【犬が車の窓から顔を出すのはどうして?】事故防止対策と一緒にわかりやすく解説!

【犬が車の窓から顔を出すのはどうして?】事故防止対策と一緒にわかりやすく解説!

1869
update

犬が車の窓から顔を出している光景を見たことがあると思います。サービスエリアなどでも顔を出して飼い主さんを待っていたりしますよね。犬はどうして車の窓から顔を出したくなるのでしょうか?また、事故防止対策を見直しておきましょう!

1869
update

車の窓から犬が!

Golden Retriever Looking Out Of Car Window

LeventeGyori/shutterstock.com

信号待ちで隣に停まった車の窓から犬が顔を出していることがあります。

そんなときの犬は、みんな嬉しそうな楽しそうな表情でご機嫌ですよね。

犬は車に乗るのが大好きな動物です。

あまり視力はよくないのですが、動態視力といって動いているものを目で追う能力が優れているので、窓の外の景色を見るのは楽しいのでしょ う。

窓を開けてもっとはっきり見せてあげたいと思うところですが、窓を開けると犬は顔を出してしまいます。

交通量の多いところでは排気ガスも多く犬の健康によくないばかりか、もし窓から犬が飛び出してしまうと危険です。

大切な愛犬が交通事故に遭ってしまうばかりか他のドライバーにも迷惑をかけ大惨事を惹き起こしてしまうかもしれません。

これから愛犬とドライブに行こうと思っているあなたに犬が車の窓から顔を出す理由と安全対策について情報をお知らせします。

ぜひ準備万端で楽しんでください。

犬が窓から顔を出したくなるのは「匂いを楽しむため」

Close up of a golden labradors nose

Trudie Davidson/shutterstock.com

犬の嗅覚は人間の100万倍以上と言われています。

それだけ嗅覚が発達しているので、犬は車の窓から顔を出して、色々な匂いを楽しんでいるんですね。

きっと家の中だけでは感じられない匂いを感じて居るんですね。

季節をいち早く感じさせてくれる花の匂いや、市街地ではお店からおいしい匂いがしてくることでしょう。

短時間でたくさんの種類の匂いを嗅ぐことは犬を夢中にさせてしまいます。

私たちは気にしていないような、雨の匂い、土の匂い、季節の変化の匂いもきっとかぎ分けていることでしょう。

犬が窓から顔を出したくなるのは「風を感じるため」

走行中ではなくても、車の窓から顔を出して、普段は感じない風を感じていることもあります。

場所が町中ではなく、草原や海沿いであれば尚更風を感じるテンションは上がっていることでしょう!

自分が走っている時に感じる風とはまた違い、とても気持ち良いみたいですよ。

犬が窓から顔を出している時の注意点!

A happy  Yorkshire Terrier dog is hanging is tongue out of his mouth and ears blowing in the wind as he sticks his head out a moving and driving car window.

anon_tae/shutterstock.com

窓から犬が飛び出してしまわないように、窓を開ける幅をせまくしておくようにしましょう。

ただ、車の窓は上から下に開くようになっていますので窓を開ける幅をせまくすると窓の上の方だけが開くことになり、座高の低い小型犬や中型犬ではシートに座ったままでは窓から顔を出すことができません。

それでも匂いや風を感じることはできるのですが、犬はやはり顔を出そうとして開いている窓にしがみつきシート上に不安定な姿勢で立ち上がることになります。

これではブレーキをかけたりカーブを曲がるとき、犬が転んだりシートから足元に転落してしまいます。

転落の仕方によっては怪我をするおそれもありますし、そうでなくてもこうしたことの積み重ねが後々に犬の足腰に負担をかけヘルニアのような病気につながります。

可能であれば後部座席に犬と一緒にもうひとり乗ってもらい、その人に犬が顔を出し過ぎたり座席から転落しないよう見てもらうと安心できます。

気温が低い季節にあまり長いこと顔を出していると犬が鼻水を流していることがありますので、そんなときは少し休憩させるよう臨機応変な対応もしてもらえます。

a basset hound in a car

Annette Shaff/shutterstock.com

もし飼い主さんと犬だけでドライブするときに犬が窓から顔を出すことを許すのであれば、座席の足元を段ボールや荷物で埋めて段差をなくし、犬の座高を補うことができるクッションをしっかり固定させて置いてあげたり、犬が安定して乗車することのできるドライブボックスをシートに取り付け犬の顔が出せる高さに調節してあげましょう。

ドライブボックスは体重15キロまでの犬に対応したものがAmazonをはじめとするネットショップ数多く販売されており、安価なビニール製なら2,000円以内から、高級感のある柳で編んだかご製のものは6,000~8,000円で購入することができます。

車の停止中でも、窓を大きく開ける場合は、犬にハーネスをつけ車内のヘッドレストにリードでつなぐなどして、飛び出し防止対策を行うように!

走行中、すれ違ったり、追い越してくる車との距離が近く、犬の鼻先すれすれなんてことにならないように顔の出し過ぎにも注意ですよ!

できれば窓を開けるのはのどかな郊外に限定し、交通量の多い道では窓を閉めて犬にはちょっと休んでもらい飼い主さんは運転に集中する方がよいでしょう。

犬が風や匂いを感じて気持ちよさそうにしている姿は、一緒にドライブを楽しんでくれているみたいで嬉しいですよね。 事故で悲しい思いをしないように、飼い主さんはしっかり車内環境を見直してあげてくださいね!

この記事が気に入ったらシェア♪
8 名無しさん
通報

犬が顔出してると可愛いよね~。ヒョコって見るとこっちの胸がきゅーっとなっちゃいますよね。でも危ないんだ、あれ。

7 ふみこ
通報

犬が顔を出してるの危ないなって思います。理由は記事の通りなんだろうけど、飛び出してきそうでヒヤヒヤしちゃうので苦手ですね。周囲の車に少なからず迷惑をかけてるって認知すべきだと思います。

7 あこ
通報

犬が車から顔を出しているのがふしぎでした。あれって横を走ってる車としては結構怖いんで辞めてほしいんですよねー…記事にあるようにのどかな場所とかならいいんですけど、結構交通量が多いところでやられるとヒヤヒヤしますね。飛び出してきたら最悪なことになっちゃうし。

5 シクラメン
通報

窓から可愛いフェイスを出しているワンちゃん、いつも何をしているのかな?と私なりに、考えた時に頭に浮かんだのは「きっとドライブ中の景色を楽しんでいる」でした。そして、タイトルに目を奪われ、食い入るように読み進めていると、私が思っていた内容も記されていて、少し嬉しくなっちゃいました〜〜。景色だけじゃなく、匂いや風までもを楽しんでいるなんて、ますます可愛らしいワンちゃんですね。

4 名無しさん
通報

ドライブに慣れてきた犬ならば車の窓から顔を出したがるかもしれないですね。風に触れて、いろんな匂いを楽しみながら車にに乗っていてくれるのであれば、ドライバーにとってもうれしいですね。

3 積分
通報

車の窓から犬がひょっこりと顔を覗かせている様子はたまに見ます。その時、どの犬もすごくニッコニコしているので車が好きなんだろうなぁと私はずっと思っていて、これが間違いではないことを知れてよかったです。犬は車が好き、可愛すぎです〜。ニコニコしながら顔を出しているのは微笑ましいですが、いろいろと気をつけなければならない事が多いんですね。

2
通報

犬が走行中の車の後部座席の窓から顔を出している姿を最近はよく見かけます。その後ろから走っていて、飛び出しちゃわないかちょっと心配になるときもありますね。乗っている犬の足元を安定させてあげるといいんですね。顔を出しながら気持ちよくしている姿も可愛いですね。

1 名無しさん
通報

窓から顔を出しているのは、匂いを感じている時と、風を感じている時って。なんとも言えない可愛さ。うちの犬もドライブに行くのは好きですが、リラックスし過ぎてなのか、すぐ寝ちゃうんです。でも、今度、窓を開けて車から顔を出している姿を見たら、匂いや風を感じて、今、気持ちいいんだろうーなーって思えて、わたしも楽しく運転できそうです

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー