大きなぬいぐるみ猫♪ラグドールにおすすめキャットフード5選!

大きなぬいぐるみ猫♪ラグドールにおすすめキャットフード5選!

2370
update

ラグドールという名前には「ぬいぐるみ」という意味がありますが、その名の通りふさふさの毛並みが特徴的な猫です。 抱っこが好きで比較的穏やかな性格から多くの人に愛されています。 今回はラグドールの特徴に合うキャットフードの選び方とおすすめのフードをご紹介します!

2370
update

キャットフードを選ぶポイント

キャットフード

Africa Studio/shutterstock.com

1.高タンパクなキャットフードを選ぶ

猫はどの猫種も高タンパクの食事を与えることが大切です。

猫はもともと肉食ですので動物性タンパク質を摂取していれば基本的に健康を保つことができます。

また、ラグドールは成長期が長く、成人猫になるまで3~4年かかると言われています。

この成長期の間は良質なタンパク質を与えることが特に大切です。

さらに、タンパク質を素にしてアミノ酸として吸収された栄養が美しい毛並みを保つのを助けます。

キャットフードを選ぶ際には、パッケージの成分表をチェックしましょう。

粗タンパク質と言う所に書かれている粗タンパク質量が25%以上が理想的とされています。

粗タンパク質量が25%以上のキャットフードを選びましょう。

2. ヘアボールケア成分配合なら更に良し!

猫は自分で体をなめて毛づくろいをします。

ラグドールは毛が長めで量も多いのでよく毛づくろいをします。

多くの猫はお腹の中に溜まった毛を吐き出すことができますが、中にはうまく吐き出せなかったりお腹の中に毛が溜まってしまう猫がいます。

そのような、お腹の中に溜まってしまった毛を排出するのを助けるキャットフードがあります。

腸内環境を整える成分が配合されていたり、食物繊維となる原材料を多めに使用しているキャットフードです。

そのようなキャットフードを与えるなら、愛猫のお腹の中に毛が溜まることを心配せずにすみます。

ラグドールにおすすめのキャットフード

今回は、ラグドールにおすすめの5つのキャットフードをご紹介したいと思います。

「カナガングレインフリーキャットフード」

「シンプリーキャットフード」

「ナチュラルチョイスキャットフード毛玉トータルケアアダルトチキン」

「ロイヤルカナン ヘアボールケア」

「アカナ ワイルドプレイリーキャット」

です。

愛猫のキャットフード選びの参考にしてください。

ragdoll on the bed

choosangyeon/shutterstock.com

『カナガン グレインフリーキャットフード』

カナガンはイギリス生まれのキャットフードです。

日本の獣医師も推薦するほど高品質なキャットフードを提供しています。

では、『カナガングレインフリーキャットフード』をおすすめする3つの要素を説明したいと思います。

1.毛の排出をサポートする原材料を使用!

「カナガングレインフリーキャットフード」の原材料見てみると、サツマイモや海藻、マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖などが含まれています。

サツマイモには豊富な食物繊維が含まれていますし、摂取した後時間をかけて吸収されるため体に負担をかけず消化できます。

また、海藻にも食物繊維が含まれています。

マンナンオリゴ糖やフラクトオリゴ糖は、腸内環境を整えます。

これらの原材料を配合することにより猫が毛づくろいをして飲み込んでしまった毛を排出するのを助けます。

2.グレインフリー

猫はもともと肉食なので動物性タンパク質を摂取していれば健康を保つことができます。

ですから穀物から栄養を取る必要はありません。

また穀物を消化するのが苦手なので、穀物が含まれているキャットフードを摂取すると消化不良起こしたり下痢をしてしまう猫もいます。

「カナガングレインフリーキャットフード」では、穀物を使用しない代わりに高品質なチキンの肉を多く配合し、高タンパクなキャットフードにしています。

3. 毛並みを美しく保つ成分配合

「カナガン グレインフリーキャットフード」は原材料のチキンが60%以上使用されている高タンパクフードといえます。

チキンはタンパク質を豊富に含む良質な原材料ですが、このタンパク質から毛並みを美しく保つのを助けてくれるアミノ酸を摂取することができます。

さらに、サーモンオイルやビタミンAも含まれています。

パッケージの成分表を見てみると、これらの原材料から摂取できる成分としてオメガ6脂肪酸オメガ3脂肪酸が含まれていることがわかります。

これらの成分を含むキャットフードを継続的に摂取することで毛並みにツヤが出ます。

『シンプリー』

「シンプリーキャットフード」はイギリスで作られているキャットフードです。

動物栄養学者との共同開発というお墨付きです。

では、『シンプリー』をおすすめする3つの要素をご説明します。

1. 高タンパク質なキャットフード

「シンプリーキャットフード」の原材料を見てみると、骨抜き生サーモン31%、乾燥ニシン12%、乾燥サーモン11%、サーモンオイル8.1%、乾燥白身魚6.5%、生マス4.65%、サーモンスープ2.3%と、魚をたっぷりと使った高タンパクなキャットフードであることがわかります。

成分値も粗タンパク質は37%です。

猫は動物性タンパク質を十分にとる必要があります。

また、摂取する動物性タンパク質源は新鮮なものである必要があります。

「シンプリーキャットフード」の動物性タンパク質源となっている魚には乾燥させたものもありますが、生サーモンや生マスなども使用されています。

このような新鮮な動物性タンパク質が使用されていない安価なキャットフードも販売されている中で「シンプリーキャットフード」は高品質な動物性タンパク質源を使用しているといえます。

2.こだわりの原材料を使用

「シンプリーキャットフード」は、副産物と呼ばれる市場に出回らない動物の肉や部位は使用されていません。

そのような質の低い原材料を使用しないだけでなく猫の健康を増進するための良い栄養素がたくさん配合されています。

例えばマンナンオリゴ糖やフラクトオリゴ糖、海藻はお腹の調子を整え、毛づくろいでお腹にたまった毛を便と一緒に排出するように促します。

また、クランベリーにはキナ酸と言う成分が含まれていますが、このキナ酸は猫が患いやすい尿路結石の予防に役立つ成分です。

3. 人工添加物不使用

安価なキャットフードには人工添加物つまり人工着色料や人工保存料・香料などが使用されていることがありますが、「シンプリーキャットフード」にはそのような人工添加物は使用されていません。

「シンプリーキャットフード」は、猫の食いつきが良いという口コミが多いですが香料を使用しているわけではなく、素材そのものの香りや風味が猫に好まれているのです。

また、保存料にはミックストコフェロール(ビタミンE)という天然の保存料を使用しています。

この保存料は体に悪影響を及ぼさないとされていますので安心して猫に与えることができます。

バスケットに入ったラグドール.

Chris Rinckes/shutterstock.com

この記事が気に入ったらシェア♪
1 名無しさん
通報

ラグドールは毛のもふもふ感がほんとたまりませんよね。

その分毛づくろいで自分の毛を食べちゃう量もすごいのかな。

髪を伸ばしてロングにしていると、お風呂で排水溝に溜まる髪が多い気がしますもんね。

ちゃんと吐き出してくれるならいいけど、

歳をとって力が弱くなると、お腹に溜まって行っちゃいそう。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー