冬の猫の留守番は注意!?暖房や布団を使った猫の防寒をしよう♪

冬の猫の留守番は注意!?暖房や布団を使った猫の防寒をしよう♪

1097
update

冬の寒さにはめっぽう弱い猫ですが、皆さんはどのような対策をしていますか? 特に留守番させる時、どのような防寒対策をするか迷う事も多いと思います。 暖房機器を使いますか?それともで布団を使いますか? 今回は、留守番させる時の防寒方法をご紹介します。

1097
update

子猫や老猫の留守番は特に注意!

www.flickr.com

子猫や老猫は、成猫に比べて寒さに対する抵抗力が少ないです。寒さにより免疫力が低下し、感染症に罹りやすくなったり、体調不良を起こしてしまいます。 また、布団だけだと寒すぎたり、暖房だと脱水を起こしやすくなります。 状況に応じて、布団に湯たんぽを入れたり、暖房機器を付ける時は水分を多く取れるよう工夫します。子猫や老猫を留守番させる時は、特に注意して冬の防寒対策をしてあげましょう。

猫の留守番に暖房機器を使う時の注意!?

girlschannel.net

冬の防寒対策で使う暖房と言えば、エアコン・こたつ・ヒーター・ホットカーペットなどがあります。 暖房機器のメリットは、どれも暖かさが持続し、温度調整や時間設定ができます。 しかしデメリットとして、猫が直接触れると火傷をする恐れがある物や、長時間接触していると低温火傷を起こす恐れがあります。これらを留守番中使用すると火傷を起こす可能性があります。また、長時間付けていると室内が乾燥し、脱水を起こしやすくなります。 暖房機器を使用する際は以下の事に注意しましょう。 ●ヒーターなどの猫が直接触れて火傷をするような暖房機器は、たとえ周りに囲いをしていても猫がいたずらする可能性があります。留守番させる時は辞めましょう。 ●老猫や子猫を飼育している家庭では、ホットカーペットなどは低温火傷しやすいので、留守番中の使用はおすすめできません。 ●エアコンを使用する時は、水分を十分に取れるようにして留守番させましょう。 また、高温で短時間設定するよりも、低温(約20℃~23℃)で長時間設定にする方が室温に大きな変化がなく体に負担がかかりにくいです。老猫や子猫などの寒さに弱い猫の場合は、エアコンと布団の両方で防寒対策をしてあげると良いです。

布団や毛布で猫の防寒対策!

www.finderviews.com

愛猫が気に入っている布団や毛布を使ってあげることで、外出中も安心して留守番することが出来ます。 また、布団の中に湯たんぽを入れるとより暖かくなります。あまり寒くない日や短時間の留守番におすすめです。暖房を使用するより節約にもなります。 冬の始まりや終わりの時期など気温が上がって来た頃には、暖房に頼るより布団や毛布で留守番させる方が猫の体には良いかもしれません。

この記事が気に入ったらシェア♪
5 名無しさん
通報

我が家は北国で仕事で半日ストーブをつけていないだけで室温が10度近くまで下がってしまうので、オール電化パネルヒーターの家に引越し、仕事の時は弱くつけたまま出かけています。その間はゲージですが、水ありかなり大きめゲージにしています。

4 こたつとみかん
通報

暖房器具は危なくて、留守番の時には使いません。猫は何をするかわかりません。もし倒しでもしたら、焦げて火が出てということが容易に想像できます。これをこうしておいたらどうなるかということを考えて、対策をしなければなりませんね。

3 名無しさん
通報

猫は寒がりだもんね、留守番で凍えてしまうようなのは避けるべきだし。そんなことは飼い主ならわかってることだと思いますよ、猫は自分でも寒くない環境を作ろうとしますから大体は大丈夫だけどね。

2 ひこまろ
通報

子猫や老猫って本当に人間の赤ちゃんとか老人と一緒で、手厚く保護してあげないといけない生き物なんだなぁ。暖房をつけっぱなしで出かけるのは怖いから、安全な方法を選ばないといけませんね。また子猫や老猫を飼育している場合は長時間でかけないようにもしないとですね。

2 セキュリティ
通報

冬に猫にお留守番をしてもらう際、暖房で温度調節をするのはいいと思うのですが、火傷のみならず、火事にも気をつける必要があるのではないでしょうか。近くに燃えやすいものを置かないようにしていても、いつ何が起きるかわかりません。自分が思うよりも、細心の注意をすべきです。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー