犬が喜ぶ無添加で安心安全!【おやつ】ランキング!

犬が喜ぶ無添加で安心安全!【おやつ】ランキング!

6177
update

「添加物」と聞くと、体に有害な物質、怖い食材というイメージがあるので、「無添加フード」と聞くとそれだけで、安心して食べられる安全な食品と思われる方は多いでしょう。今日は、そんな安心安全な無添加犬用おやつの中でも、犬も大喜びする人気の商品をご紹介したいと思います。

6177
update

「添加物」と聞くと、体に有害な物質、怖い食材というイメージがあるので、「無添加フード」と聞くとそれだけで、安心して食べられる安全な食品と思われる方は多いでしょう。

確かに多くの人のイメージ通りに、スーパーやペットショップでお手頃価格で売られているような商品に含まれている食品添加物は、危険なものが多く、食品を通して日常的に摂取すると、何かしらの健康被害をもたらすものがあります。

一方、無添加のものは、食の安全に配慮した食品が多く、自分自身はもちろん、大切な家族や可愛い愛犬にも安心して食べさせられるものが多いです。

今日は、そんな安心安全な無添加犬用おやつの中でも、犬も大喜びする人気の商品をご紹介したいと思います。しかしその前に、添加物を避けた方が良い理由についてお勉強しましょう。

添加物とは

食品添加物とは、保存料・着色料・発色剤・酸化防止剤・甘味料・増粘多糖類などのことです。しかしそんな食品添加物でも、天然由来のものと、化学合成物由来の二種類があることをご存知ですか?

冒頭で述べたように、一般的に悪いイメージしかない添加物ですが、昔から使われているローズマリーやハーブ、木の実など天然由来の安全なものなどもあり、一概に悪いわけではありません。

例えば、ご飯を黄色く色付けするサフランや、赤い色にするシソの葉なども着色料と言えますし、お豆腐を作るのに使われているにがりも食品添加物です。これらの食材を誰も危険な添加物と思わないですよね?

さらに、天然素材だけでは補えない栄養素を補給したり、時間とともに参加する食品の質を維持してくれたり、添加物の中には食品の安全と私たちの健康のために必要な働きをしてくれるものもあります。

しかし、化学合成によって作られた化学合成物由来の添加物には、発がん性のある非常に危険なものや、見た目や香りを良くするためだけに使われている犬にとっては不要なもの、コスト削減のために使用されている劣悪な品質のものがあるのも事実です。

添加物とペットフード

ペットフードに使用されている添加物の量は、「愛玩動物用飲料の成分規格などに関する省令」で定められていますし、薬事法で規制されている抗生物質や抗菌剤などで、明らかにペットに有害なものは禁止されています。

さらに日本では、「ペットフード安全法」で、添加物の使用基準が設けられていますし、使用した添加物の個別名表示もするように定められています。

しかし残念ながら、ヒューマングレードとは程遠い状態で、危険な添加物をきちんと規制する法律はありませんし、安全基準も最低ラインという状態です。しかも輸入されている海外製品においては、日本の安全基準は守られていないという現状があります。

ですから、犬用のおやつを選ぶときには、飼い主が責任感を持って原産国や、使用されている食品添加物を調べる必要があります。

特に危険な添加物

酸化防止系では、マウス実験で甚大な被害があることが証明されている「没食子酸プロピル」、日本では許可されていなくても海外商品に入っていることが多い「エトキシキン」などがあります。

また、「BHA(ブチルヒドロキシアニソール)」は、アレルギー反応を起こしたり、「BHT(ブチルヒルドロキシトルエン)」は、遺伝子異常や奇形を生じさせる疑いがあるとされ、アメリカでは乳児用食品への使用が禁止されている添加物です。

着色料系では、赤色3号・赤色40号・赤色102号、青色2号などが、見た目を美味しそうにするために使われていますが、アメリカやベルギーなどでは危険な合成着色料として使用禁止になっています。

そもそも色の識別ができない犬のために、有害な物質を使ってまで色をつける意味はどこにあるのでしょうか?

さらに、綺麗な色を長時間保つ発色剤兼、風味を加えるフレーバー剤として使用されている「亜硝酸ナトリウム」ですが、食肉に含まれるアミンと化学反応を起こして発がん性物質に変わる危険性があると言われています。

この添加物は、綺麗な色にして飼い主の目を引き、特有のフレーバーで犬を病みつきにさせるので、ジャーキーなどに良く使用されていますが、危険性があることを覚えておきましょう。

甘味料系では、人間にとっては良いとされており、虫歯予防のイメージがある「キシリトール」も、犬にとっては腎不全や歩行困難を引き起こす危険な添加物になります。

人間にとって良いものは、犬にとっても良いと思い込むことなく、正確な知識に基づいて配合されている添加物を調べるようにしてください。

他にも、半生タイプのおやつに多く使われている「プロピレングリコール」や、保存料として人間の食べ物にも使用されている「ソルビン酸カリウム」なども、組み合わせや取りすぎることによって犬の体に悪影響を及ぼすので注意してください。

このように、少し調べると、ペットフードに多用されていたり、人間にとっては良いとされているものの中にも、犬にとっては非常に危険な添加物が含まれることがお分りいただけたと思います。

癌・遺伝障害・歩行困難などの言葉を聞くと、「大げさな?」と思われるかもしれませんね。もちろん深刻な病状や、衝撃的な影響がすぐに出るわけではありませんし、悪影響を全く感じないかもしれません。

しかし、毎日あげるおやつによっては、少しずつ愛犬の健康を損なってしまうこともあるということは、はっきりとした事実ですので、できるだけ添加物を含まないペットフードを選ぶ必要があるのです。

ここまで、添加物の危険性を考えてきましたので、無添加のおやつを愛犬に食べさせる大切さをご理解いただけたかと思います。

正確には「無添加」と言っても、一切の添加物が含まれていないというわけではなく、特定の化学物質を使用していない、体を損なう添加物を使用していないという商品でも無添加とされていることが多いです。

ですから、これからこの記事内で無添加としてご紹介するのは、「自然界に存在しない化学物質を使用していない商品」という定義にいたします。

次のページ美味しい無添加
この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー