猫が鼻息をフンフンすることがあるのはなぜ?その理由と注意したい病気を解説!

猫が鼻息をフンフンすることがあるのはなぜ?その理由と注意したい病気を解説!

3398
update

みなさんは猫の鼻息やため息を聞いたことがありますか?実は、猫も人間のように鼻息やため息を鳴らすことがあります。飼い主さんの中には、愛猫が鼻息をフンフンしていると”病気なのではないか?”と心配になってしまうことでしょう。この記事では猫が鼻息をフンフンする理由について解説していきます。

3398
update
猫が鼻息をフンフンすることがあるのはなぜ?その理由と注意したい病気を解説!

猫が鼻息をする理由とは?

飼い主にすり寄る猫

Jaromir Chalabala/shutterstock.com

猫が鼻をフンフン鳴らしていると、”どこか具合が悪いのかな?”と心配になってしまいますよね。なぜ猫は鼻をフンフンと鳴らすのでしょうか?

猫は特に興奮しているときに鼻息をフンフンと鳴らすようです。しかし、一言で興奮と言っても、猫が興奮する状況にはさまざまシーンがあります。

その①飼い主さんに甘えているときに見せる鼻息

猫の性格や個体にもよりますが、飼い主さんに甘えて、スリスリと身体をこすりつけながら”フンフン”とか”フガフガ”と鼻息を鳴らすことがあります。

猫が飼い主さんに甘えているため、その興奮状態から鼻息が荒くなってしまうようです。また、飼い主さんから他の猫の匂いがするときなど、何か気になるものがある場合にもこのような行動をします。

その②怒っているときに見せる鼻息

猫が鼻息を長く鳴らす場合は、怒っている状態のときに見せる行動です。”フンフンフン”と鼻息を荒々しく鳴らしています。

特に猫同士のケンカでは、お互いが鼻息を”フンフンフン”と鼻息を鳴らしているのを見ることができるでしょう。

そして、猫同士がにらみ合いを始め、尻尾をバタバタと振り始め興奮状態がマックスになると同時に、猫の鼻息もドンドン荒々しくなってきます。

その③鼻に何か違和感を感じているときに見せる鼻息

猫は、興奮している時に”フンフン”と鼻息を鳴らすと言われていますが、猫が鼻息を鳴らす理由はそれだけではなく、鼻に何か違和感を感じている時にも鳴らします。

たとえば鼻にゴミが入ってしまったときや、鼻がムズムズしているために鼻息を鳴らすこともあります。その他にも、鼻炎や猫風邪、アレルギーなどが原因で鼻を”フンフン”と鳴らすことがあります。

猫がため息をする理由とは?

セルフグルーミングをしている猫

Fayzulin Serg/shutterstock.com

猫は鼻息を”フンフン”と鳴らすだけでなく、ため息をつくときもあります。では、どんなときにため息をつくのでしょうか?

理由①落ち着こうとしている

猫は何かイヤなことがあったり、いたずらをして飼い主さんに見つかってしまったなど、気まずい状況のときに自分の気持ちを落ち着かせようとして「転位行動」をする習性があります。

この転位行動とは、動物が攻撃や逃避の選択に攻められたとき、全く異なる第三者の行動をすることです。猫の場合は、あくびや毛づくろい、爪とぎなどの行動に加えて、”フンッ”と鼻息をすることもあります。

この鼻息は「飼い主さんに怒られるかもしれない」という焦りの気持ちからしているのではないかと考えられています。

飼い主さんの中には、愛猫が反抗している態度と思う方もいますが、実際のところは鼻息をすることで気持ちを落ち着かせようとしているようです。

理由②ホッとしたとき

猫は一生懸命にセルフグルーミングをした後、お気に入りベッドで落ち着いたときにため息のような鼻息を”フッー”とすることがあります。この鼻息には、気持ちが落ち着いたときにするようです。

また、グルーミングに集中しすぎて息を止めてしまうこともあるため、終わった後はホッとした気持ちから鼻を鳴らしていると思われています。

理由③集中力が切れたとき

猫は狩猟動物なので、狩りのときは獲物から自分の存在を隠すために息を潜めて集中力を高めています。この行動は猫の習性とも言えますが、集中力が切れると猫は”フン”とか”フー”などとため息をして、気持ちをリフレッシュさせているようです。

たとえば飼い主さんと一緒に遊んでいる時など、息を潜めて集中して遊び、遊びが終わった途端に集中力が切れて鼻息を鳴らすことがあります。

理由④緊張から解放されたとき

わたしたち人間は、何かに驚いたとき身体が動かなくなってしまうことがあります。猫もそれと同じように、突然のことで驚くと体が動かなくなってしまい、その後、ため息をすることがあります。

たとえば大きな音が鳴ったときや他の猫に手を出されたなど、何かに突然驚くと、その緊張感から身体と気持ちが解放されたときに”フン”とか”フー”とため息をすることがあります。

つまり、緊張状態からリラックス状態に身体と気持ちが切り替わったときに、ため息をするようです。

愛猫の感情と病気の鼻息をしっかり見極めよう!

クローズアップされた猫の鼻

JM Fotografie/shutterstock.com

猫が甘えているときや怒っているときに鼻息を鳴らすことが分かりました。

ただし、猫が頻繁に鼻息を鳴らす場合は、猫が興奮状態なのか、それとも鼻に違和感を感じているのかを見極められるように、しっかり観察する必要があります。

興奮状態で鼻息を鳴らしている場合は特に問題ありませんが、鼻に違和感を感じている場合は、まず数日間様子を観察し、それでも改善されないなら動物病院を受診されることをおすすめします。そして、適切な処置をしてもらいましょう。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー