犬とドライブするなら。犬を車に乗せる時の注意点と必要グッズ

犬とドライブするなら。犬を車に乗せる時の注意点と必要グッズ

3160

愛犬を車に乗せて一緒にドライブするって飼い主からしたら憧れの行為の一つですよね。でも犬によっては車が苦手な犬もいます。車に乗せる時のマナーもしつけなければなりません。では車に乗せる時に必要なしつけや注意点を見てみましょう。

3160 |

犬とドライブするにあたってできること

www.flickr.com

犬とドライブする前にどんな準備ができますか? まずは飼い犬を車に慣らすしつけができます。飼い犬と一緒にドライブがしたくても飼い犬が車に乗るのを拒んだら、ドライブどころの話ではありませんね。

一般的に犬は車に乗ってドライブすることを好みます。けれども初めて車に乗せられたとき嫌な思いをすると印象が悪くなり、その後も車に乗ることを嫌がったり、車酔いしやすくなってしまいます。

普段車に乗ることのない犬にとって、いきなり車に入れられたら最初は抵抗することでしょう。ですからまずは「車に慣れさせる」ことからスタートします。どんな風に慣れさせるしつけができるでしょうか?

車に乗ること、運転中の車、車での移動、これらが楽しいことと思わせる必要があります。まずは普通に車に乗せて、車に乗ったら褒めてあげます。ご褒美をあげてもいいですね。

そのまましばらく車の中で飼い主さんと過ごしてみるのもいいでしょう。飼い主さんは犬がリラックスできるように撫でてあげたり、イイコだね、楽しいね、と話しかけてあげましょう。

少しずつ時間を長くして行き、30分ぐらい車の中で過ごすことができるようになったら、飼い主さんはエンジンをかけてみましょう。

まだ車は動かしませんが、エンジンをかけると車が振動し音も聞こえますから犬の様子を見ながら、大丈夫そうならカーステレオやラジオを鳴らしてみることもやってみましょう。

こうして車に乗ると楽しいと思わせます。

これで車に慣れたら、運転してみましょう。まずは近所のドライブにとどめておきましょう。近くの公園でもいいかもしれません。ドライブが終わったら褒めてご褒美をあげます。着いた先が公園だったら犬は大喜びですね。

こうして車に乗って移動するといいことがあると思わせるのです。この繰り返しのしつけで距離を伸ばしていくなら、飼い犬は徐々にドライブに慣れていくことでしょう。

犬とドライブするとき犬をどこに乗せますか?

犬を車に慣らすとき、車内の座席に犬を座らせることが当然であるかのように説明しましたが、本当は犬を車に乗せる際はケージやクレートに入れて荷室または後部座席の足元に置くか、空いた座席にシートベルトで固定するのが一番安全なのです。

でもそれでは、犬とドライブしている気分になれないかも知れませんね。

ドライブは手段であって、行き先に犬と遊ぶことのできる公園や犬と泊まることのできる宿があり、そちらが目的ならば割り切って安全な乗せ方を選んでも犬が残念がることを心配する必要はありません。

車の座席に座らせてもらい車は楽しいことを学んだ犬は、初めはクレートの中から出して欲しいと鳴いたり吠えたりするかも知れませんが、飼い主さんが運転に集中していればそれなりに狭い空間に安心して静かに過ごしてくれるでしょう。

けれども飼い主さんが犬も座席に乗せたいと考えるならば、いくつかの注意点があります。

先ず、安全運転をするために飼い主さんは運転に集中することです。そういった点からは犬を助手席に乗せることはあまり好ましくありません。犬は後部座席に、できればもう一人同乗者がいて付き添ってもらうと安心です。

もし飼い主さんと犬だけでドライブをするのなら、犬の大きさにもよりますが犬がおとなしく過ごすことができる工夫が必要です。そのためのドライブグッズを後で紹介しますのであなたに合ったものを選んでくださいね。 次の注意点は犬の安全です。車の座席に犬を乗せても、当然ながら犬は腰かけることができません。急ブレーキやカーブを曲がるとき、犬が座席から足元に振り落とされて怪我をしてしまうかもしれません。

また、衝突事故に遭ったとき後部座席に乗っていた犬が前に飛ばされフロントガラスにぶつかって大怪我したり死亡するという実例が数多く報告されています。

外国の映画ではよく大型犬が車窓から外を覗いているシーンがありますが、犬が窓から外に飛び出せば犬の命はもちろんのこと他のドライバーも巻き込んだ大惨事のリスクさえあるのです。

犬を座席に乗せるときは転落防止グッズや車内に犬をつなぐことができるリードを用意する必要があります。

この記事が気に入ったらシェア♪
1 テレビ
通報

窓にわんちゃん挟まってるー、プリティー♪犬とドライブするにしても、注意点がこんなにあるんだね。安全を意識した行動が求められるよね。まさかという事態が起きないように細心の注意を払いつつも、楽しくドライブできれば。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー