猫が甘噛みをする理由や解決法について詳しく説明!

猫を撫でていると、たまに甘噛みされることはありませんか?もしかしたら嫌がってる?それとも他に何か理由があるのでしょうか?猫が甘噛みをする理由と、甘噛みをやめてほしい場合の解決法についてご説明いたします!

猫が甘噛みをする理由や解決法について詳しく説明!

甘噛みをする理由・解決法

愛情表現としての甘噛み

猫が甘噛みをするひとつの理由として、愛情表現による甘噛みがあります。これは猫が小さいころ、親子で甘噛みをし合っていた名残でもあります。これは解決法等、やめさせようがなく、むしろ喜ばしい理由であるので、甘噛みをされていても放っておいても良さそうです。

愛撫誘発性による甘噛み

これが一番多い甘噛みの理由かもしれません。猫を撫でていると、急に猫が甘噛みをしてきたり攻撃的になることはありませんか?これは愛撫誘発性による甘噛みだと考えられます。これは、「もう撫でなくても良い」、「撫で方がだめ」、「もっとしてほしい」等、様々な理由が挙げられます。この甘噛みの解決法として、猫の耳が外向きになり、瞳孔が開いてきたら、撫でるのをやめるという解決法があります。

子猫時代の吸い付きの癖による甘噛み

離乳が終わったのに、人やほかの動物、おもちゃ等に吸い付き、甘噛みをするというものです。解決法としては、放っておけば自然に治っていきますが、歯磨き用のおもちゃ等を与えて、甘噛みをする理由となっている欲求を満たしてあげることもひとつの解決法です。

狩猟本能による甘噛み

これも甘噛みの理由として挙げられるもので、猫を撫でている人の手が獲物に見えて、噛んでしまうといった、猫の野生本能が一瞬目覚めてしまうことによる甘噛みです。解決法として、噛んでこようとしたときには、しばらく手を出さないほうが良いでしょう。

ストレス発散による甘噛みの解決法

一緒に遊んであげる

ストレスが理由となって甘噛みをしているケースが多いです。そのため、猫じゃらし等で猫に十分に運動させてあげ、ストレス発散をさせることで、甘噛みの理由を抑制させる解決法です。

ほかの猫を飼う

いわゆる多頭飼いをすることで、甘噛みの理由を抑制する解決法です。この解決法は、猫の相性が合わなかったときが大変ですが、猫同士一緒に走り回ったりして運動をして、ストレスを発散させる解決法です。これは家族とよく相談した上で、検討しましょう。

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事のコメントを残す

関連するキーワード

関連する記事

このまとめのキュレーター

でりっく

元ドッグトレーナーですので、しつけに関しての記事を中心に作成していきます。