室内犬用ケージの選び方を解説!

室内犬用ケージの選び方を解説!

1550
update

室内犬を飼い始めて犬のケージ選びで悩む方は多いでしょう。種類が多く犬種や飼い方によってどんなケージがいいかが変わってくるからです。室内犬と飼い主双方にとって過ごしやすくなれる良いぴったりのケージを選びましょう。

1550
update

室内犬にケージって必要なの?

www.flickr.com

ケージくのが「室内飼いなんだからケージやサークルなんていらないんじゃない?」という質問です。

犬は本来穴倉を巣にして過ごす動物です。ですから、本能的に狭い場所を好む傾向があります。 上のような質問をされる方の思いの中にはきっと、室内犬を狭いところに閉じ込めるなんてかわいそう。という思いからでしょう。

しかし犬とは、穴倉動物なのでケージは犬本来の習性を生かした飼育環境なのです。 人間の都合だけでなく、室内犬の飼い方としてぜひケージを与えることをオススメします。

ケージの特徴

www.flickr.com

ケージは側面と床面、天井がある犬のハウスです。 便利なものだと、床面が網スノコタイプになっていて排泄物を踏みにくい工夫がされています。動物病院他ペットホテルも多くがこのタイプを使用しています。

メリットは四方八方しっかり囲まれているので、室内犬にとっては安心感があります。 しっかりした造りのものを選べば、上からものが落ちてきても安全ですし、特に地震があった時なども安心ですし、脱走の心配もなくなります。

デメリットは全方向が囲まれているので、ゲージの中のものが取り出しにくいことです。 そして、パーツの分解ができないものがほとんどです。

似たようなものでサークルタイプもありますが、こちらは天井と床面がなく側面だけ囲ったタイプのものです。

この記事が気に入ったらシェア♪
2 名無しさん
通報

室内で犬を飼う場合、自由にリビングなどを歩きまわれるようにしている家庭もありますが、夜寝るときなどはしっかりとゲージに入れてあげる方が安全な気がしますね。飼い主が寝ている間に、犬がいたずらして危険な目に遭ったら大変だからね。

1 名無しさん
通報

現在ではほとんどの犬が室内犬として飼われています。その分、室内で使えるケージの種類は割りと豊富に売られています。ケージに入れないと飼い主が留守のときに部屋をめちゃくちゃにされかねないので、ちゃんと用意しておきたいですね。

編集部PICKUP
関連する記事

mofmo掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでmofmoをフォロー