猫のキャリーバック。選び方について解説

猫のキャリーバック。選び方について解説

1832
update

猫を連れて移動するときに便利なアイテムの一つが「キャリーバッグ」です。ここでは猫のキャリーバッグを使用する理由や、サイズやデザインなどの正しい選び方、そしてキャリーバッグを嫌がる猫の正しい入れ方などについて見てみたいと思います。

1832
update

猫用キャリーバッグの選び方

猫 キャリーバッグ

www.flickr.com

猫用のキャリーバッグの選び方や入れ方について見ていきましょう。

猫をキャリーバッグに入れる時とは

猫をキャリーバッグに入れるときって、どんなときでしょうか?

予防接種や、怪我をした時など動物病院に連れて行くときなどがあるでしょう。

しかし病院で痛い思いをしたことがある猫は、キャリーバッグに対して嫌な思いがインプットされて嫌がるかもしれませんね。

他にも災害時の運搬手段として、キャリーバッグに入れることがあるかもしれません。

猫用キャリーバッグの選び方

では愛猫のためのキャリーバッグの選び方を見ていきましょう。

愛猫のサイズに合っていること

これは大前提ですが、愛猫の体型に遭ったものを選びましょう。

子猫の時期に買うならば、大きくなるのを見越して買うことができるかもしれませんね。

丈夫であること

そして丈夫なものを選びましょう。

猫が中で暴れてしまっても壊れないような丈夫なキャリーバッグが望ましいですね。

扉の開閉が楽であること

そして出入り口の開け閉めが楽なものが便利です。

できれば上部で開閉できると便利です。

底が丈夫であること

また底がしっかりしたものだといいですね。

底が柔らかいと、猫は落ち着きません。

猫用キャリーバッグは3種類

猫用のキャリーバッグには3種類あります。

プラスチックケース、布バッグ、カート式キャリーなどです。

プラスチックケースの特徴

プラスチック製のキャリーバッグのおすすめポイントは「丈夫、頑丈」ということです。

空輸の際にも使われるのがプラスチック製のキャリーケースです。 おしっこやうんちをしても掃除がしやすいのも、特徴です。

布バッグの特徴

布バッグのキャリーバッグのおすすめポイントは防水性が高く、柔らかい素材であることです。

柔らかい素材ということは、キャリーバッグが多少揺れても猫を傷つけにくいといえるでしょう。

しかし布製のため、おしっこやうんちの掃除はしにくいですね。

カート式キャリーの特徴

カート式のキャリーバッグのおすすめポイントは大きな猫や体重の重たい猫を運ぶのに便利です。

この記事が気に入ったらシェア♪
2 名無しさん
通報

結構外に猫を連れて行く機会が多いので、バック多用しています。バックの中でうんちやおしっこすることはないので(あまり長距離の移動ではないからか)布バックでも全然問題ないし、猫も柔らかい素材のほうが良いと思ってこれにしました。

1 名無しさん
通報

キャリーバッグを購入しようとおもっていたので、非常に参考になる記事でした。なるほどそういう部分に注意して購入すれば失敗しないで済むんですね。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー