愛犬が枕元で眠っている理由とは?愛犬が寝る場所によって意味がある?

愛犬が枕元で眠っている理由とは?愛犬が寝る場所によって意味がある?

2944
update

皆さんは、夜寝る時に愛犬をどうしていますか?ケージに入れちゃったりどこか部屋に閉じ込めてしまったりしていませんか?犬という生き物は、頭がいいので意味のある行動をします。寝る場所にも意味があるんです! そこから愛犬の考えていることもわかりますよ。

2944
update
愛犬が枕元で眠っている理由とは?愛犬が寝る場所によって意味がある?

愛犬が寝る場所に意味がある!?

Sweet curly girl and jack russell dog is sleeping in night.

Yuliya Evstratenko/shutterstock.com

愛犬がすやすやと寝ている姿はなんともかわいらしいものです。 実際一番好きな犬のしぐさで「寝ている姿」をあげる人は少なくないでしょう。

犬が緊張もせず家の様々なところで寝ているのを見ると、飼い主のほうもほっとしたり幸せな気持ちになったりします。 寝ている時は無防備なので、恐怖や不安を感じている犬が堂々と人前で寝るのは難しいからです。

さて犬は時々飼い主のすぐそばで寝ることがあります。 自分の体の近くで寝ているのはなんとも言えずかわいいものですが、もし愛犬が自分の近くで寝る習慣があるのなら、飼い主は愛犬が体のどの付近で寝ているかということによく注目すると良いでしょう。 というのは、実は愛犬がどこで寝ているかによって、愛犬が飼い主に対して感じていることの違いが読み取れるからです。

この記事では、犬が飼い主の頭の付近で寝る動作に特に注目して、その動作にはどんな意味があるのかを解説したいと思います。

犬が飼い主の頭の近くで寝る理由

Small cute sleepy chihuahua dog is sleeping or napping on bed in bedroom in morning with light form window. Tried puppy sleep rest and relax on comfortable cozy in lazy weekend.

Chaay_Tee/shutterstock.com

もし犬が飼い主の近くで寝ているのであれば、以下のような理由が考えられます。

①飼い主に対して安心感を抱いている ②単純に気持ちが良い ③枕が気持ちよくなっている

それぞれのポイントについて詳しく見てみましょう。

①飼い主に対して安心感を抱いている

まず考えられるのが、安心感を抱いているという理由です。

犬は飼い主の事をよく観察しています。 飼い主が機嫌が悪いのか、ごきげんなのかなどを読み取ることができると考えられます。 実際飼い主家族の仲が悪いと、心理的ストレスを感じるようです。 逆にご機嫌な様子だと犬も安心するでしょう。では飼い主が寝ているときに、すやすやと気持ちよさそうにしているのを犬が観察するとしたらどうでしょうか。

②単純に気持ちが良い

単純に居心地が良いのでそこで出ているというケースもあります。別に頭の近くでなくてもよく、おそらくその場が一番くつろげるスペースなのでしょう。例えば暖房や冷房、日射具合などが影響してそこが気持ちよくなっているのかもありません。人間がベッドの上で寝る場合、頭が一番快適な場所に置かれるように物を配置することでしょう。犬もそれを感じ取ってそこに落ち着くのかもしれません。あるいは飼い主の寝方によって良いスペースが生まれるということもあります。例えば伸ばした腕と顔のあたりにできるスペースが、自分の体がすっぽり収まるポイントなのかもしれません。あるいは頭と壁との間の絶妙なスペースが寝やすいのかもしれません。

③枕が気持ちいい

枕の感触が気持ちいいので頭の近くで寝るというケースも考えられます。絶妙なかたさの枕は人間だけではなく犬にとっても心地よい快眠グッズです。枕がある程度大きくてスペースがあれば、そこに横たわりたくなるのかもしれません。あるいは枕についている飼い主のにおいを感じて安心感を感じているともいえます。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー