猫の爪切り。どこまで切るのが正解?出血した時の対処方法も解説

猫の爪切り。どこまで切るのが正解?出血した時の対処方法も解説

1476

猫の飼い主が悩む、お手入れの一つに猫の爪切りがあります。どこまで切ったらいいのか分からなかったり、猫が暴れて困ったり・・・。今回は猫の爪きりや、誤って出血させてしまった場合の対処方法につついて説明します。

1476 |

猫の爪切りに失敗!どうしよう

猫 爪切り

www.flickr.com

猫の爪切りに失敗!

猫のお手入れに慣れた飼い主さんでも、一度は失敗してしまったことがあるかもしれません。

飼い主が気をつけて爪切りしても、猫が暴れたりして手元が狂って深爪し、出血させてしまうことがあるのです。

また、爪切りの失敗で深爪させたり、出血させたりしてしまうことが怖くて、猫の爪切りに踏み出せない飼い主さんもいることでしょう。

どこまで切ったらいいのかはっきり分からず、不安を覚える飼い主さんもいます。

「そもそも猫の爪切りって必ず必要なのかな?爪とぎだけで十分なのでは?」と思うかもしれません。

外飼いの猫であれば、コンクリートの壁や木によじ登ったりと、爪を使う機会が多いので、つめきりの頻度は少なくても支障がありません。

ですが室内飼いの猫はどうしても爪を使う機会が少ないため、爪切りが必要なのです。

猫の爪 どこまで切って大丈夫?

猫の爪は、どこまで切るのが正解なのでしょうか。

猫の爪の構造について理解するなら、どこまで切るか分かりやすくなるでしょう。

猫の爪は、二層構造になっています。

外部は硬く鋭い構造になっており、内部には神経と血管が通ったクイックと呼ばれる部分があります。

切るときのポイントとしては、クイックよりも外側の尖っている部分を2mmほどカットします。

切るのは外部のみで、クイック部は絶対に切ってはいけません。

これでもうどこまで切ればよいのか、理解できましたね。

この記事が気に入ったらシェア♪
2 クラシカル
通報

人の爪を代わりに切るのと、猫の爪を切るのとでは感覚が全然違うんだろうなとイメージしてます(私は猫の爪きりをしたことがないです)。ここまで切るっていう明確なラインとかなさそうだから、切りすぎちゃわないかって不安。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー