猫が手や足をひっかくのをやめさせたい。そんな方のための対策を解説。

猫が手や足をひっかくのをやめさせたいと思っている飼い主さんに対策をご紹介していきます。やめさせたいけど叱りつけたり、叩くのは効果がなく、信頼関係が崩壊してしまう危険もあります。正しいやめさせ方で仲良く楽しい毎日を過ごしてくださいね。

猫が手や足をひっかくのをやめさせたい。そんな方のための対策を解説。

猫が手や足をひっかく理由


猫が飼い主さんの手や足をひっかく理由は、飼い主さんの手や足を相手に戦っていると思ってください。猫は本来狩猟して生活していた動物です。飼い猫になって毎日不自由なく餌があっても、その本能が消えることはありません。ハンターとしての血が騒ぐので、ついつい熱が入って飼い主さんの手や足を相手にひっかくなどの戦いを挑んでしまうんですね。ひっかくからといって、飼い主さんが嫌いであるとか、不満があるわけではないので、安心してくださいね。 子猫の時は、何を見てもじゃれて遊んでしまいます。兄弟姉妹が居る環境であれば、じゃれ合ってひっかく力加減や噛みつく力加減を学んでいきますが、飼い主さんしか相手が居ない場合は、なかなか力加減が分からず思いっきりひっかくことや噛みつくことももあるかもしれませんね。ひっかくことで興奮してしまうこともあるので、遊びながら飼い主さんが引くタイミングや、やめさせ方を覚えていくようにしましょう。

猫が手や足をひっかくやめさせ方「気を反らせる」

一番平和なやめさせ方は気を反らせる方法です。猫が飼い主さんの手や足を相手に興奮してひっかく時は、他のおもちゃで気を反らせるのが一番効果的です。最初にひっかかれた時は驚くかもしれませんが、払いのけたり、反射的に突き飛ばさないようにしましょう。猫はひっかく動物だ!と最初から思っておくことも大切ですね。 手や足を相手にひっかく前に、猫は必ずじゃれてくるなどの前段階があります。だんだん慣れてくると、飼い主さんも、もうすぐ興奮してひっかくかな?と分かるようになってきます。そのタイミングで、猫じゃらしを登場させたり、投げて遊ぶ小さなボールやネズミ型のおもちゃを登場させましょう。 猫は遊び相手が変わるだけで、飼い主さんの手や足から離れて楽しく過ごすことが出来ます。猫としては足や手をひっかく必要がなくなっただけなので、とてもご機嫌で遊びを続けてくれますよ。やめさせ方としては一番平和で、飼い主さんと猫の関係もぎくしゃくしません。是非試してみてくださいね。

猫が手や足をひっかくやめさせ方「天罰型で驚かす」

どうしても手元に他のおもちゃが無い、でもひっかく!やめさせたい!という時は天罰型で猫を驚かせてひっかくのをやめさせましょう。このやめさせ方はタイミングがとても重要です。猫がひっかくか、ひっかいたくらいのタイミングで大きな音を立てて驚かせます。気を反らせるやめさせ方と同じく、気を反らせることには代わりありませんが、大きな音が苦手な猫にこのやめさせ方を続けると、手や足をひっかくと大きな音がするから嫌だと学習してくれる効果もあります。 タイミングがずれると効果がないので、タイミングを見計らって試してみてくださいね。 二つのやめさせ方を組み合わせながら、飼い主さんと猫と仲良く楽しくひっかく癖が直ると良いですね。

手や足をひっかく猫に気をつけること

ふとした時に猫が手や足をひっかくことはあるため、全くなくなるとは言い切れません。その為、日頃から猫が手や足をひっかくことを前提に、猫のケアをしておきましょう。引っ掻きのやめさせ方を実践しつつ、猫にも飼い主さんにも優しく穏やかな毎日が送れるように、爪切りを定期的に行って、お互いが怪我をしないようにしておきましょうね。猫が足や手をひっかくだけでなく、衣服に爪が刺さって猫も怪我をしてしまう可能性も考えられます。やめさせ方を試しながらも、予防できることはしておきましょう。

猫が手や足をひっかく癖が直らない時

やめさせ方を実践してもなかなか手や足をひっかく癖が直らない時は、飼い主さんが痛くないように、猫も怪我をしないように、飼い主さんの手を布で巻いてガードしつつ遊んであげましょう。ひっかく癖があっても猫は意外と飽き性で、遊んでも5分~10分です。しっかり遊ぶ時間を確保して、万全の体制で臨んであげましょう。 猫が手や足をひっかくのは、本能からくる行動です。飼い主さんも猫も怪我をしないようにやめさせ方を実践してみてくださいね。 やめさせ方を試してみてもひっかく癖が直らない場合は、ひっかくこと前提で飼い主さんが準備して望んでください。どんな時でも猫に体罰を与えること無く、穏やかに受け入れてあげてくださいね。

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連するキーワード

関連する記事

このまとめのキュレーター

りく

猫2匹とまったり生きながら、犬や猫のさまざまな情報収集を行っております。大切な愛犬や愛猫のことで、気になることがあれば参考にしていただければと思います!