冬の猫の外飼いは注意。寒さ対策を徹底させる対処方法を知ろう。

最近ではきちんと去勢や避妊をさせて、猫は自由に外に出す方もいるようです。それにしても猫にとっては冬の対策は必須ですよね。健康で外飼いの場合でも、寒さ対策は考えておきたいものです。猫好きの人は、冬には一体どのような対策、対処を行っているのでしょうか?いろんなパターンをご紹介します。

冬の猫の外飼いは注意。寒さ対策を徹底させる対処方法を知ろう。

猫の外飼いの注意点は?

「外飼い」とは文字通り、室内の中だけで飼うのではなく、猫が自由に外出できる環境の中で猫を飼うことです。地域の環境によっては、森林などが多く安全であることから、敢えてそういった飼い方を選ぶ飼い主さんも昔からよく見かけるものです。しかし温かい時期はともかく、冬の寒さや雪や雨などの対策は何らかの対処が必要となりますね。 しかしまずはその前に、外飼い猫の冬の寒さ対策・対処の前に、まず猫の外飼いの注意点を考えてみましょう。

必ず去勢と避妊はしておくこと!

外飼いで猫の自由にさせるといっても、感染症に関しては猫はまだまだ野外には危険がいっぱいです。メス猫を巡ってのオスのケンカ、あるいは望まないメス猫の妊娠は、近所の迷惑になりかねません。 いかなる理由があっても、去勢と避妊の対処をしてリスクを避ける事を心がけておきましょう。

猫を外に出して、帰ってくるのか心配?!

外飼いをした場合、猫を飼う人にとって野外で自由にさせてら、本当に帰ってくるのかどうかは、非常に心配だと思います。「帰巣本能」については、実は過科学的根拠はほとんどありません。 しかし猫の行動を研究した報告によれば、多くの猫はあまり遠くに行くことは稀で、飼猫ほど近所を徘徊しているだけというのが定説になっています。

つまりは殆どの飼猫は、冬で外飼いであっても自分の家の周りをウロウロしていたり、雨が降ったりすれば近所で雨宿りしているんですね。本能で帰宅するというより、見知らぬ土地へは滅多に行かないのが帰巣本能の真実のようです。案外近所にいるんですね。 交通事故などの心配はありますが、ひとまずこれに関して対策や対処は必要なさそうです。

外飼いの冬場の対策のいろいろ

外飼いで心配になるのは冬の寒さ対策ですが、ネットを調べてみると野良猫の世話をしている人で、なかなか面白い方法をとって対処していますね。

外飼いとして犬小屋を利用しているので、中にベッドなどを置いたり毛布を敷いたりして寒さの対処してあり、結構快適そうですね。結構ぎちぎちになってるようですが、猫の場合は狭い穴に隠れるのが好きなのでこの対処もOKなんですよ。こうした冬の寒さの対処は、いったん気に入ってくれればこうして入ってくれますので、寒さ対策はバッチリですね。

ただ、外飼いの猫にとって寒さ対策ができているということは、そこは猫にさまざまな病気を引き起こすノミやダニにとっても寒さ対策ができていることだと考えなければなりません。 一般的には寒い季節にはノミやダニも死滅してしまうと考えて良いのですが、室内飼いの犬にはノミやダニが寄生しており、その犬が散歩に出て来ることは否めません。草むらに犬から落ちたノミやダニがひそんでいて他の犬や外飼いの猫にくっついてしまいます。 猫のベッドや毛布を清潔に保つことは勿論大切なのですが、猫を外飼いするときは寒さ対策とあわせてノミ・タニ忌避薬の滴下(毎月1回)を行っておくことが何よりです。

こういったコンテナハウスを自作して、冬などの寒さ対策をしているケースもあります。これは野良猫用の対処と対策ですが、非常に暖かそうですよね。エサ入れも水入れも置いてあるので、これは寒さの対処としても優しい配慮が伺えます。

中にはこんな立派な高床式住居を設置して、外飼い猫の対処をしているご家庭もあります。この場合は野良猫のためですが、世話している方の心配りが伝わってきますね。また床を高くする対処がしてあるので、湿気対策にもなります。また、地面からの冬の冷気を防ぐ意味でも対処として有効でしょう。

ヒーターは設置出来るの?

寒さ対策としてヒーターなどの電化製品に関しては、防水仕様でコンセントが室内側にあって濡れなくても、野外に設置することは危険です。コードの劣化や故障の際に感電・火災の危険があります。寒さ対策は室内以外で絶対に電化製品は使えません。

ヒーターを使った対処は防水であっても、野外では使えないないですね。

キャットドアがあるから大丈夫?意外と知らない落とし穴

「キャットドア」と呼ばれる、窓やドアの下に猫専用の出入り口を設置する対処・対策がありますが、これらの製品は猫が出入り出来るように、内側からでも外側からでも猫が押せば開くようになっています。 一見、「これさえあれば大丈夫!」と思っていたらご用心です。こうした対策対処は、防犯上はあまり好ましくありません。

キャットドアが有効なのは、常に在宅可能なご家庭だけです。

窓の下でも、ドアでもキャットドアを壊せばどうにか中に手が入りますから、原則留守が多いご家庭では、これでは冬の寒さ対策、対処には不適切です。冬場は特に暖房効率も悪いので、あまり対処としておすすめできません。

外飼いの寒さ対策は、猫が外にいても安心な環境を用意すること

実際、外猫として外飼いに慣れている猫でもその行動は野良猫に非常に近いものです。冬の野外では、猫自身も温かい場所や、狭い隠れる場所で寒さの対策を行っています。

野良猫には冬の寒さは過酷な環境ですが、飼われている猫は「自宅」という避難場所がありますから、夜間などでは自宅の玄関先にご紹介した専用のハウスを設置して冬の対策として、対処を行ってみるのも良いですね。 翌日明るくなって飼い主さんが起きたらでも、家に入れてもらって後は自由にさせるというのも、冬の寒さ対処と、対策としては賢い方法かもしれません。

外飼いは、病気や寄生虫に気をつけて!

冬はやはり外飼いでの寒さ対策といっても、病気や寄生虫などの心配は、いくら対処や寒さ対策を行っても心配です。他の人から見れば、首輪をつけていようが野良猫として見られますから、原則は室内で管理して寒さの対処、対策を行うのが結局一番安心なんですけどね。

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事のコメントを残す

関連するキーワード

関連する記事

    • 今人気の猫用こたつのおすすめ商品を紹介!

    • 今人気の猫用こたつのおすすめ商品を紹介!

      実は猫用のこたつは人気商品のひとつなんです!ここでは猫用のかわいいこたつを紹介していきます。愛猫に買ってあげると大喜びすること間違いありません。猫用のこたつはインテリアとしておうちにあってもかわいらしいですよ。

      3001
    • 寒い冬でも快適!猫のあったかベッド10選!

    • 寒い冬でも快適!猫のあったかベッド10選!

      寒い季節、猫たちは少しでもあたたかい場所を求めて健気に頑張っています。そんな愛猫のために、寒い冬でも快適に過ごせるベッドを用意してあげませんか?この記事では、冬におすすめのあたたかい猫用ベッドをご紹介します。

      4923
    • 野良猫はどうやって冬を過ごしている?野良猫の生活について解説

    • 野良猫はどうやって冬を過ごしている?野良猫の生活について解説

      素朴な疑問かもしれませんが、寒い冬の時期野良猫たちはどのように過ごしているんだろう?と思ったことはありませんか?猫は寒さに弱い動物ですので、外で過ごす野良猫たちにとっては命がかかわる問題ではないでしょうか?負の時期の野良猫たちの生活にスポットを当ててみたいと思います。

      6652
    • 猫の静電気防止対策!静電気を除去する方法を知ろう。

    • 猫の静電気防止対策!静電気を除去する方法を知ろう。

      猫と静電気の関係は、飼い主さんなら一度は経験しているのではないでしょうか?それも猫を触って”パチッ”とした経験も結構多いはずです。猫にとってもビックリの静電気、実は仕組みを知ると防止対策にも有効なんですよ。日常からできる静電気を除去する方法を知って、快適な冬を過ごしましょう!

      10465
このまとめのキュレーター

kasatake

元ペット業界の専門職の知識を生かして、関連用品、犬猫、小動物に至るまでの飼育経験を生かし、様々に詳しく解説した記事を書いていきます!