犬に生のアスパラを与えて大丈夫?詳しい与え方や成分を解説!

犬に生のアスパラを与えて大丈夫?詳しい与え方や成分を解説!

1757
update

アスパラには、犬の健康にいい栄養素が含まれているため、適量であれば食事に取り入れていきたい野菜です。でも、少量ですが有害成分も入っているため注意が必要。また、生のアスパラは、消化に悪いためあげないほうがいいのです。犬へのアスパラの与え方について、詳しく紹介します!

1757
update

犬にアスパラを与えても大丈夫?

www.flickr.com

犬にアスパラは、適量なら大丈夫!

春が旬のアスパラガス。ボイルしてサラダにしたり、ベーコン巻やパスタにしたり…これからの食卓で活躍しそうですよね。

緑黄色野菜で栄養素もたくさん含まれるアスパラですが、犬に食べさせてもいいのでしょうか?

答えは「適量なら大丈夫」。

アスパラには、犬の身体にいい成分と、少量ですが有害な成分も含まれているので、様子を見ながら与えるのがいいでしょう。

アスパラに含まれる、少量の有害成分とは?

では、アスパラに含まれる有害成分とは、何なのでしょうか?

「犬にネギを与えてはいけない」とはよく言われますよね? アスパラはネギやニラと同じ「ユリ科」に属しますが、実はネギの毒素とは関係ありません。アスパラには、多くのユリ科の植物に含まれる危険物質「硫酸化アリル」が入っていないためです。

注意しなければならないのは、ジャガイモの芽やトマト、ナスにも含まれる「アルカロイド」という成分。摂取しすぎると痙攣や呼吸器障害が起こる可能性があります。

一般的にアルカロイドは100℃程度の加熱では消えることがなく、200℃以上でないと分解できないとされているので、調理したアスパラでもたくさんは与えすぎないほうがいいのです。

アスパラに含まれる、犬にいい栄養素はこれ!

アスパラギン酸

アミノ酸の一種で、カリウムやマグネシウムを細胞内に運び、疲労物質をエネルギーに変える助けになる成分です。

疲労回復のほか、毒性のあるアンモニアを体外へ排出する働きもあるので、デトックス効果を期待できます。 アスパラの茎より、穂先のほうに多く含まれています。

ルチン

ペット用のサプリメントがあるくらい、注目されている栄養素「ルチン」。

抗炎症効果や血流改善効果があり、毛細血管を強くして血行をよくしたり、血圧を適正にコントロールしてくれる作用があります。

加熱しても栄養素が流出しにくい!

他にもアスパラには、ビタミン類やカリウム、タンパク質などさまざまな栄養素が含まれています。また、ゆでてもこれらの栄養素が流失しにくいという特徴もあります。

そのため、犬にとっても疲労回復や免疫力を高める効果があり、生活習慣病の予防にも有効と言われています!

犬にアスパラを与える時に注意すること

アスパラの与えすぎは禁物、適量が◎

アスパラには、いくら犬にとっていい成分が入っているとはいえ、与えすぎは禁物。アルカロイドを摂取しすぎると起こる中毒症状に加え、腸内細菌が発生してお腹にガスがたまってしまうこともあります。

メインの食事というよりは、ドックフードの彩りに添えてあげるくらいがちょうどいいでしょう。

生のアスパラは犬の胃腸の負担になる

犬にアスパラを与える時は、生のものと加熱したものとどっちがいいの?という疑問も出てきますよね。

生の野菜は、基本的に犬に与えるのは控えたほうがいいです。 犬は人間よりも消化能力が低いため、生野菜に含まれるセルロース(食物繊維の主成分)を消化できず、胃腸に負担がかかってしまうのです。

調理済みのアスパラを与えたほうが安心でしょう。

アスパラのおすすめの食べ方は?

細かく刻んであげよう

アスパラは繊維質が多いため、犬にとって少し消化しづらい食材。 犬の胃腸に負担を与えないためには、よく茹でたり、さらに細かく刻んだり、ミキサーにかけたりして、食べやすくしてあげるといいでしょう。

犬用のレシピを取り入れてみよう

愛犬にもっとおいしくアスパラを食べてもらいたい!という飼い主さんは、犬用のレシピに挑戦してみてはいかがでしょうか?

鶏肉と一緒にみぞれ煮にしたり、牛ひき肉を使ってハンバーグにしたり。塩分控えめで調理してあげると、愛犬もきっと喜ぶことでしょう。

犬によって合わない場合もあるので、しっかり様子を見よう

まれに、体質的にアスパラが合わない、という犬もいます。アスパラに含まれる有毒成分に、少量でも過剰に反応してしまう場合が見られるためです。 アスパラに限らず、人の食べるものを愛犬に与える時は、変わった様子がないかも必ずチェックしてあげるようにしてくださいね。

いかがでしたか? 犬にアスパラは、調理したものを適量なら、与えても大丈夫なんですね。愛犬の健康のために、様子を見つつ食事に取り入れてあげてみてはいかがでしょうか♪

この記事が気に入ったらシェア♪
15 無添加食品
通報

彩り程度の量、ほんの少しくらいがベストとのことですね。アスパラガスをメインに持ってくるのは危ないとのことなので、適量を守って出すよう心がけたいと思います。

14 温泉水
通報

アスパラ硬いのに、犬に出すの?生って超硬くない?繊維質だし。犬は歯強いから、あんな硬くても平気で食べちゃうとか。まぁ、生は駄目みたいだから、ちゃーんと加熱して出さないといけないよね。結構柔らかくなるまで茹でちゃおう。

12 カボチャサラダ
通報

生のアスパラはすごく硬いので、そのまま犬に食べさせようとは思わない食材です。咀嚼力が強くても、出さないほうが無難かしらと思っていたんですが、これよりも胃腸に負担をかけてしまう恐れの方が強いと感じました。ちゃんと、加熱をしてからアスパラ出しますね。

11 にふれる
通報

犬って雑食で、昔は食べ残しとかの残飯を与えてたんだろうけどさ。最近は品質の良いドッグフードが手頃な価格で売られているし何も人間の食べ物を犬に与えることってないよね。生のアスパラを与えても大丈夫か?って発想が困惑してしまうわ。

10 コエ
通報

痙攣や呼吸器障害がでるなら上げない方がいいのでは?と思います。そこまでして、アスパラをあげなくてはいいのではないでしょうか??何かがあってからじゃ遅すぎるし。

9 ふぃんぐ
通報

アスパラは適量なら大丈夫なんですね。栄養価が豊富だし、味のアクセントに時々上げてみようかな~。加熱して細かく刻めば犬もOKなのは嬉しいな~。愛犬には心を込めた料理を作ってあげたいと思ってるので栄養バランスが気になるし。

8 バラ
通報

有害物質があるなら、アスパラあげたくないな〜。わざわざアスパラあげなくてもいいのではないか、とおもってしまいますが。

2 名無しさん
通報

えっ、アスパラ!と思ってしまいました。食べている犬を見たことがなかったので、ビックリです。疲労回復にも効果があるんですね。私に必要だと思っちゃいました(笑)たまに少し上げてみたいと思います。味は好きなんだろうか。。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー