獣医さんに聞いた。安全なキャットフードの選び方とおすすめ

普段、何気なく猫にあげているキャットフード。あなたは、何を基準に選んでいますか? 「安いから」という理由で買ったものだと、もしかしたら愛猫に悪い影響を与えているかもしれません…。今回は、獣医さんの意見を参考に、「猫の安全な食事」について考えてみました!

獣医さんに聞いた。安全なキャットフードの選び方とおすすめ

キャットフード、何を基準に選べばいい?

猫に与えるキャットフード。さまざまな種類のものが市販されていますが、いったいどれを選んだらいいか迷ってしまいますよね? 基本的に肉食の猫は、デンプンを糖に分解する「酵素アミラーゼ」が唾液に含まれておらず、腸の長さも草食・雑食動物に比べて短いため、炭水化物の消化があまり得意ではありません。 そんな猫が、安全に健康を保つための食事のポイントは一体なんでしょうか?

良質なタンパク質を摂取する

肉食の猫には、良質なタンパク質が主体の食事が理想的。タンパク質をたっぷり摂取すると、筋肉が引き締まった精悍な身体つきになります。 一般のキャットフードには、炭水化物が含まれる比率が比較的高いので、成分表示をよく見て選ぶことが大切ですね。

ミネラルバランスをよくする

猫が生きていく上で、ミネラルを摂ることは大切ですが、かといって摂取しすぎると尿石勝の原因になるといわれています。キャットフードを与える時には、猫の泌尿器の健康に配慮して、ミネラル分をバランスよく配合した安全なものを選ぶことが重要になってきます。

水分も摂れるように配慮する

猫は元々あまり水を飲まない動物なので、尿が濃くなり、泌尿器への負担がかかりがちです。でも、猫は自分で水を飲むのが苦手なため、食事からも水分を上手に摂取させる必要があります。 ドライフードだけでなく、ウェットフードや手作りのご飯も組み合わせて与えることが、猫の健康にいい影響を与えるでしょう。

つまり、これらに気をつけてキャットフードを選べばいいんですね!

獣医さんおすすめのキャットフードは?

キャットフードは、猫の体質に合ったものを選ぶことがいちばん大切。最近は高級な「プレミアムフード」ブランドも種類が増えてきていますが、「プレミアム」という言葉に明確な基準はまだないため、成分表示をよく見て選ぶことが大切でしょう。 参考までに、実際に獣医さんがおすすめするキャットフードの一例をここで紹介します!

ロイヤルカナン

1960年代に、南フランスの獣医師が開発した歴史あるペットフード「ロイヤルカナン」。猫の年齢や体の大きさ、種別などに合わせた種類豊富なフードが特徴です。 原材料にこだわりを持ち、消化率90%以上の高品質なたんぱく質を使用しているのもおすすめのポイントです。

ロイヤルカナン 公式HP

ヒルズ・コルゲート

アメリカの獣医界でNo.1の支持を誇る、ダイエット用のキャットフード。最新の臨床栄養学のもと、「免疫力を高めて猫の健康を維持する」という考えに基づいて作られています。 危険な合成酸化防止剤が入っておらず、代わりにローズマリーや緑茶の抽出物が使われているのも、安心しておすすめできるポイントですね。

ヒルズ・コルゲート 公式HP

JP STYLE

日本で暮らす猫の体質に合わせて作られた、日清プロデュースのキャットフード。おなかや皮膚・被毛の健康維持、毛玉排せつや免疫力の向上によい、独自の成分をブレンドして、愛猫をトールケアしてくれます。 日本のペットのために作られたキャットフード、というのが安心しておすすめできます。

JP STYLE 公式HP

カナガン

イギリスで80%以上のリピート率を誇るという、高品質キャットフード。最近注目を集めている、グレインフリー(炭水化物不使用)なのも人気のポイントでしょう。 動物性のタンパク、野菜、ハーブなどの厳選した素材をブレンドして作られているため、美味しさはもちろん、愛猫に最適な栄養素をバランスよく摂取できるのも魅力です。

カナガン 公式HP

猫の健康のためには、手作りごはんも大切

時には「手作りごはん」を作ってあげよう!

本当に安全な食材だけを猫に食べさせたいなら、キャットフードに頼らない「手作り食」を推奨する獣医さんもいます。 手作りのごはんのいいところは、猫の体調や、病気の場合はその症状に合わせて栄養素の調整ができること。普段から手作りのものを食べさせておくと、猫が老齢になった時の健康管理もしやすくなるでしょう。

「手作りの食事は虫歯や歯周病になりやすいのでは?」と心配する人もいるかもしれませんが、実は、キャットフードと歯石のつき方はあまり変わらないのだとか。食後のオーラルケアを取り入れれば心配ありません。

ドライフードに「+α」でもOK

いつも手作りごはんを作るのは、忙しくて大変だという人もいますよね? そんな時は、いつものドライフードに+αで、栄養バランスをコントロールすることもできます。 例えばドライフードに

・鶏むね肉 ・軟骨 ・カボチャ

などを混ぜて与えると、膀胱炎対策におすすめ。 ネット上にさまざまなレシピが公開されているので、調べてトッピングしてみるといいでしょう。

たくさんの種類があるキャットフード。選ぶ際に大切なのは「安全な素材を使っているか」に加え、「猫の体質や体調に合っているか」ということです。 成分や素材をよく見て、愛猫にたっぷりのフードを選んであげてくださいね。

この記事が気にいったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事のコメントを残す

関連するキーワード

関連する記事

    • おすすめキャットフード。缶詰の人気商品をご紹介

    • おすすめキャットフード。缶詰の人気商品をご紹介

      猫にとって、きっとお楽しみの一つであるお食事タイム。愛猫にもっと、お食事の時間を楽しんでもらえるように、人気で美味しい缶詰を選んでみてはいかがでしょうか?今回は、おすすめの缶詰キャットフードをご紹介します。

      コメント

      キャットフードって安いと助かるけど、安すぎるのも不安だよね。あとなんでだかドライフードの方が安全っていう意識があるのはなんでだろ?うちはサイエンスヒルズを普段食べさせているからウェットフードはイベントの時とか時々だけですね。

      5019
    • 獣医さんに聞いた。安全なキャットフードの選び方とおすすめ

    • 獣医さんに聞いた。安全なキャットフードの選び方とおすすめ

      普段、何気なく猫にあげているキャットフード。あなたは、何を基準に選んでいますか? 「安いから」という理由で買ったものだと、もしかしたら愛猫に悪い影響を与えているかもしれません…。今回は、獣医さんの意見を参考に、「猫の安全な食事」について考えてみました!

      11380
    • 出しっぱなしはNG!?猫の置き餌がダメな理由を解説

    • 出しっぱなしはNG!?猫の置き餌がダメな理由を解説

      猫の餌を出しっぱなしにしておくことを、置き餌といいます。この置き餌はあまりおすすめできません。その理由について徹底的に解説していきます。置き餌はNGなら、どうすれば良いのかも解説していきますね!是非参考にしてみてください。

      コメント

      置き餌をする方が楽だからいいかなぁって考えてました。でも読んでいると、やっぱり置き餌はダメなんだなと思いました。猫のことを思うなら、面倒くさがらずに食べる時ごとに出してあげるべきですよね。どうしても、という時以外はしないようにします。

      10892
    • 猫の安全なキャットフードの選び方!安全で合う餌を選ぼう!

    • 猫の安全なキャットフードの選び方!安全で合う餌を選ぼう!

      昔は「ねこまんま」と言われ、家族の食べ物の残り物とか、焼き魚の余りを与えたりしていました。しかし、家猫もやがてペットショップから血統のある品種を飼うのが増え始めると、やはり餌には非常にこだわり、気になる方も多いはずです。おすすめのキャットフード、安全な餌の選び方、そのキャットフードの評判、キャットフードにについて詳しくお伝えします。

      11862
    • 猫って寒さに強いの?弱いの?猫に必要な寒さ対策5選!

    • 猫って寒さに強いの?弱いの?猫に必要な寒さ対策5選!

      「猫はこたつで丸くなる」と童謡の歌詞にもあるように、猫は寒がりのイメージの強い生き物ですね。実際には、個体差がありすべての猫が超寒がりというわけではありません。しかし、猫の種類、年齢、体型、体調などによって寒さに弱くなり猫風邪や膀胱炎になったりしますから、気を付けてあげたいものですね。

      17630
このまとめのキュレーター

マタリ

猫好きライター。今はひとり暮らしですが、いつかまた、猫と一緒に暮らしたい! よく「犬顔」といわれるので、ワンコにも多大な親しみを感じてます。

おすすめコンテンツ

猫の飼い方を知りたい!

あわせて読みたい

おすすめ情報をお届け!