪

    • 愛猫と一緒に寝たい♡一緒に寝る3つの方法を徹底解説♪

      猫と一緒に寝るというシチュエーションは飼い主さんであれば一度は経験してみたいですよね。猫と一緒に寝るには、どんな環境をセッティングすれば良いのか、飼い主さんがしておくべきことなど3つの方法を解説します。

      1042
このまとめのキュレーター

daigon

犬・ネコはもちろん動物全般が大好きです! 自身の経験や調べたことを中心に色々と発信していきます☆

おすすめコンテンツ

猫の飼い方を知りたい!

あわせて読みたい

おすすめ情報をお届け!