イングリッシュポインターってどんな犬?性格と特徴から考えるしつけと飼い方のコツ!

イングリッシュポインターってどんな犬?性格と特徴から考えるしつけと飼い方のコツ!

6188
update

イングリッシュポインターという犬種をご存じですか?イングランド原産の犬で、狩りで獲物がどこにいるか前足を曲げて「ポイント(指し示す)」することからこの名前が付きました。日本ではあまり見かけないイングリッシュポインターはどんな性格と特徴があるのか徹底調査しました!

6188
update

イングリッシュポインターの特徴

English Pointer (5 months) in front of a white background

Eric Isselee/shutterstock.com

すっきりと引き締まった優美な体つきが特徴的なイングリッシュポインター。

イングランド原産の犬で、狩りで獲物がどこにいるか前足を曲げて「ポイント(指し示す)」することからこの名前が付きました。 体高は60cm~70cmと、中型犬にしては大きく大型犬にしては小さめといった印象です。

エレガントな姿とは裏腹に、数時間の狩りにも耐えられる抜群の体力を持っています。

そんな運動神経も抜群で、スタイリッシュな見た目と、人間に対して穏やかで愛情深い性格は、とても愛されるペット、家族として人気なんです。

イングリッシュポインターの外見的特徴

イングリッシュポインターは、もともと猟犬として活躍してきた筋肉質な体と俊敏な運動神経、そして長時間の狩りを行えるほどの体力を持つ犬種です。

体高は、オスの場合が63~69cmほどで、メスの場合はそれより少し小さい61~66cmとなります。

それで、大型犬として分類されている、均整のとれたとても美しい犬種です。

大型犬ですが、どちらかというとがっちりというより、ほっそりとしたしなやかな体をしています。

しかし、とても筋肉質で、力強いです。

とてもスタイリッシュな印象ですよね。

そんな筋肉質なしなやかな体は、短毛に覆われています。

首が長く、そして頭部にはストップがあり、口と鼻が大きいです。

マズルは四角い形をしています。

そして、チャープポイントの耳は、大きなたれ耳です。

しっぽも特徴の一つで、まっすぐに伸びた細いしっぽがピンっとしているところが、かわいいんですよね。

迫力もありますし、エネルギッシュな印象をうけますが、それだけでなく、しなやかで気品も感じさせるような犬種です。

イングリッシュポインターの寿命・体型

イングリッシュポインターの平均寿命は12~14年と言われています。

眼の疾患にかかりやすかったり、股関節形成不全などにもなりやすいですけど、大型犬としては長生きしてくれるほうの犬種で、基本的には健康です。

骨格がしっかりとしていて、全体的に頑丈な体格をしています。

アウトラインは優雅になめらかなカーブを描くような体型です。

イングリッシュポインターの歴史

Dog in snow

Lunja/shutterstock.com

イングリッシュポインターは、イングランドが原産の鳥猟犬、つまりガンドックです。

名前に”ポインター”ってつく犬種っていろいろといますよね。

ヨーロッパには鳥猟犬として、数多くのポインターと言われる犬種がいるそうです。

ポインターにはイングリッシュ・ポインターとジャーマン・ポインターという2種類がいて、ただ「ポインター」と言われるときには、イングリッシュ・ポインターを指しているんです。

イングリッシュポインターは、数多くいるポインターの中でもっとも有名な犬種とも言えるでしょう。

獲物を見つけたときに、低い姿勢をしてしっぽをピンと伸ばし、そして片足をあげる「ポイント」のポーズをとることから、「ポインター」という名前がつけられたそうです。

そんなイングリッシュポインターの歴史は、じつはそれほど古くはないんです。

もともとの祖先となった犬は、スペインかポルトガルにいた犬だと考えられていて、1703年に始まったスペインの王位継承戦争のときに、イギリスに持ち込まれたそうです。

その犬が、イギリスに於いて猟犬として改良されることとなり、フレンチポインターやイタリアンポインター、そしてフォックスハウンドなどと繁殖がなされたそうです。

18世紀の後半の動物画家であるジョージ・スタッブスという人の絵には、古いタイプのポインターやイングリッシュポインターの絵が数多く残されているそうです。

さらに、ブラッドハウンド、グレーハウンドといった犬種の血筋を取り入れることにより、聴覚や走る力やスピードにおいてさらなる進化を遂げたイングリッシュポインターは、イギリスの傑作犬種とまで言われるようになります。

イングリッシュポインターは、その猟犬としての強さ、勇敢さなどの並外れた実力ゆえに、貴族たちや猟師たちから高い人気を誇るようになり、その当時ではセッターと人気を二分するほどだったようです。

しかし、その猟犬としての性質故に扱いにくくなってしまい、今度はセッターと交配することでより穏やかな性質の犬種へと変化していったようです。

現在でも、とても高い能力を持つガンドックとして世界中のハンターたちから愛されている犬種だそうですが、家庭犬としても海外ではとても人気です。

この記事が気に入ったらシェア♪
5 名無しさん
通報

優雅にみえても熊や猪と戦う猟犬種ですから飼う人はしっかり管理してほしいですね。

ニュースで逃げ出した猟犬が人を襲ったと聞くこともあります、日本には向かない犬種だと思います。

4 名無しさん
通報

かっこよくて品のある犬ですね。超ド庶民な我が家には似合わない犬ですね。普通の住宅には似合わないよなぁ。やっぱりイギリス王宮みたいなところにいるのが似合うと思うわ。

3 名無しさん
通報

イングリッシュポインターってキリッとした感じの犬でカッコいいよね。まさにイギリスの貴族が狩猟のために飼育してるって感じの犬だなぁ。まさにスタイリッシュって感じだよね。

3 あやせ
通報

イングリッシュポインターって名前からはパッと姿を思い浮かべることができなかったけど、写真を見たら確かにわかりました!映画で見たことある犬ですね。あれってイングリッシュポインターって名前がついてる犬だったんだ。初めて知りました。勉強になりますね。

3 エゲレス
通報

イングリッシュポインターって狩猟犬なんですね、イギリス生まれの犬って結構種類がありますけど、多くが狩猟犬のイメージがあるけど勘違いかな。狩猟犬は命令をしっかり守るし、飼いやすい部類になるみたいですね。でも記事にもありますけど、運動量が凄いと思追うので日本だとドッグランが近くにないとちょっとしんどいかもー

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー