愛猫とのお出かけにはリュックがおすすめ!猫用リュックのメリットデメリットとは?

愛猫とのお出かけにはリュックがおすすめ!猫用リュックのメリットデメリットとは?

3065
update

猫用のキャリーバッグにはいろいろなタイプがありますが、リュックタイプを好んで使っている飼い主は多くいます。リュックタイプにはいくつかのメリットがあります。今回は猫用リュックのメリットやデメリットについて考えてみましょう。おすすめの猫用リュックも紹介するので参考にしてくださいね。

3065
update

猫用リュックのメリット

リュックの中に入る猫

rospoint/shutterstock.com

猫とのお出かけで必要なのが猫用キャリーバッグです。犬のようにリードを着けて外に出すわけにはいきませんから、キャリーバッグは猫の飼い主にとって必需品ですよね。ちょっとしたお出かけから通院、災害時の移動など様々な場面でキャリーバッグが活躍します。

猫用のキャリーバッグにはいろいろなタイプがありますが、リュックタイプを好んで使っている飼い主は多くいます。リュックタイプにはいくつかのメリットがあります。今回は猫用リュックのメリットやデメリットについて考えてみましょう。おすすめの猫用リュックも紹介するので参考にしてくださいね。

飼い主の両手が自由に使える

猫用のキャリーバッグはいろいろなタイプがありますが、リュックタイプの最大のメリットは飼い主が両手を自由に使えるという点です。両手が自由に使えると、猫以外にもいろいろなものを持ち運ぶことができます。特に災害時の移動の場合は、両手が自由に使えると何かと便利でしょう。

雨の日のお出かけの際にも、両手が自由に使えると傘をさして移動するのが楽になります。道中にスマートフォンを使って調べ物をしたり、電話連絡をしたりするのもスムーズになります。さらに自転車で移動することすらできるのも、リュックタイプならではということができるでしょう。

多頭飼いをしている場合で複数の猫を一度に連れ出す必要がある場合は、リュックタイプを一つ用意しておくと便利です。両手が自由に使えれば、他のタイプのキャリーバッグを使ってひとりで運ぶことができます。

飼い主の肩への負担が減る

猫はそれほど重量のある動物ではありませんが、長時間の移動となると飼い主の肩にそれなりの負担がかかります。ハードタイプのキャリーバッグだと、丈夫なのはいいですがケースそのものに重量があるので飼い主は疲れてしまいますよね。ショルダータイプの場合も片側の肩に負担がかかるので、長距離移動には不向きです。

その点リュックタイプの場合、重さが両肩に分散されるので飼い主の肩への負担を軽減させることができます。長距離の移動の場合は特に負担の少なさを感じることでしょう。室内飼育がほとんどなのでお出かけする機会がそれほど多くありませんが、だからこそ肩に負担の少ないリュックタイプにメリットがあると言えます。

安定感があるので猫も安心

リュックを両肩にかけることによって、揺れを最小限に抑えて猫を運ぶことができます。移動中の揺れは猫にとってストレスになることがあります。安定感のある猫用リュックであれば猫も安心することでしょう。

車での移動であればいずれのタイプでも問題はありませんが、徒歩で長時間の移動をする場合は安定感のあるリュックタイプにメリットがあります。

猫用リュックのデメリット

リュックに入る猫

De Jongh Photography/shutterstock.com

メリットの多い猫用リュックですが、いくつかデメリットが見つかりましたのでお知らせします。猫の性格によっては考慮するべき必要があるので参考にしてくださいね。

背負うので猫の様子が見えない

メリットが多くて便利な猫用リュックですが、背負うために猫の様子が見えないことがデメリットになります。

移動中は猫がどうしているか気になってしまいますよね?様子の確認をするたびにリュックを下す必要があるので面倒です。お出かけの機会が少ない猫の場合は特に、移動中に不安を感じていないかどうか心配になってしまうものです。

猫の性格にもよりますが、飼い主の様子が見えないと不安になってしまう子もいます。どちらかと言うと猫よりも犬に多いですよね。中には犬っぽい猫もいるので、猫の性格を考慮する必要があるでしょう。

リュックを使っての移動の場合は、一定の時間を決めてこまめに猫の様子をチェックすることをおすすめしますね。

ぶつけてしまうことがある

人ごみの中や狭いスペースに入ったときにぶつけてしまうことがあるのもデメリットです。背負っていると特に、距離感を掴むのが難しいですよね。

振り返ったときに柱にぶつけてしまうと猫はビックリすることでしょう。両手が使えて自由になると飼い主も軽快に動きたい気持ちなることでしょう。しかし後ろに猫を背負っていることを忘れないでくださいね。

猫用リュックの選び方

ちょっと小さめ?

olgers/shutterstock.com

猫用リュックにもいろいろな製品があります。ここでは猫用リュックの選び方を解説します。いろいろなポイントがあるのでリュック選びの参考にしてくださいね。

丈夫な素材であること

大切な猫を運ぶものですから、丈夫な素材であることが最初のポイントになります。特に底の部分の素材を入念にチェックしましょう。

猫が乗ったときに歪んでしまうと居心地が悪くなります。素材が丈夫でしっかりしていると、リュックの底が歪むことなく猫が快適に過ごすことができます。不安定なリュックを使っていると猫はお出かけが嫌いになってしまうでしょう。

毎日使うものではないので、素材が丈夫でないといざという時に壊れてしまうことがあります。丈夫な素材を使っているとある程度の値段がするかもしれませんが、災害の時などに壊れてしまうと使い物になりませんよね。毎日使うものではないからこそ、丈夫な素材でしっかりとした作りのものを選びたいですね。

移動中に何かにぶつかっても大丈夫なように、ところどころにハードな素材を使用したものを選ぶといいでしょう。使用目的にもよりますが、移動中の猫の安全を第一に考えてくださいね。

猫のサイズに合っていること

基本的なことですが、猫用リュックには最大重量が表示されています。猫の体重を把握してサイズに合ったものを選ぶようにしてさい。ギリギリで選ぶと、猫の餌や水を一緒に運びたい時に重量オーバーになってしまいますよ。ある程度の余裕をもってちょうどいいサイズのものを選んでください。

猫は広いスペースを必要とするわけではありませんが、長時間の移動のことも考えてあまりにも窮屈にならないようにしたいですね。猫が体の向きを変えたりちょっと立ち上がったりできるといいでしょう。狭すぎず広すぎずのサイズのものを選ぶと猫の負担を軽くすることができますよ。

使い勝手がいいこと

シンプルな猫用リュックもありますが、中には便利なアイテムが付いているものもあります。使用目的にもよりますが、使い勝手がいいこともリュック選びのポイントにできるでしょう。

例えば、出入り口が上部だけでなく横にもあるリュックがあります。猫の性格によっては自分からリュックに入っていく子もいるでしょう。しかし、持ち上げて上からでないとリュックに入れられない子もいます。

好奇心の強い子には、外の様子が見やすい透明な窓の付いているものがおすすめです。しかし人にじろじろ見られるのが苦手な子もいるので、愛猫の性格に合わせて選ぶようにしましょう。

猫が飛び出してしまわないようにフックが付いているリュックもあります。外出先ではパニックになってしまう子もいるので、もしもに備えてフックを使用することも検討したいですよね。さらにリュックだけでなく、ケージにもなる多機能リュックもありますよ。使用目的によって使い勝手のいいリュックを選ぶと便利です。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー