獣医さんに聞いた。安全なキャットフードの選び方とおすすめ

獣医さんに聞いた。安全なキャットフードの選び方とおすすめ

2188

普段、何気なく猫にあげているキャットフード。あなたは、何を基準に選んでいますか? 「安いから」という理由で買ったものだと、もしかしたら愛猫に悪い影響を与えているかもしれません…。今回は、獣医さんの意見を参考に、「猫の安全な食事」について考えてみました!

2188

キャットフード、何を基準に選べばいい?

猫に与えるキャットフード。さまざまな種類のものが市販されていますが、いったいどれを選んだらいいか迷ってしまいますよね? 基本的に肉食の猫は、デンプンを糖に分解する「酵素アミラーゼ」が唾液に含まれておらず、腸の長さも草食・雑食動物に比べて短いため、炭水化物の消化があまり得意ではありません。 そんな猫が、安全に健康を保つための食事のポイントは一体なんでしょうか?

良質なタンパク質を摂取する

肉食の猫には、良質なタンパク質が主体の食事が理想的。タンパク質をたっぷり摂取すると、筋肉が引き締まった精悍な身体つきになります。 一般のキャットフードには、炭水化物が含まれる比率が比較的高いので、成分表示をよく見て選ぶことが大切ですね。

ミネラルバランスをよくする

猫が生きていく上で、ミネラルを摂ることは大切ですが、かといって摂取しすぎると尿石勝の原因になるといわれています。キャットフードを与える時には、猫の泌尿器の健康に配慮して、ミネラル分をバランスよく配合した安全なものを選ぶことが重要になってきます。

水分も摂れるように配慮する

猫は元々あまり水を飲まない動物なので、尿が濃くなり、泌尿器への負担がかかりがちです。でも、猫は自分で水を飲むのが苦手なため、食事からも水分を上手に摂取させる必要があります。 ドライフードだけでなく、ウェットフードや手作りのご飯も組み合わせて与えることが、猫の健康にいい影響を与えるでしょう。

つまり、これらに気をつけてキャットフードを選べばいいんですね!

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事
猫の食べ物のおすすめ おすすめコンテンツをお届け!
あわせて読みたい こちらもチェックしてみよう!
フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー