猫が一人になりたがるときの心理とは?4つの心理と一人になりたい時のサインを紹介!

猫が一人になりたがるときの心理とは?4つの心理と一人になりたい時のサインを紹介!

4266
update

猫たちは自由気ままでいつでも好きに生きているように思えます。中には甘えん坊の猫もいますが、一人を好む猫は非常に多いです。また、甘えん坊の子でも時には一人になりたいと感じることがあります。今回は、猫が一人になりたがる4つの心理と、一人になりたい時のサインをご紹介します。

4266
update
猫が一人になりたがるときの心理とは?4つの心理と一人になりたい時のサインを紹介!

猫だって一人になりたい時がある!

猫

pixabay.com

猫たちはとても自由で気ままな動物とされていますが、もちろんすべての猫が同じ性格なわけではありません。当然、飼い主さんにべったりな猫もいれば、ほとんどひとりで過ごそうとする猫もいることでしょう。

とはいえ、同じ猫でもその時の心理状態によっては、飼い主さんと一緒にいたいと思うこともあれば一人でいたいときもあります。

猫たちはこの心理的な差が激しいので、飼い主さんたちからは「超マイペースな動物」と見られがちです。しかし、猫の気持ちや猫たちが発する心理的なサインをつかむことができれば、猫は単なる「気ままで理解できない存在」ではないことが分かります。

この記事では、猫が一人になりたい時の心理や仕草をご紹介しますので、自分の飼い猫と照らし合わせてみてください。

猫が一人になりたがる時の心理とは?

あくびをしている猫

pixabay.com

最初に猫の気持ちに注意を向けてみましょう。猫たちはどんな気持ちのときに一人になりたがるのでしょうか。

実は猫が一人になりたがるときの心理は、人間がひとりになりたがる時とそこまで変わりません。猫の立場になって考えてあげるなら、その心理を見極めやすいでしょう。

1.イライラしている

猫たちだってイライラすることがあります。ストレスが溜まっていたり嫌なことがあったりすると、イライラして態度が急変します。

イライラしている猫に近づくなら、威嚇されてしまうことさえあるでしょう。ちょっとしたことでもそのイライラが増長してしまうため「ほっといてくれ」という気持ちになるのです。

これは人間でも同じです。イライラした人は「そっとしておいてあげる」のが良いのと同じで、イライラしている猫はそっとしておいてあげてください。

2.疲れている

非常に疲れていると、何もかもが嫌になってしまうことがあるものです。もちろんそこまで疲れていなくても、飼い主と余裕を持って遊ぶことができない場合があります。

猫たちも同じです。疲れていると何もしたくなくなります。飼い主さんにかまわれたくないという気持ちになるのもしょうがないことです。疲れていそうな時はしっかりと休憩してもらって、元気になった後に遊んであげてください。

3.気が乗らない

単純に気分が乗らないこともあります。そこまでイライラしているわけでもなく、とても疲れているわけでもないのに、一人になりたがるのです。

猫の性格によっては「気が乗らない」だけで一人になりたがる子もいます。こうした行動が「自由気まま」なイメージを与えているのでしょう。

4.自分の時間を楽しんでいる

「自分の時間を邪魔されたくない」という心理状態の場合も多いです。特に何かに集中しているときは、それを他人に邪魔されたくないものです。

また「邪魔しないで」とまでは思っていなくても、集中しすぎて周囲の人に気付かない場合もあります。

人間たちの間でも同じことが頻発します。何かに集中していて周りが目に入らないといった経験は誰にでもあります。猫たちも自分の時間を楽しむものなので、気持ちは理解しやすいはずです。これも「そっとしておくとよい」ケースなので尊重してあげてください。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー